拡散、共有していただき有難うございます。
 

バストのハリ。垂れの原因と改善方法とチェックポイント

女性はいくつになっても実年齢よりは若く見られたい、魅力的な容姿を維持していたいと願うもので、そのためには頭の先から足のつま先に至るまで、様々なお手入れを行うものです。
しかし加齢とともにどうしてもお肌はたるみがちとなり、若いころのようなハリがなくなってしまうので、お顔だけでなくボディ全体のラインもすっきりとしなくなるものです。

女性の魅力を最大に発揮するバストも、若い頃はトップの位置も高く硬い肉質だったのに、年を取るごとにふにゃふにゃに柔らかく変質し、位置も全体的に下垂してしまいます。妊娠、出産、授乳を経験した女性はさらにバストの状態は悲惨で、若い頃に大きく魅力的なバストをしていた女性ほど、下着を外せば見るも無残な乳房になってしまいがちです。

女性たちにとって関心の高いバストアップですが、サイズを大きくしたいというよりも、トップの位置を上げたいと願う女性も多く、これには胸の筋肉を鍛えてあげることが一番効果的です。またこういったストレッチを毎日の習慣にしていると、バストアップだけでなく胸の下垂を予防することができるので、出来るだけ若いうちから取り入れることをお勧めします。

バストアップには腕立て伏せが一番効果的だといわれていますが、体育の授業で習った方法では、二の腕も太くなってしまうので、バストのみを鍛えるには、壁などを利用したスタイルがお勧めです。
また座った状態での体操もあり、トップの位置を上げる効果が期待できます。こういったものは地道ではありますが毎日続けることで効果が見えてくるもので、コストはかかりませんが習慣付けてしまう根気が必要です。

また姿勢も大きく影響するものなので、パソコンやスマートフォンに触れる機会が多い方は、前かがみの猫背にならないように、意識して胸を張るようにしましょう。そしてバストアップに効果的だといわれている、女性イソフラボンを多く含む大豆製品などを積極的に摂取するなどの工夫もお勧めです。

バストの下垂を防ぐにはハリが重要

バストが下垂してしまう原因は?

バストが加齢によって下垂してしまうことがあります。いくつかの原因が考えられるのですが、特に言われていることがクーパー靭帯によるものです。バストの上部にはクーパー靭帯があります。これがバストを支えているのです。若いころは損傷もそれほどありませんので、バストが上向きで形がとても良いというわけです。

しかし、年と共にクーパー靭帯が損傷してしまいます。どうして損傷してしまうのかというと、バストが揺れ動くことでクーパー靭帯が切れてしまいます。自分に合ったサイズのブラジャーをしていれば、あまりバストが揺れ動くことがありません。自分の体形に合ったブラジャーを身につけることはバストアップにもつながるのでとても重要なことなのです。バストの揺れを防止すれば、バストが下垂する可能性も低くなります。

バストが大きい人はどうしてもバストが揺れ動きやすくなってしまいます。つまり、クーパー靭帯が損傷しやすいのです。だから、バストが大きい人ほどバストアップケアを若いうちからしておかないと年齢を重ねてからバストが下垂しやすくなってしまいます。

他にも、バストのハリがなくなることも考えられます。加齢と共に肌の水分量が低下してしまいます。これは、顔だけではありません。バストもそうです。バストアップクリームを塗ってバストに潤いを与えたり、必要な栄養成分を与えることでハリを保つことができます。そうすると、バストをいつまでも形よく保つことができるようになるのです。

バストが下垂してしまう主な原因は以上のようなことです。若い時は、特に何もしなくてもバストの形が崩れないので放っておいてしまう人が多いのですが、若いころからのバストアップケアが足りないことでバストが下垂してしまうということです。若いころから念入りにバストアップケアをしていれば、加齢に負けないバストを作りあげることができます。いつまでも形の良いバストを保ちたいと思ったら、すぐにケアを始めましょう。

バストの下垂を元に戻す方法は?

