拡散、共有していただき有難うございます。

ヴァーチェ マラルオイル/スクレロカリアビレア種子油とは?

ヴァーチェ マラルオイル

ヴァーチェ マラルオイル

今回は100%マラルオイル。

何故おっさんが?!と思うかもしれませんが、混じりっけ無しのオイルの場合は用途が多く、こちらも肌向けの美容液やヘアオイル、ネイルケアにも使える多機能だから使ってみるよ。

髪はパサパサだし、爪はデコボコなので、エモリエント効果に期待したい。

マラルオイルってなんぞや

マラルやマーラルと呼ばれるこのオイルは、成分表記としてはスクレロカリアビレア種子油(Sclerocarya Birrea Seed Oil)。

ザックリ言えば、髪・肌・爪の保湿や柔軟を担うエモリエント効果のある脂肪油。なので、オリーブオイルなどと同じ油脂に該当。

自分の知識は正直これまで。日本の情報では物足りなかったので、由来元の海外(南アフリカ発信)からもっと掘り下げてみよう。

スクレロカリアビレアとは

スクレロカリアビレア

スクレロカリアビレア

photo by Regina Hart
スクレロカリアビレアの果実

スクレロカリアビレアの果実

photo by Ton Rulkens

自生しているのは南アフリカ、西アフリカ、マダガスカルで、伝統的に病気の治療薬に使われていました。
今回の果実油ではなく、葉や樹皮の抽出物には特にフラボノイドやタンニン、β-カロチンが多く含まれ、その抗酸化活性はトロロックス(抗酸化作用のある水溶性ビミタンE/wikiへ)やビタミンC(コスメでは美白・抗酸化で有用なアスコルビン酸)よりも高いという研究結果が出ています。

特に樹皮は線維芽細胞の活性も高く、”選択的抗癌剤としての可能性を示唆している”ともあります。(出典/参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29316691)

スクレロカリアビレアの茎と油を比較した研究では、”老化防止”の作用として、茎が抗コラゲナーゼ活性を示し、最も活性があるようです。(出典:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29415712)

解説
サバンナ地帯なので、日本の環境下での栽培は難しそうですね。

スクレロカリアビレア種子油/果実油

成分表記としては種子ですが、原料としては果実の油も使用されている場合があるようです

スクレロカリアビレアを含めた14種類の果実の研究では、フェノール酸やフラボノイドの含有が観られ、抗酸化作用も確認されています。(出典:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=Sclerocaryabirrea&cmd=DetailsSearch)

柿とランドルフィア(これもアフリカ原産)、スクレロカリアビレア果実種の脂肪酸を比較した研究では、(かなり端折って)”栄養的に重要な必須脂肪酸の存在”が示されています。(出典:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29149025)

種子油に含まれる、オレイン酸(69.0%)、パルミチン酸(15.3%)、リノール酸(9.2%)、パルミチン酸(4.1%)、ステアリン酸(1.5%)などは肌自体の皮脂の3番目(16.4%)に多く含まれる遊離脂肪酸を構成する成分なので、肌に馴染み、刺激も少ない事が分かります。下記の出典元でも「表皮と非常に類似する」とありますね。マッサージオイルに使用しても刺激が少ない理由もこれに由来していますね。

基礎化粧品は、保湿や肌バリアを担う、皮脂や表皮の役目を果たすのが基本。
その点マラルオイルは、実際の皮脂や表皮の上に更に皮脂や表皮を被せる(正に基礎化粧品)と言う事が解ります。

なお、果実にはビタミンCが豊富との事。

(含有脂肪酸と数値:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26528587)

安全性は?

発ガン、毒性、アレルギーへの懸念の報告はなく、使用制限もなし。レベル的には極めて安全なようです。(出典:ewg.org& US National Library of Medicine)

もちろん食用油としても伝統的に使われ、現地の動物も食べています。

解説
高い安全性で・エモリエント効果があり・エイジングケア(抗酸化作用)向けの成分なのですね。

30代混合肌がマラルオイルを試す

それでは実際の使用感はどうなのか使ってみよう!

使用者プロフ(使用時) おっさん(管理人)/トータル実績数38件/30代/独身
肌質 混合肌
備考 鼻、おでこはベトベト、頬やあご、口周りはカッサカサ。
恐らく敏感肌でもありますが、今後の体感で確かめます。

いつもは1つの成分解説に対し2、3行で済ませていますが、掘り下げると1つでも深いですね。

複数の美容成分が入っているからと言って製品が優れている訳ではなく、特に植物由来のエキスは多機能。

反対に言うと、アルコルビン酸などの単一の成分の方が刺激が少なく安全な場合もあり、複合で成り立つ天然よりも自然界の素材から抽出した単一の成分の方が原因も特定しやすく、安全である場合もありますが、マラルオイル(他の植物オイルも一般的には)は多くが肌を構成する成分なので、安全かつ用途も幅広いです。

まあそれは置いといて、今回のスクレロカリアビレア種子油=マラルオイルは、他に添加物が入っていないので、品質が大きく響いてくるのかと思います。
成分名が同じ「スクレロカリアビレア種子油」でも、品質や原価は異なりますが、私達消費者としてはそれを特定する手段はありません。

品質については公式サイトの訴求を見つつ判断しつつ、使用感重視で見極めましょう。

どんな方に?

