拡散、共有していただき有難うございます。

しじみ習慣

しじみと言ったら二日酔い!かな??
自然食研さんのこだわりは台湾産(花蓮)黄金しじみで
湧水があり、開発が禁止されている区域なんだって!
その跡も細菌や残留農薬の検査もしっかり行っているので安心な素材。

肝臓だけじゃなくて、コレステロール値にも効果を期待できるようなので、仕事と飲み会(笑)が忙しい男性に特にオススメ

購入者はやはりお酒のお供に利用。180粒入りのお得用パックもアリ。

しじみ習慣を飲んでみる

■男性(管理人)/30代/喫煙者

しじみ習慣を試し飲み

テレビでもかなりお馴染みの自然食研のお酒対策用サプリだ!

その分しじみ習慣ばかり目立っているが、実際は他の成分(「習慣」シリーズ)のサプリも充実していて、無添加の鰹節やワカメの加工食品、醤油など日本になじみの深い商品を多く出しているメーカーでもあるんだな。

しじみ習慣を2粒継続

ソフトカプセルの中でも、少し小粒な感じ。
当然、臭いも味もなし。

噛んで中身を味わうと、濃いシジミのような、レバーのような超濃厚な味。
出汁のような感じもある。自分は意外と好きな味だったが、焼き鳥屋のマスターに噛んでもらったら吐き出してた(笑)

まぁそもそも飲み込む用のサプリだからね。

しじみ習慣の飲み方。 公式サイトより

1日2粒だけど、数日で変化がみられない場合は3~4粒を飲んでも良いそうだ。
正直な話、この濃さを知ったらプラシーボ(思い込み)効果だとしても良い結果が出せる感じ・・・

しじみ習慣を割ってみる

帰宅してからソフトカプセルを割ってみた。

おおお、ドロっというよりも固形に近いかも。
レバーパテのような感じだ。

この中に、アミノ酸がぎっしり。特にオルニチンが凝縮されているんだね。

ビタミンB12も豊富らしい。

ビタミンB12はシアノコバラミンとも呼ばれ、神経機能の改善や代謝を良くする効果があるそうだ。
貝類に多く含まれ、特にシジミが多い。
次いでレバーが多く含まれているそうだが、「しじみ習慣」のあのレバー感。しじみ100%のはずなのにレバーが入っているような感じなので、ビタミンB12が豊富 と言われるとなんか納得できる。

■オルニチンとは

オルニチンはアミノ酸の一種であり、肝臓の代謝経路の一つであるオルニチンサイクルを活性化させてアンモニアの解毒を促進します。
アンモニアを減らすことで、エネルギー(ATP)の産生に深くかかわるTCAサイクルと、ブドウ糖を合成する経路である糖新生の代謝を円滑にし、エネルギー産生を助けていると考えられています。その結果、肝臓疲労、さらには全身疲労の回復を促進してくれます。
また、オルニチンには飲酒後の疲労を抑える効果があることもわかっています。アルコールを摂取すると、脳のエネルギーである糖とケトン体の産生を阻害するNADHという物質が増加します。アンモニアの解毒がスムーズに進むと、その過程でNADHが消費されます。

しじみ習慣のこだわりポイント

当然ながら、素材、製造方法や安全性にこだわりがある。

黄金しじみ

しじみ習慣の肝でもあるシジミは台湾花蓮産の黄金しじみを使用。
黄金と言うだけあって、白黒の国産しじみとは違い、黄金色のシジミなのだ。粒も日本のヤマトシジミより大きく肉厚だ。台湾花蓮産の黄金しじみは泥臭さもないらしい。

品質でいうと国産を優先しそうなのだが、そうではない。水質の改善、ろ過をしてくれるシジミは特に水中の物質が蓄積されやすい。だから尚更、国産という理由だけでは選べないのだ。

当然、国産の黄金しじみも品質では優れているのだが、いかんせん漁獲量が減り、価格も量も安定しない。

なのでシジミに関しては国産云々ではなく、中国産でもなく、とにかく品質の良いシジミを追求して台湾花蓮産の黄金しじみにたどり着いたようだ。花蓮の周辺は10年以上前から開発を禁止されている地域で、畑もありません。だから農薬や工業排水が流出する心配もない。

花蓮(ファーレン)は山脈のふもとに存在し、山から綺麗な湧水が絶えず流れてきます。
黄金しじみを生産するにあたって、池の底に敷きつめた砂利は水揚げ毎にとり替えているそう。
地面の環境を常に整えておきつつ、人工的なエサを与えずに自生している緑藻を食べて健康的に育てられています。

