拡散、共有していただき有難うございます。
 

長期・短期間で効果の出るバストアップ方法のメリット・デメリット

短期

バストアップを短期間で実現したい時には豊胸手術を利用するのが一般的です。
バストアップをさせる為のマッサージなどもありますが、マッサージを行っても短期間でバストアップできる事はありません。

豊胸手術なら短期間で理想のバストを手に入れる事ができますので、バストサイズに悩みがある際には最適の対策方法と言えます。短期間で理想を実現できるのが一つのメリットですが、ただし豊胸手術にはデメリットもあります。

デメリット
まず、手術になりますので身体に負担が掛かってしまう恐れがあります。
豊胸手術にはいくつか種類がありますが、例えばシリコンバッグを入れる場合は皮膚をカットしてそこから挿入する事になりますので、身体を傷付けてしまう事になります。
また、シリコンバッグを挿入した後は定期的にマッサージを行う必要があります。
マッサージをしないとシリコンが硬くなってしまう恐れがありますので、メンテナンスをきちんと行う必要がありますし、その分手間暇が掛かってしまいます。
他にも不自然な段差ができてしまう恐れもあります。

生体の防御反応によってシリコンバッグが異物とみなされ、特殊な被膜によって覆われてしまう事がありますが、それによってバッグの形が変形して皮膚に段差があるように見えてしまいます。
そういった不自然さが出るのもシリコンバッグのデメリットです。

豊胸手術には他にも脂肪注入という方法もありますが、脂肪注入は自身の脂肪をバストに入れるという事もあり、人体に優しい手術として人気があります。
ただし、デメリットもあります。

脂肪を注入してしばらくすると身体に脂肪が吸収されてしまう事がありますので、それによって折角手術を受けてもバストサイズが小さくなってしまう事があるのです。
短期間でバストアップを実現する為には豊胸手術がベストですが、メリットの一方でデメリットもありますので、手術を受ける際には良し悪しをよく把握してから実践する事が大切と言えます。
豊胸手術をもっと詳しく

長期

長期間の時間を掛けてバストアップに取り組む事のメリットですが、まず人体に優しく取り組む事ができます。バストアップを実現する為の方法として豊胸手術もありますが、豊胸手術の場合ですと人体への負担が大きいですし、手術失敗のリスクも少なからずあります。

じっくりとバストアップを実現したい時にはバストアップクリームが最適と言えます。
バストアップクリームにはプエラリアなどの有効成分が配合されており、バストサイズを大きくする為に役立ってくれます。

バストアップクリームなら人体に殆ど悪影響を与える事なく行う事ができますので、安全に取り込む事ができるのです。他にも美容成分が配合され美容効果があるのもメリットです。バストサイズに影響を与えつつ、皮膚自体も磨く事ができますので、一石二鳥の効果を得る事ができます。

これ以外にもサプリメントもコラーゲンやヒアルロン酸が入って美容面にも(そもそもプエラリアにも美容効果があります)。ギムネマが入ったサプリもあるのでダイエットサポートにも と効果は絶大ではありませんが手術と違い複合的なケアが出来ます。

トレーニングやエクササイズに関してもバストに対する効果は不明確ではありますが、健康な身体は手に入れる事ができます。

反対にデメリットもありますが、一番のデメリットはやはり長期間という点でしょう。

バストアップクリームを利用した場合、効果の出方というのは人によって異なっています。そして効果がある人もいれば反対に効果が殆ど無い場合もあります。
その為、いつサイズが大きくなるのか分かりませんし、長期間取り組んでもサイズに変化が無い可能性もあるのです。

そういった不確実な点が一番のデメリットです。毎日のケアが必要になるのもデメリットと言えます。

バストアップクリームを利用する場合、基本的には毎日しっかりと塗り込む必要がありますので、毎日の習慣として継続しなければいけません。
サプリに関しては推奨量を継続。飲み過ぎても飲まなくても効果は期待できません。

手間暇を苦手とする方ですと負担に感じてしまうものですし、しかも本当にサイズが大きくなるのか不確実ですので、効果が出るのか分からないという不安を抱えながら行わなければいけません。

しかしながら、マッサージなどでバストケアを行うのはサイズを大きくする為だけでなく、ハリのあるバストを維持する為にも有効ですので、状態の良いバストを維持するという目的で取り組めば気分的にも楽に継続できるのではないでしょうか。


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)