拡散、共有していただき有難うございます。
 

【イギリス】1つの掛け算で超簡単。あなたが1日に飲むべき水の'本当の'量の計算式

水水を飲むことは、疲労感や吹き出物が解消されたり他のあらゆる症状・病気を治すことができると言われています。
しかしながら多くの人々が十分な量の水を実際に飲んでいないというのが現状です。

ミネソタ州にあるメイヨークリニックという総合病院で行われた調査によると、男性は1日平均13杯分(2600ml)の水が必要で、一方女性は1日平均9杯分(1800ml)の水が必要であると分かりました。

ただ、全ての人の身体はそれぞれ異なっているのです。
そこで、あなた自身が本当に必要な水の量を計算式を使って実際に導き出していきましょう。

あなたが必要な水の摂取量の計算式:

1.あなたの体重(kg)に年齢をかけます(体重×年齢)。

解説
加筆します。
1」の時点でその数値が貴方に必要な1日分の「ml」です。

この翻訳した記事ではこの後コップ換算していますが、500ml/1500mlなどペットボトルを利用している方のほうが多いと思いますので、体重×年齢だけの方が良い気がします。

2.出た数を200で割ります。
3.その出た数があなたが飲むべき水のコップ数です。(コップ1杯=200ml)

(例) 21歳 50kgの人が必要な水の摂取量を計算したら

1.50×21=1050
2.1050÷200=5.25

※結果コップ5.25杯分 (コップ1杯=200ml)

(例)32歳45kgの人が必要な水の摂取量を計算したら

1.32×45=1440
2.1440÷200=7.2

※結果コップ7.2杯分 (コップ1杯=200ml)

日常的に身体を動かしたり運動する機会のある人は汗によって流れ出た水を補うために、その分の水を上記の必要な水の量に加えて再度飲む必要があります。スポーツ医学会(ACSM)は、30分ごとの運動につき340グラム(340ml/コップ1.7杯分)の水を飲むべきであると述べています。

水だけではなく特定の食べ物の摂取によっても体内の水分量を保つことができます。例えば、スイカ・きゅうり・セロリといった含水率の高い食べ物を食べることで体内の水分量を保ちつつ、さらには体内の毒素を洗い流すことが可能です。

[2017年6月19日 MAILONLINE by Imogen Blake]
解説
私の場合は2,331ml必要なようです。
お水は飲みませんがお茶は2リットル(2,000ml)毎日飲んでいるので妥当な量かも。

「海外情報」のカテゴリを含んだ記事は、日本国外の他サイトの情報になるため、当サイトの情報や、日本での論文/文献と異なる場合が御座います。情報の信憑性に関しては、出典掲載しているURLにてご確認下さい。
特に情報の日付や数値に関しては正確なものを掲載するように心がけております。

via:How much water you should REALLY drink in a day revealed/ translated by sirokuma / edited by nao


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)