拡散、共有していただき有難うございます。
 

[イギリス]睡眠不足も原因!? 自死のリスクを高めてしまう様々な要因とは

新たに行われた研究によって、睡眠不足は自死のリスクを2倍近く増やしてしまうということが分かりました。さらに外傷性脳損傷を患っている患者は、一般人と比べて9倍近くも自死リスクが増えてしまうということも分かりました。治療の進歩に関わらずHIV/エイズを発症している場合もまた、2倍近く自死リスクを増やしてしまうそうです。

ミシガン州の研究者は、糖尿病・心臓病・背痛など自死リスクを高めてしまう17の慢性疾患を研究によって特定しました。さらに自死で死亡した多くの人々は、精神病を患っていたわけではないということも同時に判明したのです。このことは、自死する人々は一般的に精神病の患者であるという一種の固定概念が存在して、本当に自死を犯すリスクのある人々が医療機関や世間でないがしろにされている、ということを示唆していると研究者は述べています。

・Henry Ford Health System(ヘンリフォード医療機関)のDr Brian Ahmedani(ブライアン・アーメダニ博士)は次のように述べています。

「私たちの国の医療機関は、様々な患者さんに最善のケアを払うために熱心に働いています。こうした自死リスクの高い患者さんのデータというのは、自死防止のための今後の治療に役立っていくでしょう。」

自死というのは、アメリカの全ての年齢層および性別において増加し続けている由々しき問題です。2014年以降、イギリスでは3.8%増加しています。

※加筆/

自殺者数および自殺率の動向(警察庁発表)wikiより

自殺者数および自殺率の動向(警察庁発表)wikiより

日本の自死率は例年減少傾向にあるものの、いまだ自殺者の数は世界的に見ても多くなっています。/※

どのように研究が行われたのか

2000年~2013年の間に自死が原因で死亡した2,674人のデータが調査されました。
調査対象となった19の疾患のうち、17は自死リスクの増加と関連していたのです。
それら17の疾患とは具体的に以下のようなものです。

・喘息
・背痛
・脳損傷
・がん
・うっ血性心不全
・慢性閉塞性肺疾患
・糖尿病
・てんかん
・HIV/エイズ
・心臓病
・高血圧
・片頭痛
・パーキソン病
・心因性疼痛
・腎障害
・脳卒中
・睡眠障害

これら疾患は全て自死リスクの増加と関連が見られましたが、一部の疾患は他のものに比べてはるかに自死リスクを増加させてしまうことも分かりました。さらに上記の疾患を複数患ってしまうことも、自死リスクを大幅に増やす原因となることも分かりました。

この研究はAmerican Journal of Preventive Medicine(予防医学に関するアメリカ誌)に掲載されました。

専門化が述べていること

自死で死亡した人の約80%が死亡する前年までに病院に行っていて、さらにその半分は死亡する4週間前に病院に行っているのです。しかし医者は、その患者が自死を犯してしまう可能性というのをついつい見逃してしまうのです。なぜなら彼らは精神病と診断されるわけではないからです。

・Dr Brian Ahmedani(ブライアン・アーメダニ博士)は次のように述べています。

「様々な疾患が自死に繋がっているということを考えると、全ての医療機関による広範的な患者の自死予防ケアに対する努力が問われていくことでしょう。さらに研究結果を見ると、自死リスクを増加させる要因とは主にがん・HIV/エイズ・心臓病といった身体的健康状態に関連するものであるように見えますが、脳機能に関連する外傷性脳損傷といった内部の症状による自死リスクの増加率も著しく、そういった症状に対する医療機関のケアは特に重要になっていくでしょう。」

睡眠不足が脳に影響を与えてしまう!?

最近の研究によって、睡眠不足は脳がむしばまれる要因となる可能性があるということが分かりました。マウスを用いた動物実験によって、睡眠不足状態のマウスは'クリーンアップ(一掃)'細胞が脳内で活発になってしまうことが分かったのです。この'クリーンアップ(一掃)'細胞とはアストロサイト(星状膠細胞)と呼ばれるもので、脳内の小さい掃除機のような働きをして、脳が弱まってしまう時に脳細胞を掃除する働きをするのです。研究者のMichele Bellesiさんは次のように述べています。「睡眠不足のために、シナプスの一部の脳細胞がアストロサイト(星状膠細胞)によって食べられてしまうということが私たちの研究で初めて分かったのです。」

睡眠不足は、脳の病気であるアルツハイマー病などのリスクを増加させることもあるのです。

[2017年6月12日 mailonline by Claudia Tanner]

「海外情報」のカテゴリを含んだ記事は、日本国外の他サイトの情報になるため、当サイトの情報や、日本での論文/文献と異なる場合が御座います。情報の信憑性に関しては、出典掲載しているURLにてご確認下さい。
特に情報の日付や数値に関しては正確なものを掲載するように心がけております。

via:Do you struggle to sleep? Lack of shut eye DOUBLES your chances of committing suicide, study warns/ translated by sirokuma / edited by nao


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)