拡散、共有していただき有難うございます。
 

【アメリカ】授乳時期に、安全に体重を落とす方法はありますか?

情報配信日:2016年9月2日
情報信頼度:★★★★☆
カテゴリ:Q&A
[質問] 授乳時期に入っているお母さんたちにとって、授乳に影響が出ない範囲で体重を落とす最も言い方法は何ですか?

[回答] 「まず最初に、授乳時期にある母親は自分の健康状態をしっかり保つことが重要です。」

こう答えるのは、ノースカロライナ大学グリーンズボロ校の栄養学教授シェリル・ラブレディ(Cheryl Lovelady )教授だ。ラブレディ教授は、出産後、お医者さんに自分の体調のチェックをしてもらう時間をしっかりとることを奨励している。

ラブレディ教授曰く

「私からは、食事制限だけによるダイエットはおすすめできません。食事制限は中々つらいものです。しかし多少のウォーキングならそれほどつらくないでしょう。運動をしつつ、カロリーの摂取量を抑えるのが良いでしょう。そうすれば筋肉を落とさずに、体重を落とすことができます。運動は心臓血管、代謝、精神状態に良い影響を及ぼします。」

アメリカ産科婦人学会が産後の女性たちに推奨しているのは、ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動を週に150分以上行うことである。

ラブレディ教授の研究によれば、一週間に0.5~1キロの体重を落とすことは安全であるようだ。しかし急激な減量は、授乳に影響を及ぼし、母親の疲労度を高めてしまう可能性がある。疲れていないことが授乳時期の母親にとって大変重要なことである。

「赤ちゃんが十分なミルクを受け取っているのかを確認するために、母親たちは赤ちゃんの体重、使用後のおむつ、授乳時の赤ちゃんの行動の変化などに注意することが重要です。」
とアメリカ小児科学会は述べている。

1週間に0.5~1キロのダイエットをしようとしている授乳時期の母親にラブレディ教授が勧めているのは、1日のカロリー摂取量を約1800カロリーに抑えることである。
'SuperTracker website'というサイトを使えば、授乳に必要なカロリーを考慮しながら独自のダイエットプランを作成でき、その結果からプランを再調整することもできる。

解説
SuperTracker website

SuperTracker website

SuperTracker website

8,000種以上の食品(食物)からカロリー計算できるサイトのようです。

さらにラブレディ教授は、過度な炭水化物ダイエットはやめたほうがいいと母親たちに警告している。
乳糖、糖分をしっかり含んだミルクのために、食べ物の炭水化物は必要なのである。炭水化物ダイエット以外のダイエットなら大丈夫とのこと。物足りないと感じることなく、自分が満足できる食事をとって良いのだ。キッチンカウンターなどにある、ボウルに入ったフルーツやナッツのような軽食も良いかもしれない。そのような軽食は、赤ちゃんを抱いたままでも片手で食べれるからだ。

「人々は、特に赤ちゃんに授乳している母親は、ダイエットサプリに十分な注意を払ったほうがいいでしょう。」
こう述べているのは、カリフォルニア大学サンディエゴ校の薬学部教授、フィリップ・アンダーソン(Philip Anderson)教授だ。

ダイエットサプリは、成分のバランスなど考慮して作られていなく、有害な成分を含んでいる場合もあるのである。ハーブ成分の中には、ミルクの生成を妨げたり、ミルクを飲んだ赤ちゃんの健康に悪い影響を与えることさえあるのである。

「私だったらダイエットサプリはおすすめしません。」 とアンダーソン教授は述べている。

「海外情報」のカテゴリを含んだ記事は、日本国外の他サイトの情報になるため、当サイトの情報や、日本での論文/文献と異なる場合が御座います。
情報の信憑性は深く確認をしていませんので、出典掲載しているURLにてご確認下さい。基本的に人気コラムや1年以内に掲載されたニュースをピックアップしております。
特に情報の配信日や数値に関しては正確なものを掲載するように心がけております。

via:Alice Callahan-Can You Safely Lose Weight While Breast-Feeding?/ translated by sirokuma / edited by nao


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)