バストを綺麗に見せるにはサイズが大きければいいと言うわけではありません。
形や弾力などバランスが取れていることが大切になります。

バストが上向きで胸にハリのある人は、年齢的にも若くみられやすくなります。
バストが徐々に下垂してしまうことには原因があります。
出産を経験している女性の場合には、授乳による影響が考えられますし、カップが合っていない下着をつけていることも原因になります。
年齢とともに自然に下垂してくることもありますので、個人差によって様々な原因があると考えられます。

バストには女性ホルモンが関係しています。綺麗にバストを見せるためには、乳腺と脂肪組織の比率が良いバランスを保っていることが大切になります。
バストが下垂してしまう原因の中には、女性ホルモンのバランスが崩れることも考えられます。

サプリメントなどによって、女性ホルモンに含まれている成分を補給することで、バストアップ効果があり、胸の下垂を改善させることが可能になります。
女性ホルモンのバランスを整えるためには、日常生活の改善も効果的と言えます。
ホルモンバランスが崩れる原因には食生活の改善や、睡眠不足になりやすい不規則な生活を送っていることも挙げられます。
食生活や日常生活の生活習慣を良くすることで、バストアップに大切な女性ホルモンのバランスを整えることができます。バストの下垂の理由には、胸のリンパ腺の血液の流れが悪いこともあります。
日常生活の中で胸を動かす運動をすることは少ないと言えます。そのために肩から下のほうのリンパ腺において血液の流れが悪くなることがあります。

バストアップにとってはリンパ腺の流れが悪くなることで老廃物が溜まりやすい身体になることは、むくみの原因にもなりますので良いことではありません。
胸の血液の流れを良くすることができれば、バストそのものへの血流も良くなりますので、乳腺を活発にすることができてバストの張りを取り戻すことにもつながります。
バストの血流を良くするためには、マッサージなどによって血液の流れを良くすることが効果的です。

バストのハリのチェックポイント

弾力性

女性の乳房の大きさは乳房の内部に蓄えられている脂肪の量によって左右されますが、単に脂肪の量を増やすだけでは乳房は垂れ下がってしまうだけで、バストアップの効果はあらわれません。

女性のバストの乳房には大胸筋やクーパー靭帯といった組織が通っており、これらの組織がしっかりと発達することによって初めて乳房の内部に蓄えられた脂肪を支えることが可能となりますが、バストアップにおいてそれらの組織と並んで重要な要素としてバスト表面の皮膚の細胞組織が挙げられます。

大胸筋やクーパー靭帯が乳房を内側から支える役割を担うのに対し、バスト表面の皮膚の細胞組織は乳房を外側から支える役割を担っており、これらの細胞組織の状態によって乳房のハリや弾力性は大きく変化し、結果的に乳房全体の形状にも影響することになります。

皮膚のハリや弾力性を左右する細胞組織の代表的なものとしてはタンパク質の一種であるコラーゲンが挙げられ、この栄養素はバストアップ以外にも様々な美容の分野で注目を集めていますが、近年コラーゲンと共に注目されている栄養素として「エスラチン」があります。

エスラチンはコラーゲンと同様にタンパク質の一種に分類される栄養素で、コラーゲンと結合することで皮膚の下にある柔軟組織を丈夫にし、皮膚にハリや弾力性をもたらす役割を担っています。
従来の美容の分野では、コラーゲンを積極的に摂取することで皮膚のハリや弾力性をアップさせることができるといわれてきましたが、実際にはコラーゲン単体ではそうした作用を十分に発揮することができず、コラーゲンと結合するエスラチンを併せて摂取することで初めて皮膚のハリや弾力性を効果的にアップ可能なことが近年の研究で明らかになっています。

また、エスラチンはもともと人間の体内に存在する栄養素ですが、その量は年齢と共に減少していくことも分かっており、加齢によって皮膚のハリや弾力性が失われるのはこのエスラチンの減少も大きく関わっているといわれています。
エスラチンはコラーゲンと結びつく性質から多くの食品に含まれており、それらの食品を摂取することで胎内へと取り込むことができますが、サプリメントや健康食品などで不足を補う場合には、コラーゲンだけでなくエスラチンが配合された製品を選ぶこともバストアップにおいては重要となります。

