拡散、共有していただき有難うございます。

おっぱいサプリと豊胸手術の効果、リスク、費用を比較

解説
豊胸手術とバストアップサプリはどちらが効果がありますか?どちらが良いでしょうか。
解説
バストアップサプリは女性モルモンと似た作用がある植物性エストロゲンが主流でサプリメント摂取の中では一番バストアップに近づけるものですので、特に飲み方の違いや種類による作用の仕方の違いはありません。

それに対し豊胸手術は、現在色々な手術があり、費用(料金)や方法も異なります。

■各豊胸手術の比較
・石灰化=シコリのリスクに関しては基本的(普通でも)に低く1%~0.1%以下とされています。
一度に多く注入する場合はそのリスクも高まります。
※2016/8/14更新
※スマートフォンは横画面でご覧下さい。

豊胸方法脂肪注入コンデンスリッチ
脂肪注入
ピュアグラフト
脂肪注入
セリューション
脂肪注入
プラズマジェル
血小板注入
アクアフィリング
人工注入
ヒアルロン酸
人工注入
シリコンバッグ
インプラント
目安時間2~6時間
別途採血の場合あり
2~3時間
採血で+1回通院
2~3時間
採血で+1回通院
要確認
採血あり
2時間30分~1時間10~30分30分~2時間
バストアップ1~2カップ1~2カップ1~2カップ2~2.5カップ1カップ&形1~2カップ1カップ&形2~3.5カップ
持続期間半永久半永久半永久半永久3ヶ月~12ヶ月3~5年半年~1年半永久
見目/触感自然自然自然自然自然自然それなりに自然やや不自然
脂肪定着率30~50%~80%50~60%~90%----
シコリ普通低い低い極低低い低い普通普通
(拘縮)
参考料金590,000~
800,000円
800,000~
880,000円
580,000~
900,000円
1,420,000~
1,555,000円
80,000~
160,000円
268,000~
1,296,000円
65,000~
200,000円
307,390~
1,100,000円
麻酔局所麻酔局所麻酔局所麻酔局所麻酔局所麻酔局所麻酔局所麻酔
or未使用
全身or
局所麻酔
マンモグラフ不可

■バストアップサプリの各平均値

平均 比較項目 2016年8月更新
平均値 (価格は税8%込)
単品価格
8,488円
 1日分 単品価格
296円
定期次月以降の価格
6,751円
 1日分 定期次月以降の価格
203円
定期初月の価格
3,478円
定期最低回数(定期なしは含まず)
3ヶ月
プエラリア1日分含有量(プエラリア未配合は含まず)
238mg
 単品価格/プエラリア100mg当り
175円
 定期価格/プエラリア100mg当り
124円

バストアップサプリと豊胸手術の効果

■豊胸手術

上記の表にある「半永久」の豊胸効果は、あくまで「半」永久になります。
プチ整形でもあるヒアルロン酸が自然と体内に吸収され排出されるように、脂肪も代謝や老化と共に変化するので体質により、再度脂肪注入やシコリの吸引の可能性も出てきますし、実際の注入量よりも脂肪が吸収されてしまうのと、全てが定着する訳ではないのでサイズは落ちます。
これは一度に注入せず何回かに分ける事である程度安定します。

しかし、この脂肪注入はそれでも数年単位でのバストアップを継続する事ができ、シリコンを使ったインプラントは痩せ型で脂肪吸引が難しい場合でも大きくバストのサイズを上げる事が可能です。

小規模の豊胸であれば、カウンセリングや手術など全てを含めて日帰りができる場合もあります。

■バストアップサプリ

解説
yumikoさん。
それに対し、お得意のバストアップサプリはどうなんでしょうか。
解説
サプリに関しては、物理的に行う豊胸手術ではなく、エストロゲン作用による豊胸なので、手術のように確実(後々どうなるかは置いておいて、脂肪注入時、インプラント挿入時は確実)にバストアップできる訳ではありません。
持続期間に関しても、「飲むのを止めたら元に戻ってきた」という話も珍しくありません。

