拡散、共有していただき有難うございます。

タロット占いに使う小アルカナのそれぞれの意味

タロットカード

タロットカード

タロット占いに用いるタロットカードは、大アルカナ、小アルカナの2種類です。大アルカナは22枚、小アルカナは56枚、合わせて78枚のカードが存在することになります。

大アルカナと比較すると小アルカナはマイナーですが、より精度が高く詳細な占いの結果を求める場合は小アルカナを用いるのも有効です。

ここでは小アルカナのカードの意味を説明していきます。

小アルカナは棒(火)、硬貨(地)、聖杯()、剣(風)の4つの組(スート)から成り、それぞれ数札と人物札(小姓、騎士、女王、王)があります。

棒の1は新たな創造を、硬貨の1は満足やお金、聖杯の1は喜び、剣は大いなる力を表します。

2は棒なら富、硬貨なら明るさ、聖杯なら愛、剣ならバランスです。

3の棒はビジネスを、硬貨は技術を、聖杯は癒しを、剣は悲しみを意味します。

4の棒は休息を、硬貨は所有物を、聖杯は怠惰な快楽を、剣は逃げる、隠れることを指します。

5の棒はスポーツ的な競争を、硬貨はモノに関連する問題、聖杯は期待していたものが得られないこと、剣は堕落を意味します。

6の棒は吉報、硬貨は成功、聖杯は懐古、剣は仕事がうまくいくことを指しています。

7の棒は積極的な姿勢、硬貨はビジネス、聖杯は幻想を、剣は計画をたてることを示します。

8の棒は敏捷さ、硬貨はコツコツと行動を重ねること、聖杯は謙遜、剣は凶報を表します。

9の棒は抑圧に対抗する力、硬貨は物に恵まれること、聖杯は物質的な満足、剣は失望を表します。

10の棒は抑圧を、硬貨は利潤、聖杯は愛に満たされること、剣は苦しく辛い状況を指します。

棒における小姓のカードは若い男性を表し、硬貨なら勤勉な学生、聖杯なら深く考えることを、剣なら見張られる、試されることを表します。

騎士のカードは棒なら雰囲気の良い若い人、硬貨は富やそれに伴う責任を、聖杯は物事の広がりを、剣は激しい怒りを表します。女王のカードの棒は素朴な女性を、硬貨はおおらかさ、聖杯は善なる女性、剣は悲しむ女性を表します。

王のカードは、棒は素朴な男性、硬貨は成功、聖杯は善なる男性、剣は厳正な正義を指します。

以上が小アルカナのそれぞれのカードの意味ですが、トランプとの類似性があることに気づかれた人も多いでしょう。
タロットカードの小アルカナがトランプの元になったという説や、トランプに大アルカナを足してタロットカードというものが作られた、という説もあります。小アルカナのカードは地味ですが、タロット占いの奥深さと面白さを感じられるカードといえます。


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)