"キーワード指定なし"

ハーブ・成分解説/記事

ヨーロッパシラカバ樹皮エキス

■用途や効果
エモリエント 収れん 血行促進 消炎 抗菌 抗酸化 抜け毛防止のヘアケア製品に使われる事もあります。
■使用部位
樹皮
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
水(精製水) エタノール 混合?(不完全データ)
ハーブ・成分解説/記事

シラカンバ樹皮エキス

■用途や効果
エモリエント 収れん 血行促進 消炎 抗菌 抗酸化 抜け毛防止のヘアケア製品に使われる事もあります。
■使用部位
樹皮
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
水(精製水) エタノール 混合?(不完全データ)
ハーブ・成分解説/記事

シラカバエキス

■主成分
ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンA ビタミンC ビタミンE フラボノイド タンニン サポニン
■用途や効果
エモリエント 収れん 血行促進 消炎 抗菌 抗酸化 抜け毛防止のヘアケア製品に使われる事もあります。
■使用部位
樹皮 葉
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
水 エタノール PG BG 単体または混合
ハーブ・成分解説/記事

ショウガ根茎エキス

■主成分
ジンギロン ショウガオール ジンギベロール ジンギベレン フェランドレン カンフェン シトラル リナロール メチルヘプテノン ノニルアルデヒド
■用途や効果
脱毛予防 止痒 発毛促進 血行促進 皮膚細胞活性化 ヘアケアメインの効果のようですが、肌のクスミ対策にも有用。
■使用部位
根茎
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
エタノール 水(精製水) 単体または混合
ハーブ・成分解説/記事

ショウキョウエキス

■主成分
ジンギロン ショウガオール ジンギベロール ジンギベレン フェランドレン カンフェン シトラル リナロール メチルヘプテノン ノニルアルデヒド
■用途や効果
脱毛予防 止痒 発毛促進 血行促進 皮膚細胞活性化 ヘアケアメインの効果のようですが、肌のクスミ対策にも有用。
■使用部位
根茎
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
エタノール 水(精製水) 単体または混合
ハーブ・成分解説/記事

セイヨウナツユキソウ花エキス

■主成分
タンニン フラボン配糖体 サリチル酸配糖体
■用途や効果
消炎 収れん
■使用部位
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
PG BG 単体またはこれらの水溶液
ハーブ・成分解説/記事

シモツケソウエキス

■主成分
タンニン フラボン配糖体 サリチル酸配糖体
■用途や効果
消炎 収れん
■使用部位
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
PG BG 単体またはこれらの水溶液
ハーブ・成分解説/記事

シナノキエキス

■主成分
タンニン フラボノイド ファルネソール
■用途や効果
刺激緩和(鎮静) 収れん 血行促進 保湿 制汗 消炎 抗アレルギー
■使用部位
花 葉
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
水 エタノール PG BG これら単体、または混合液
ハーブ・成分解説/記事

シコンエキス

■主成分
シコニン/アセチルシコニン(色素成分) ナフトキノン誘導体 リソスペルミン酸 青酸配糖体 アラントイン フリルヒドロキノン誘導体
■用途や効果
消炎 殺菌/抗菌 着色 皮膚再生(新陳代謝促進) 刺激抑制 UVBから保護 特に抗菌性と消炎は高いとされています。
■使用部位
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
水 PG BG これら単体または混合orアルカリ性溶液
ハーブ・成分解説/記事

ムラサキ根エキス

■主成分
シコニン/アセチルシコニン(色素成分) ナフトキノン誘導体 リソスペルミン酸 青酸配糖体 アラントイン フリルヒドロキノン誘導体
■用途や効果
消炎 殺菌/抗菌 着色 皮膚再生(新陳代謝促進) 刺激抑制 UVBから保護 特に抗菌性と消炎は高いとされています。
■使用部位
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
水 PG BG これら単体または混合orアルカリ性溶液
ハーブ・成分解説/記事

アカヤジオウ根エキス

■主成分
カタルポール イリドイド配糖体(多種) 8種の糖類(スタチオースなど) マンニトール アミノ酸類(アルギニンなど10数種) リン酸 ステロール  
■用途や効果
エモリエント効果 保湿 細胞賦活 血液凝固抑制 保湿作用に優れ、皮膚細胞の活性化に役立ちます。
■使用部位
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
水 BG エタノール これら単体か混合液
ハーブ・成分解説/記事

ジオウエキス

■主成分
カタルポール イリドイド配糖体(多種) 8種の糖類(スタチオースなど) マンニトール アミノ酸類(アルギニンなど10数種) リン酸 ステロール  
■用途や効果
エモリエント効果 保湿 細胞賦活 血液凝固抑制 保湿作用に優れ、皮膚細胞の活性化に役立ちます。
■使用部位
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
水 BG エタノール これら単体か混合液
ハーブ・成分解説/記事

セイヨウサンザシエキス

■主成分
フラボノイド コリン アセチルコリン アルキルアミン アミノプリン ウルシ酸 タンニン
■用途や効果
保湿 収れん 消炎 鎮静 血圧降下 血行促進
■使用部位
全草
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
水 エタノール PG BG 単体またはこれら混合液
ハーブ・成分解説/記事

サンザシエキス

■主成分
トリペルペノイド フラボノイド アミグダリン クエルセチン ビタミンC 精油
■用途や効果
収れん 血行促進 保湿 抗菌 細胞賦活 消炎
■使用部位
果実
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
水 エタノール PG BG ジエチレングリコールエチルエーテル 単体またはこれら混合液
タイトルとURLをコピーしました