私の場合は、特に効きやすいらしいのと、レビューも兼ねてちょくちょく飲んでいるので、1.5サイズアップを維持しています。

嘘のようですが、バスト2サイズアップしたという方もいます。

バストアップサプリで使用している素材は主にハーブが主流で、多種の植物を使用しています。
ただし、それらは植物性エストロゲンを含んだ素材となっており、豊胸作用は全てエストロゲンと似た作用により効果を期待するものになっています。

解説
サプリと手術。どちらもバストアップを目指すという意味では同じですが、方法が全く違い異種格闘技のような差があり、比較しづらい事も確かです。

バストアップ効果が確実で平等なのは豊胸手術ですが、バストアップサプリの方は、女性の機能であるエストロゲン作用から豊胸効果を期待するため、より自然な形でバストを付ける事が可能です。女性ホルモンであるエストロゲンは本来、くびれやまるみのある女性らしい体型に近づけてくれるため、バストとのバランスもしっかり保ってくれます。
肌や髪のツヤなども良くしてくれるので、美容面全般からみるとサプリが良いです

他のサプリでも摂取可能ですが、エラスチン+コラーゲンなど、女性ホルモン作用ではない面からバストのハリや弾力をサポートできます。
良くも悪くも、直接バストにエラスチンが届く訳ではなく、一度消化/分解されてから再度構成される為に効果の確証を得るのは難しいですが、自然な体の仕組みとして効果を得られます。

しかしながら現代の豊胸手術。
特に脂肪吸引&注入は、余計な部分から脂肪を吸引してバストへ注入する為、これも全体的なスタイル改善も可能といえるでしょう。
プチ整形として利用されているヒアルロン酸、プラズマジェルなどは少量から注入が可能な為、バレない程度のバストアップの他にバストの形も整える事が可能です。劇的にスタイルを変えたい方は脂肪吸引を兼ねた脂肪注入が良いかもしれません。

バストアップサプリと豊胸手術のリスク

■バストアップサプリ

バストアップサプリは、他の健康サプリと同じような飲み方で記載されている商品もありますが、植物性エストロゲンを高配合した商品に関しては、黄体期(排卵後-月経開始)の摂取を控える事(または、生理不順が起きた場合は停止する など)と、ピルなどホルモンに作用する薬との飲み合わせが禁止になっています。

乳がん、子宮がんの方、または疑いがある方も飲んではいけません。

これらはリスクではなく、飲み方さえ守っていれば全く問題のない事です。

※サプリを飲む事でガンになるリスクが増える事はありません

エストロゲンが過多の状態になると、女性特有のガンになりやすいとの報告があります。
しかし、このエストロゲンとバストアップサプリに含まれる植物性エストロゲンは似ていますが違う作用があります。
その違いは
・エストロゲンよりも作用が弱い事。
・エストロゲンより先にエストロゲン受容体に入り込む事。
これらの2つが組み合わさる事によって、ホルモンバランスを保ちつつ、必要最低限のエストロゲンもしっかり補充する。
もちろん植物性エストロゲンも摂取しすぎるとエストロゲン量が多くなりホルモンバランスを崩す恐れがありますので、推奨量だけは必ず守り(減らすのは構いませんが、増やすのは体調の様子を観ながら)ましょう。
バストアップサプリはガンになる?>>バストアップサプリに使用されている添加物一覧

バストアップサプリの副作用

副作用を上げるとすれば、体調不良の可能性が(どんな食品にもありますが)あります。その際は使用を停止しましょう。

黄体期中に飲んで、止まって(遅れて)しまった場合も停止する事で正常に戻ります。

■豊胸手術

一方手術は、メスの場合は目立たない部分を切開するとはいえ傷は残ります。
ただ、主流の注入系は注射ですので傷が残る心配は皆無と言って良いでしょう。
手術中は麻酔が基本ですし、技術や機械も性能が向上しているので、手術後に安定するまでのダウンタイムも短く、クリニックですので痛みが続く場合は痛み止めを処方してもらう事もできます。

解説
局所麻酔 痛い時は痛いです。

残念ならが、医療事故の可能性はどれだけ安全性を高めても0%にはなりません。それに加え事故の場合は、保証があって治療費が無償であったとしても身体に残る傷や障害の方が心配です。

