拡散、共有していただき有難うございます。
 

自身のブログやHPを検索エンジンに登録(反映)させる方法

★現在はhttps://www.google.com/webmasters/tools/submit-urlから送信できなくなっていますので、googleサーチコンソールに登録し、サイトマップ送信やFetch as Googleにてインデックスを促して下さい。

古い情報が多かったので掲載します。いずれこのページも廃れてしまうかもしれませんが、正しい情報を検索して調べる場合は検索順位とともに記事の公開日(更新日)も確認してなるべく最新の情報を参考にしましょう。

検索エンジン登録についての誤解

まず誤解しないで頂きたいのは、これらはgoogleやBingなど国内(日本語)向けの検索エンジンの「検索結果に反映させる」ということであって、その検索結果の順位を上げたり、下げたりするものではありません

登録しておくことで各検索エンジンのロボット(クローラー)が貴方のサイトに訪問し、認識することで初めて検索結果に反映(インデックス)されるようになります。

■別の方法もある

これは既に検索エンジンに登録されているページ、例えばこのページから貴方のサイトへ向けてリンクを貼る(リンクを送るとも表現/リンクを受ける側は「被リンク」)ことでも検索結果に反映されます。

厳密にいうと貴方のサイト、各ページが "noindex"(検索エンジンに登録させたくないページに使用します)でないことが条件ですが、基本的には自ら設定しない限りnoindexになっているという事はまずないでしょう。

但しワードプレスの場合はプラグインや設定を理解せずにいじっているとそうなってしまう可能性もあるので注意して下さい。

被リンク操作は御法度

但しこの方法は少なからず検索順位に影響するため、友人のサイトに貼って貰ったり、一括で色々なサイトに登録できるディレクトリサービス(もう化石ですが)などで自ら行うと、googleから重い罰が与えられる手動対策や機械的に判別される自動対策(正式名称はなし。対策=ペナルティの方が使われていますが、google公式としては「ペナルティ」という表現はしていません。)を受け、逆に検索結果にでなくなってしまいます。

近年googleはとても賢く常に進化しているので、サイトのコンテンツに適した自然な被リンクのみ評価し、ライバルを落とす為に悪質なリンクを多量に送られている場合は無視したり と自作自演さえ行わなければ気にしなくても良いですが、この被リンクに対する影響・効果は以前と比べてかなり薄くなっているので、他人のサイトを装ってリンクを送ったところで「百害あって一利なし」です。

実際には検索エンジンに認知させる為に友人サイトから1つリンクを送ってもらったところで悪影響はないかと思いますが、検索順位操作の為 と判断されないとも言い切れないので止めておきましょう。

■ノーフォロー

ハイパーリンク内に 「rel="nofollow"」を付けると被リンク効果を渡しません。
例:「a href="https://jyosap.com/search-engine-registration/" rel="nofollow"」

nofollowはだいたいのSNS(ツイッターやFB)で外部リンクを貼ると自動的に入ります。これを利用して友人などのサイトからリンクを送ればリスクは無くなりますが、これが正しい使い方かというと疑問が残りますし、以下の手順はもっと楽なので素直に各検索エンジンに正当な方法でサイトの存在をお知らせしましょう。

登録するURLはどれ?

基本的にはトップページを登録させます。このサイトでいえば「https://jyosap.com/」

アメブロであれば、「https://ameblo.jp/」ではなく、「https://ameblo.jp/○○○」と貴方のブログのトップページとなります。

無料ブログではあり得ませんが、https://jyosap.com/から他のページ。例えばここの”/search-engine-registration/”へリンクで辿りつけなければクローラーはそのページを発見することができないので、自作HPの場合は全ページへのリンクがあるかサイト構造に注意しましょう。
(直接である必要はありません。何個かリンクを経由してもたどり着ければ問題なし/但し時間が掛る場合あり)

こういった自サイト内からリンクが無い孤立したページURLに対しても利用することが可能です。
送信したトップページから今まで書いたページ、こらから作るページへリンクされていれば1回だけの送信で大丈夫。

尚、無料ブログの場合は更新情報などで御自身以外のページからリンクが貼られる場合もあるので何もしなくても検索エンジンに登録されている場合があります。

Googleに登録

まずはGoogleに登録に登録。とっても簡単です。
ちなみに現在日本のyahooは多少検索結果に違いがあるものの、中身はGoogleの検索エンジンですのでGoogle=yahooと認識しても良いでしょう。