肌の状態

バストアップを行う場合には、ハリをチェックするときに肌の状態を確かめることが大切になります。バストアップを行うためには女性ホルモンの分泌が必要であり、そのためには肌がどのような状態になっているのか、ということを確かめる必要があるのです。

女性ホルモンが正常に分泌されている場合には、肌の状態が良好になります。これは女性ホルモンには美しい肌を作り上げる働きがあるからです。そのためバストアップに必要なホルモンの分泌量を確かめるためには、バストのハリにおいては、肌がどのような状態なのか、ということを確かめることが有効なのです。
女性ホルモンが必要なのは、胸に脂肪を蓄積するために必要だからです。女性がより女性らしい体になるためには、このホルモンの分泌が必要なのです。そのため様々なバストアップの方法やサプリメントを使用する場合には、いかに女性ホルモンを増やすか、ということに主眼が当てられているのです。

バストアップの方法を実践している場合には、副次的に肌の状態が良好になります。しっかりと女性ホルモンが分泌されるようになるために、肌が綺麗になるのです。肌の新陳代謝が促進され、より美しい肌を作り上げることに役に立ってくれるのです。

バストアップの方法を実践しているにも関わらず、肌の状態が悪化している場合には、一度方法を見直す必要があります。十分な量の女性ホルモンが分泌されているのならば、肌のコンディションが乱れてしまうことはありません。そのため、どこか間違ってはいないか、ということを確かめることが必要なのです。

正しバストアップを行えているかどうか、ということの基準には、このようにバストのハリにおいて、肌の状態が良好か、ということを確認する方法があります。バストアップと女性ホルモンは密接に関係しており、そして女性ホルモンには肌の質を向上させるために働いてくれるために、肌の状態を確認することでどのぐらい効果が出ているのか、ということを確かめることが可能なのです。

形状

バストにコンプレックスがあり、バストアップを考えていらっしゃる女性も多いと思います。
特に、加齢や出産によるバストの形状の変化を悩みに感じている方も多いでしょう。バストアップをする際には、その大きさばかりにとらわれ勝ちですが、実は、バストの見た目において重要なポイントとなるのは、ハリです。ハリがあるバストは実際よりも大きく見えたり、美しく見えたりするので、自分のバストはハリがあるのかどうかセルフチェックを行うことが大切です。

バストはその形状によって「皿型」や「三角型」、「お椀型」「半球型」などの種類に分けられます。バストの上部がそぎ落とされたような状態のバストのことを「三角型」や「皿型」といい、これらの形はハリが失われた状態です。それに対し、バストの上部がふっくらとした状態のバストを「おわん型」や「半球型」といい、これは、バストにハリがある非常に良い形であると言えます。

このように 様々な形状のバストがありますが、自分のバストが一体どの状態に当てはまるのか知ることが、バストアップを考えるうえで、非常に大切です。

バストのチェックを行う際には まず姿見の前に姿勢よく立ちます。姿勢が悪いと、正確なバストの形状を知ることができないので、背筋をまっすぐ伸ばし、猫背にならないように注意することが必要です。
チェック項目としては、バストトップが上を向いているかどうか、左右から乳房を圧迫した時に跳ね返るような弾力を感じるかどうか、左右の乳首を結んだ線と鎖骨の中央を結んだ線が正三角形になるかどうか、バストトップの位置が肩と肘のちょうど中間程度になるかどうかなどがあげられます。

これらの項目をすべて満たしている場合には、ハリのある非常に良い乳房であるといえます。
ハリのない皿型や三角型の乳房の人でも、サプリメント摂取や、エクササイズ、正しいブラジャーを選び、セルフチェックを欠かさなければ、ハリと弾力のある乳房を取り戻すことができます。

ジャンル コラム・情報
サブジャンル

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)