しっかり産地の水質検査や製品の残留農薬も行っている模様。

そもそもシジミは、良質なたんぱく質が豊富で、20種類ものアミノ酸がほとんど含まれており、必須アミノ酸のバランスを示す値の「アミノ酸スコア」が100!牡蠣ですら79という値なので、貝類の中でも特に多い値になっています。
オルニチンの他にも、グリコーゲンやメチオニン、タウリンが飲酒や油モノの食事のお供には欠かせない成分です。
身体の成長や代謝に必要なビタミンB2、B12も豊富に含まれ、アンチエイジングでも評価されているビタミンEも豊富。
そして、カルシウムや銅、亜鉛などミネラルも豊富なので、健康を維持する上でもとても便利な食材。

ビタミンB12 しじみ:62.4μg あさり:52.4μg
ビタミンB2 しじみ:0.25mg ほうれん草:0.23mg
カルシウム しじみ:130mg 牛乳:110mg
※100g辺り

自分は健康の為じゃなくても、シジミの味噌汁が旨いので、居酒屋にあれば締めで飲む。
キャバクラでも閉店までいると、シジミの味噌汁を出してくれる店ってあるよね。

■協和発酵バイオ オルニチンとどっちが良い?
協和発酵バイオ オルニチンを買いました

協和発酵バイオ オルニチン800mg

協和発酵バイオ オルニチン(レビューページへ)とどっちが優れているのか。
協和発酵バイオさんでは、1日分6粒でオルニチン/800mg/シジミ1800個相当と表記があります。

しじみ習慣ではそういった表記はありません。
正直なところ1日分あたりのオルニチン含有量は協和発酵バイオが勝っていると思います。
そもそも協和発酵バイオの場合は「オルニチン」ですのでこれが劣っていたら話になりません。

一方しじみ習慣はあくまで「しじみ」
この違いは、上記にも出しているビタミンB群やカルシウム、他豊富なアミノ酸などしじみ由来の健康成分が入っているか否かと言う事です。
100%オルニチンと100%濃縮しじみエキスは似て非なるものです。

尚、2017/11/24時点での価格比較は以下。

1ヶ月分あたり しじみ習慣 協和発酵バイオ
通常価格 4,430(税/送料込) 3,086円(税込)
定期価格 3,582円(税込) 2,778円(税込)

カプセルや酸化防止剤にも

しじみ習慣の原材料

どの材料も、サプリを水増しさせるものではなく、全て理由があって使用されています。

ソフトカプセルを形成する素材も天然、自然由来のものを出来る限り使用。
酸化防止やしじみエキスを馴染ませる為の油も当然、植物油で健康面も考えた紅花油とオリーブ油を使用しています。

しじみ習慣ではなく、本家の自然食研公式サイトでは、これらの各素材も詳しく説明している。後ろめたい物を使っていない証拠だな。

製造方法

CMでもお馴染みだが、「ことこと煮込んで濃い煮汁を・・・」的な事。

1)しじみは生鮮食品なので、採取したものをその日のうちに煮出して凝縮。濃いエキスに加工します。食品安全管理の国際規格「ISO22000」取得済み。

2)この濃いエキスから水分をとばして粉末に。
なんと!この粉末の状態をお湯に溶かすと、美味しいスープにもなるそうだ。少し味噌を足せば、きっと激ウマなんだろうな~

で、わざわざ粉末にしないで煮出してドロドロなやつをカプセルに入れてしまえば・・・
と安易に考えてしまうけど、品質を保つにはそれでは絶対ダメなのだ。
一度粉末にしてから、上記でも説明した植物性のオイルを加えてペーストにする。この手間が大事で劣化を防いでくれる訳だな。

こんな方にオススメ

さてさて、詳細が分かったところで結局は、「何に良いの?」って事だよね。

公式の満足度ベスト5によると。

1)元気になった

2)寝起きが良くなった

3)お酒が残りにくくなった

4)寝付きが良くなった

5)顔色が良くなった

など

「元気になった」なんて抽象的だけど、アミノ酸サプリは総合的な健康をサポートしてくれるサプリ。当然と言えば当然だな。

30代~はお酒の悩みで 50代~は健康 とかなり幅広く飲まれている。
サプリを飲み続けて、お酒をあまり飲まなくなったから終了 ではなく、その後も健康サプリとして継続できる全員にオススメできるサプリだね。

口コミ

インスタグラムでもかなりの投稿がありました。

価格 3980円(税込)
定期初回 3582円(税込)
お試し 0円
内容量 60粒(お試し20粒)
形状 ソフトカプセル
メイン素材 しじみエキス
メーカー/ブランド 自然食研
期待効果/ジャンル レビューあり  一般サプリ  健康サプリ
サブジャンル          
素材/成分 しじみエキス、サンフラワー油オリーブ油、ビタミンE含有植物油、デキストリン、セラチン、グリセリン、蜜ろう、グリセリン脂肪酸エステル

しじみ習慣の評価

だめかも・・・ちょっと微妙普通いいね!凄くイイよ! (0 票, 平均評価: 0.00 / 5)
Loading...

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)