先述した通り、眼球やデリケートな部分以外、気になる箇所どこにでも。
ヴァーチェさんの訴求ページでは以下の口コミがあります。

  • 肌、髪、爪の乾燥に
  • 敏感肌やそれに伴うムズムズ
  • 手荒れ
  • 目元、口元の小ジワ・ほうれい線
  • 毛穴の目立ち
  • マルラオイルについて、論文などではニキビに対する研究は見当たりませんでしたが、オリーブ果実油などの油脂と同じ性質をもっているとなると、アクネ菌のエサになる可能性があるので、ニキビ肌の方は控えた方が良いかも

    テクスチャー

    ヴァーチェのマラルオイルは無添加なので、

    マラルオイル/スクレロカリアビレア種子油のテクスチャー

    マラルオイル/スクレロカリアビレア種子油のテクスチャー

    オレイン酸などと同じく、薄黄色でサラサラの液状、温度変化で固化するタイプではないですね。試しに冷蔵庫に入れても固まりませんでした。

    ホホバ種子油などのロウよりは酸化しやすいはずですが、公式サイトでは精製度が高く「より酸化しづらい」とあります。
    とある原料メーカーでも「酸化安定性はオリーブオイルの10倍高い」という触れ込みもみられたので、もしかすると、その高品質のマラルオイルを使っているのかもしれませんね。

    マラルオイル/スクレロカリアビレア種子油のテクスチャー②/ちょっと粘度がある

    ちょっと粘度がある

    しかし手に付けてみるとサラダオイル程のサラサラではなく、多少の粘度があり、溶かしバターや溶かしたロウのようなテクスチャーになっています。

    "悪いものはオイル特有の匂いが出やすく"とありますが、普通の油の匂いです。酸化するともっとイヤな感じになるけど、そういった事はなく、匂い残りもありません。

    とりあえず、顔全体、爪、手に塗ってみましたが、しっとりしながらも、ペタペタする感じではなく、何気にサラっと寄り。

    意外だったのは、ちゃんと伸ばすと男性が嫌がる「付けてる感」がありません。男性用クリームの資生堂メン トータルリバイタライザー(レビューページへ)と同じくらい。

    表情を動かしても引きつる感じやツッパる感じもありませんね。
    肌に馴染みやすいマラルオイルは優秀。はっきりわかんだね。

    100%オイル系の製品は初めて使用しますが、これなら抵抗なく使えますし、クリームの代わりや、顔全体に使用するのではなく、特に乾燥しやすい部分だけに使うポイント美容液的な使い方が良さそう。

    マラルオイル/スクレロカリアビレア種子油の肌への影響をチェック

    肌への影響をチェック

    手に塗って数分放置すると、テカりもほとんど無くなり、全くベタ付きも残っていません。
    自分は長髪なので髪にも塗りましたが、しっとりしてまとまりも良くなりました(当たり前か)。但し塗り過ぎには気をつけたいです。

    伸び
    [0]緩い⇔固い[10]
    香り
    [0]無臭⇔強い[10]
    質感
    [0]さっぱり⇔しっとり[10]
    評価数値(0-10/弱強) 1 1.5 6

    オイルは多機能

    保湿の為に使うのも良いですが、自分はレビューで製品が溜まるし、女性の方々はクリームや乳液は沢山もっていると思うので、先述した通り、ここはあえてポイントで使うか、ハンドクリーム、ネイルのベースコート的な役割など、顔以外の部分に活用したいところ。

    夜の集中ケア向きでしょうか。

    自分は混合肌ですが、重くなったり、ベタつきがある訳ではなかったので、脂性肌だから使わない/使えない という感じでもありませんでした。

    また、夏場に2週間連続で使用しましたが、油焼け(でも炎天下の使用は非推奨としておきます)や炎症などの肌トラブルも起きていません。

    ヴァーチェ マラルオイルへ

    ■ぼやき
    解説
    ロウと油脂。由来は似ていますが、作用や中身は別物なんです。
    これを見た目と感触だけで見極める方法が知りたい。
    商品名 メーカー/ブランド/シリーズ
    マラルオイル ヴァーチェ/エトヴォス
    価格 送料
    3974円(税込) 650円
    初回限定 送料
    2980円(税込) 無料
    定期初回 定期回数
    1987円(税込) 1回
    セット内容
    18mL/約60日分
    期待効果/ジャンル
    お試し  コスメ  コラム・情報  ヘアケア  レビューあり  公式リンク(コスメ)  海外情報  無添加  男性体験・実践レビュー  美容液  育毛・ヘアエッセンス
    サブジャンル
             
    備考/特典など
    定期は送料無料/2回以降は10%OFF/30日間返金保証/定期回数縛りなし
    全成分


    口コミ投稿

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)