・まずは以下にアクセス
https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url

googleに自サイト/ページを登録する手順

googleに自サイト/ページを登録する手順

はい。これで終わり。

■サーチコンソール

とりあえずGoogleに反映させるだけであれば必要ありませんが、サーチコンソールに登録することでサイトのエラーを確認したり、アクセス解析を行う事もできます。

サーチコンソール

サーチコンソールでのサイトマップ送信

サーチコンソールでのサイトマップ送信

直近のURLを反映している/feed/や.xmlのサイトマップを送信する事により、より正確・スムーズにクローラーへ情報を渡すことができます。

サーチコンソールと付随するアナリティクス(より詳しいデータ解析ができます)は、自身のサイトが検索エンジンに登録されていたとしても(サーチコンソール/アナリティクス)登録後のデータしか抽出できないので今後必要になるのであればそれぞれ早めに登録しておきましょう。

登録方法や運用方法については割愛。最新の情報を掲載しているサイト様が沢山いるので検索してみて下さい。

それでも解決出来ない場合はウェブマスター ヘルプ フォーラムに投稿してみましょう。

投稿する前にフォーラム内での検索も行い自身と重複する内容がないかチェック(特に無料ブログのサイトマップについての投稿は多いです)。それでも無い場合は、分かる限りの情報を分かりやすく書くことでより正確な回答を得られます。
相手もエスパーではありませんし、基本的にgoogle社員からの回答ではありませんので、しっかりコミュニケーションをとって下さい。

定期的に行われているウェブマスターオフィスアワーでは直接社員に質問することが出来ますが、基本的な内容であればヘルプ フォーラムを案内されたり、採用されない場合もあります。

まずは自身で調べてみましょう。

Bingに登録

余談ですがBingは米yahoo(https://www.yahoo.com/)でも使用されてます。日本語サイトではあまり関係ありませんが、2019年頃に提携契約が切れることになっています。

Googleに登録する事によって知らぬ間にBingに反映されている場合も多いですが、デメリットはないので行ってよいでしょう。

Bingに登録

Bingに自サイト/ページを登録する手順

Bingに自サイト/ページを登録する手順

■Bing Webマスターツール

Bingにもサーチコンソールと同じサービスがあります。

Bing Webマスターツール
サーチコンソールを登録して設定できた方は特に問題なく使いこなせると思います。
ただ、サーチコンソールもそうですがヘルプなど英語の場合が多い点、かつBingは基本操作以外の情報が少ないのと、ウェブマスターフォーラムは2014年で中止してしまっているので基本的な利用は難しくありませんが、サイトマップを送信してアクセス解析を行う程度のものとして捉えておきましょう。

尚、こちらのサイトマップが保留のまま変わらない場合は再送信すると直る場合があります。自サイトへの被リンクをチェックできる「インバウンド リンク」欄に関しては反映されるまでに数ヶ月掛ったので余り機能面に対して期待しないように。

登録されているか確認する方法

いずれの方法も検索結果に反映されるまでの時間はケースバイケースなので2日後の場合もありますし、7日後の場合もあります。

登録されたか否かの確認方法は御自身のサイトや各ページのタイトルで検索するのも手ですが、他の方の同じタイトルのサイトがあったり、特徴のないサイト名の場合は判断できない場合があります。
この場合はgoogleのコマンドを活用しましょう。

yahooやgoogleのブラウザに以下を打ち込みます。

■info:(インフォコロン)
info:(インフォコロン)

info:(インフォコロン)

・例 「info:https://jyosap.com/search-engine-registration/」

1つのURLに対し1つの検索結果が返されます。なければまだ登録(インデックス)されていないという事。
ピンポイントで調べたい時に。

■site:(サイトコロン)
site:(サイトコロン)

site:(サイトコロン)

・例 「site:https://jyosap.com/」

トップページのURLを指定すれば全体の登録状況が確認できます。但し100%ではなくおおよその結果。
とりあえずこの中に入っていれば登録はされています が、この中に入っていなくとも登録されている可能性はあるので正確に調べたければinfo:(インフォコロン)を使用して下さい。

■Bingの場合

Bingの場合もinfo:(インフォコロン)と同等のコマンドが存在します。

Bing内にて「url:」を使用します。

・例 「url:https://jyosap.com/search-engine-registration/」

これからもよく調べよう

この記事内でも疑問点があるでしょうし、今後も色々な疑問が浮かび積極的に検索して調べる事になるでしょう。

googleのスターターガイドが7年振りに更新(2017/11/29かな?)されたので、こちらも後で読むことをお勧めします。

特に営利目的でなくとも「自サイトの検索順位を上げるには」と考え、俗に言う「SEO(検索エンジン最適化)対策」についても興味を持つかと思いますが、Googleは特に仕様(アルゴリズム)の更新や新たな適用が多くて早いため、冒頭でも書いた通りなるべく最新の情報を仕入れるという点は今後も変わらず注意しておきたいです。


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)