拡散、共有していただき有難うございます。

更年期、PMSにも。クレソンの様々な効果や安全性とは

クレソン

クレソン

クレソンとは

クレソンはミネラル豊富な緑の葉の野菜として何世紀にもわたって親しまれている、アブラナ科に属する野菜です。ヨーロッパ・中央アジア・アメリカにおいて古くから食物として食べられていますが、同様にクレソンが持つ様々な効果によって薬のようにも扱われています。ギリシャでは「髪が太くなる」と育毛剤としても利用されています。
また、壊血病の民間治療薬としても使われていた歴史があります。

料理面でクレソンが役に立つ最大の理由としては、多くの用途があるということです。新鮮なレタスやほうれん草といった緑の野菜と一緒にサラダ(非常に栄養価が高い)として食べても良し、温野菜にして食べてもよし、スープに入れる材料としても良し、イギリス料理にあるようにサンドイッチに入れても美味しく食べれられます。
クレソンは、その名にある通り(watercress)水中もしくは湿地で育つ植物です。そのため食べる前には、しっかりとクレソンを洗った後に、過酸化水素水などを加えた冷水に30分ほど浸して、クレソンに付着している汚染物質や寄生虫、他の不純物を除去する必要があります。
水に浸した状態で冷蔵庫に保管すると、鮮度をしっかり保つことができるでしょう。

 ■クレソンに含まれる栄養素

・カルシウム
・鉄分
・葉酸
ビタミンC
・ビタミンA
・ビタミンB6
・ビタミンB12
・ビタミンE
・マグネシウム
・リン

”非常に栄養価が高い”と先述した通り、ビタミンCはオレンジを勝り、カルシウムも牛乳より多く、鉄分はほうれん草よりも、葉酸はバナナよりも多くふくまれています。

クレソンの栄養素の効果

抗癌物質としてのクレソンの役割

クレソンには癌予防に効果的な栄養素が含まれています。そのためクレソンのサラダを1度食べることだけでも、癌の発生および再発の予防に効果があるのです。
ある実験によって、毎日80グラム以上のクレソンを摂取した人々は、癌予防に対して好ましい効果があった、ということが分かっています。
これはクレソンに含まれるフェネチルイソチオシアネート(ルイソチ)によるものとされています。

甲状腺の健康

クレソンは甲状腺の健康を促進させる野菜です。他のアブラナ科に属する野菜と同じように、クレソンは甲状腺ホルモン量を抑制する働きをします。
栄養価が失われないように、クレソンはできるだけ生で食べるのが一番良いとされています。

心血管の健康

クレソンが持つ様々な栄養素に加えて、クレソンの摂取によって起こる二次代謝産物(体内で産生された化合物)の発生もまた慢性疾患のリスクを軽減するのに役立ちます。
アブラナ科の野菜は、悪玉コレステロールを下げる働きをすることで知られていて、心臓血管疾患のような慢性疾患のリスクを軽減するのです。
またクレソンには抗酸化物質として働くビタミンCが豊富に含まれていて、心臓組織の損傷を改善する効果もあるのです。ビタミンCというのは心臓の健康を維持するのに重要な栄養素なのです。

抗うつ薬としての効果

葉酸不足というのは、日々の食事による栄養摂取量の減少や、過剰なアルコール摂取が原因となります。15,315人が参加したある研究によって、葉酸値が低いほど、うつ病にかかるリスクが高くなるということが分かりました。葉酸は、セロトニンなどの神経伝達物質の産生に影響を与える中枢神経系の働きに関係する栄養素です。
葉酸を豊富に含んでいるクレソンを日々の食事に取り入れることで、うつ病などの精神疾患を予防することができるでしょう。

認知症の予防

葉酸は、' 認知機能の低下' を予防することに役立つ可能性があります。
50代男性を対象にしたある実験で、毎日0.8グラムの葉酸を投与された男性は、認知機能および'ろれつの回り' に好ましい影響が出たということが分かったのです。

脳の健康

ビタミンCを摂取することで、アルツハイマー病や老化の予防、さらに脳組織の保護と修復に役立ちます。さらに脳出血が起きた場合の出血量を減らす効果もあります。ビタミンCを豊富に含むクレソンの摂取は、脳の健康を維持するのに最適な食物と言えるでしょう。

血液の健康

ある研究によって、ビタミンCおよびビタミンEは、赤血球の酸化損傷を予防するのに効果的であるということが分かっています。その研究によって用いられたのはサプリメントですが、クレソンなどのビタミンCおよびビタミンEを豊富に含む野菜の摂取によっても同様に有益であるということも示唆されています。

視力

ヨーロッパで行われた研究によって、ビタミンCは白内障の発症リスクを軽減するのに効果的であるということが分かりました。
ビタミンCを豊富に含むクレソンの摂取で、白内障を予防することができるでしょう。

風邪の治療

クレソンのようなビタミンCが豊富に含まれる食物は、一般的な風邪の治療に最適です。ある研究によって、高濃度のビタミンCは体内の免疫力を向上させ、風邪のリスクを最大で66%まで下げるということが分かりました。

喘息の治療

小児の喘息に関する研究によって、毎日0.2グラム以上のビタミンCを摂取することで、喘息を患っている小児の強制呼気量(FEV)が大幅に増加したということが分かりました。
この結果は、小児の生活環境(周りのカビや湿気の状態)によって変化したものの、クレソンのようなビタミンCを多く含む食物の摂取は小児喘息のリスクを軽減させるのかもしれません。

利尿作用

尿量を増やす働きがあります。※

婦人科症状にも

妊娠中の効果

妊婦にとってもクレソンは味方となります。葉酸は、妊娠中に起こる可能性のある神経管欠損症(胎児の先天異常)のリスクを軽減するのに役立つのです。

骨の健康

クレソンには牛乳よりも多く含まれているカルシウムが含まれています。そのため、クレソンを摂取することで骨粗しょう症のリスクを軽減することができます。これは更年期障害に通ずるものがあります。

PMS(月経前症候群)症状を緩和

生理中にカルシウムの摂取量を倍増させることで、情緒不安・うつ病といったPMSの症状を緩和することができます。カルシウムを豊富に含むクレソンは、PMSの症状を緩和するのに最適な食物であると言えるでしょう。

ホルモンバランスの調整

アブラナ科に含まれるインドール(芳香族有機化合物)の体内の酵素を活性化する効果により、酵素非活性化した後に余分なエストロゲン(女性ホルモン)を排出します。※

安全性

基本的に安全です。

過剰、長期の摂取により、胃もたれや肝臓障害の恐れがあります。

小児、または胃潰瘍、腸潰瘍、肝疾患がある場合は使用(食用)を控えましょう。
クロルゾキサゾン/リチウム/ワルファリンとの飲み合わせも良くないとされています。※

解説
海外のバストアップサプリに配合されていたので、豊胸作用も期待していましたが、それは無いようですね。ただ、更年期やPMSだけでなく、様々な恩恵があるようです。
しっかり洗ってサラダで食べるのが効果を引き出すベストな状態です!
有効成分が熱に弱いので、クレソンの加熱調理はできればしたくないところ。
解説
毎日クレソンサラダをバリバリ食べる環境はそうそうないと思いますので、副作用の心配はしなくても問題ないと思われます。

ジャンル コラム・情報  ハーブ・成分解説/記事
サブ

ナチュラルメディシン・データベースより


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)