拡散、共有していただき有難うございます。
 

【アメリカ】ノーブラの方がバストに良い?ブラジャーを着けると胸が垂れる!

情報配信日:2013年4月13日
情報信頼度:★★★☆☆

ブラジャーは胸を垂れさせる原因となる~15年の研究で分かったこと~

ブラジャーをつけることは、良いことよりもむしろ害の方が大きいのかもしれない。

フランスにあるブザンソン大学スポーツ科学教授のJean-Denis Rouillon氏は15年間の研究を基に次のように結論付けた。

ブラジャーは肩こりを軽減させるわけではない。そして胸を支える胸筋を衰えさせ、結果胸のたるみの原因となる。」

”ブラジャーは不必要である。”
これはRouillon氏が、長年の'耐久実験'の結果によって導いた結論である。

ブラは着けるべきか。着けないべきか

ブラは着けるべきか。着けないべきか

■Rouillon氏は、フランスのラジオ番組で次のように述べている。

「医学的、生理学的、解剖学的に見て、ブラジャーをつけた状態の'無重力'状態は、胸にとって悪影響でしかありません。ブラジャーを着用することは、胸のたるみの原因となってしまいます。」

Rouillon氏は、ブザンソン大学病院で、計算尺とカリパス(厚さや外経を測れるもの)を用い、15年間にわたり何百人もの女性の胸の形を計測した。

実験参加者は18~35歳の女性であった。研究は長い年月を要し、実験対象者は何百人に及ぶ。しかしこの何百人というサンプルは、全世界の女性人口を代表しているものでない、とRouillon氏は述べている。

■またRouillon氏は次のようなことも発見している。

「ブラジャーを1度もつけたことがない女性は、ブラジャーを日常的に着けている女性よりも、平均約7ミリほど'高い'乳首を持っている。」

研究の実験参加者の1人であったキャプシーヌさんは、あるインタビューで次のように述べている。
「ブラジャーをつけないことの利点がいくつかあります。着けていないと、呼吸が楽になり、歩くのが楽になり、さらに肩こりが減りました。」

■Rouillon氏は、中にはブラジャーの着用をやめるべきでない女性もいると述べている。

例えば、45歳以上の女性にはブラジャーをつけないことで得れるメリットがないのである。
あるインタビューでRouillon氏は次のよう述べている。「子供を2.3人持っている中年肥満体型の女性にとって、ブラジャーの着用をやめることで得れるメリットがあるのかは保証できません。」

■さらにRouillon氏は、ある新聞のインタビュ-で次のように述べている。

「私が導いた結論というのは、あくまでいわゆる'予想的'結論であります。320人の若い女性を実験対象にしましたが、その320人が世界の全ての女性の数を代表しているわけではありません。もっと確実な結論を得るためには、30万人の女性を実験対象とする必要があるかもしれません。」

この'予想的'結論によって、少なくても分かっていることがある。

・ブラジャーをつけないことで、胸のたるみを予防する。
・ブラジャーをつけないことで、胸のたるみを改善する。

イングランドにあるポーツマス大学の過去の研究によると、' 間違ったサイズのブラジャーを着用することで、胸を痛めることにつながってしまう。' ということが分かっている。

Rouillon氏は、胸の形を整える、たるみを防止するといった好影響を除いて考えれば、ブラジャーを着用すべきいくつかの理由は存在すると認めている。
ブラジャーを着けることで心地良さが増すという人もいるだろう。赤道から離れた極寒地帯にいる人は特にそうかもしれない。

この '予想的' 結論を '決定的' なものにするには、もっと多くの実験対象者が必要であり、続けてきた研究をさらに続けることが必要である、とRouillon氏は述べている。

■ブラジャーメーカー'Playtex'社の社長 John Dixey氏は、イギリスのテレビ番組で次のように主張した。

「ブラジャーをつけることで胸筋が衰え、胸のたるみにつながるというのは、全く根拠のないことです。そもそもブラジャーをつけることが、恒久的な影響を胸に与えることはありません。あくまでブラジャーは着用されている間のみ、胸の形をブラジャーの形に似せていく役割を果たしているだけなのです。」

解説
「18~35歳の肥満体型でない女性はノーブラの方がメリットが多いよ」という事でしょうか。

この記事内だけで判断すると、ブラジャーメーカーのJohn Dixey氏の見解の方が「全く根拠のない」論かもしれませんね。15年の研究は伊達じゃない。

ただ ”胸を支える胸筋を衰えさせ、結果胸のたるみの原因となる” というのは事実かもしれませんが、胸は筋肉だけでなく、クーパー靭帯という組織にも支えられており、これも胸のハリや弾力を生むと共に下垂れを防いでいます。

このクーパー靭帯は筋肉ではないので当然鍛える事ができず、一度損傷してしまうと元には戻りません。
ブラを着けていても胸筋を鍛える事はいくらでも可能です。

解説
ブラの着脱と垂乳とクーパー靭帯の関係も参考にしてみて下さい。

「海外情報」のカテゴリを含んだ記事は、日本国外の他サイトの情報になるため、当サイトの情報や、日本での論文/文献と異なる場合が御座います。情報の信憑性は深く確認をしていませんので、出典掲載しているURLにてご確認下さい。
基本的に人気コラムや1年以内に掲載されたニュースをピックアップしております。特に情報の配信日や数値に関しては正確なものを掲載するように心がけております。

via:Sarah Glynn-Bras Make Breasts Sag, 15-Year Study Concludes/ translated by sirokuma / edited by nao


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)