とはいえ飛行機で旅行に向かう人が、いちいち飛行機の事故に対するリスクを考えていたらどこにも行けません。
飛行機事故を心配する方が飛行機に乗るべきではないように、医療事故を心配する方が手術を受けるべきではありません

特に命に関わる手術ではなく「豊胸する」という美容整形ですので手術をしなくても何も問題ないはずです。
覚悟がないのであれば、サプリも含め別の方法を考えるのが妥当でしょう。

豊胸手術によって乳ガンのリスクが増える事はありません。
授乳も問題なく、母乳に影響を及ぼす事はありません。

豊胸手術の副作用

そしてもう一つ気になるのが副作用です。

「シコリ」として比較表に掲載していますが、これは脂肪が死滅して石灰化してしまう現象です(インプラントは拘縮として)。もちろんこれは命に関わる事ではなく、早期であれば自分で潰してしまう事も可能ですし、手術元のクリニックの保証で注射器で吸い取る事ができます。

これはどれだけ脂肪の定着率が高くても起こり得る現象で、可能性は低いですが、他社と比較してはるかに低い確率として示されているものでも1000人中1~8人の方にしこりが発生する計算になります。

胸に脂肪を注入すると、しこりになるのではないかというご質問もよくいただきます。確かに大量の脂肪を胸の1カ所に注入すれば、そうした危険性があることは事実です。しかし当院ではそのようなリスクを避け、そして自然に仕上がるよう、1ccずつ注入しています。これにより、しこりの発生は他院と比較してはるかに低く、平成18年までは0.8%以下、平成19年以降は0.1%以下となっています。
(出典:池田ゆう子クリニック より)

可能性は極わずかですが、壊死した脂肪が感染し、膿が溜まることもあります。
何か違和感を感じた時は、他ではなく手術を受けたクリニックに相談する事も大切です。その上で解決しない・納得できない場合はセカンドオピニオンとして別のクリニックへ向かいましょう。

解説
しこりが出来る事自体は心配する程の事ではないかもしれませんが、放置すると固くなりますし、しこりの部分を吸引するという事はバストのサイズや形が崩れる原因にもなるので、再注入を視野に入れる事が嫌ですね。

バストアップサプリと豊胸手術の費用

・プチ整形レベルの豊胸手術のであれば、65,000~200,000円で自然と効果も薄れます。
本格的な豊胸手術の場合は、300,000~1,500,000円と高額になります。

保証によりメンテナンス費用が無料、格安になるとしても少し多めに見積もって置いた方が良いです。

・サプリメントは継続するので定期の方の価格(2016/8/15に取得した数値)を参照して、1ヶ月6,751円
黄体期間中の摂取を控えた場合はもっとコストパフォーマンスが良くなります。

費用対効果の比較

植物性エストロゲンを含んだバストアップサプリの効果が実感できるのは3ヶ月程度とされています。

■サプリ定期3ヶ月分:20,253円

↓プチ整形の豊胸持続期間の半年~1年と比較

■サプリ:40,506~81,012円

■手術 :65,000~200,000円

↓半永久を5~10年として計算。

■サプリ:405,060~810,120円

■手術 :300,000~1,500,000円

(以上は サプリの効果がある+止めたら戻る方の場合として)

信頼性が大事

確実な豊胸となれば手術が効果を得られるでしょう。傷跡も少なく、手術期間もカウンセリングを含めて日帰り可能だったり、とメリットがとても多いです。
ですが、安全性も高まっている反面、未だにトラブルが多い事も忘れてはいけません。これは手術ミスというよりも、粗悪なクリニックによる影響が強い為、ネットの評価以外でも本当の口コミを探す必要があります。

大手クリニックでは当たり前のように行ってはいますが、1サイズアップ以上保証、石灰化(シコリ)などの手術後の保証の事も料金以外に確認しておく事が大事でしょう。

サプリメントの方も、原材料すら表記していなかったり、定期の解約方法がどこに記載されているのか分からない、通常購入をしたつもりが定期になっていた など。
医療とサプリ 全く別分野であれど、信頼性があった上での効果や料金ではないでしょうか。

解説
私が作ったランキングは、そういった商品は含みませんし、全て飲んだ商品になります。
解説
おっさん(管理人)が作った比較の価格や数値も、ダメと判断した商品を含んでいません。