拡散、共有していただき有難うございます。
 

【イギリス】男が女性のバストに魅了される科学的な理由とは

情報配信日:2016年8月27日
情報信頼度:★★★★★

男性は何故女性の胸に魅了されるのか

そこには驚くべき科学的な理由が隠されていた。

男性は胸を見つめるのが好きで、女性は自分の胸の小ささを嘆いている。
なぜ特定の身体の一部がこんなにも注目される対象となっているのだろうか。

私たちが愛してやまない胸を研究している科学者によると、私たちが胸に魅了される理由は主に2つあるという。

男性はしばしば我慢できずに胸を見つめてしまうが、これは全て進化のせいなのだ。

男性はしばしば我慢できずに胸を見つめてしまうが、これは全て進化のせいなのだ。

胸は少しだけお尻に似ている

私たちの胸は、ある正当な理由でお尻に似ているのです。-生物学者

正当な理由とはこういったものである。
'エストロゲン'という女性ホルモンがお尻に脂肪を蓄積していきながら、雌は自分が '生殖能力に富んでいる' ということを雄に示すために、お尻を肥大化させてきたのである。

■生物人類学者ボビーS.ロー氏(Bobbi S.Low)
「雄の注目を得るため、雄に対し自分が '生殖能力に富んでいる' ということをアピールするために、自分の'脂肪埋蔵量'を示すものとして、雌はお尻を肥大化していったのです。」

お尻が発達していった理由で胸も同じように発達していった

お尻が発達していった理由で胸も同じように発達していった

■性科学者のアルフレッド・カインド氏(Alfred kind)
「原人を含む霊長類は、お互い向き合ってセックスをしていませんでした。そのため、お尻が主要な性的なアピールポイントだったのです。」

■ある人類学者は次のように述べている。
「私たちが愛してやまない胸というのは、こうしたお尻と同じような理由で発達していきました。今の人類が向かい合ってセックスするようになってから、胸はさらによりいっそう魅力的なものになっていったのです。」

授乳

2つ目の理由は、授乳に関するものである。
授乳期に、赤ちゃんがお母さんの胸を咥える時、'オキシトシン'というホルモンが脳内で分泌される。
その結果、母親に対する'愛情'や'安心感'といった感情がどっと沸いてくるのである。

反対に、授乳してる母親の脳内にも'オキシトシン'は分泌される。授乳によって、深い安心感、満足感を得ることができる。

女性はセックス中に胸が刺激されると、同様に'オキシトシン'によって安心感、愛情、満足感といった感情が湧き起こる。

The chemistry between us アマソンより

The chemistry between us アマソンより

'The chemistry between us:love,sex and the science of attraction'(書籍)の作者ブライアン・アレクサンダー氏(Brian Alexander)と、ある神経科学者は次のように述べている。

「男性が胸を愛しているのは、自分が赤ちゃんだった時に母親の胸を咥える行為が 'オキシトシン' を脳内で分泌させる効果があったと、大人になっても潜在的に理解しているからです。」

また著書では次のように述べている。

「母親は授乳によって'オキシトシン'が脳内で分泌されると、全意識が赤ちゃんに向きます。赤ちゃんは世界で最も大切で重要な存在となるのです。」

「セックス中に男性が女性の胸に触れると、授乳時に起こった'同様の過程'が想起され、'赤ちゃんと母親' に起こった同様の効果がその男女にも起こるのです。」

こうした2つの科学的な理由で、女性の胸は男性を魅了しているである。

「海外情報」のカテゴリを含んだ記事は、日本国外の他サイトの情報になるため、当サイトの情報や、日本での論文/文献と異なる場合が御座います。情報の信憑性は深く確認をしていませんので、出典掲載しているURLにてご確認下さい。
基本的に人気コラムや1年以内に掲載されたニュースをピックアップしております。特に情報の配信日や数値に関しては正確なものを掲載するように心がけております。

via:Alison Maloney-Why is everyone obsessed with boobs? There’s a scientific reason behind it/ translated by sirokuma / edited by nao


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)