拡散、共有していただき有難うございます。

【P2/成分編】オルビスサンスクリーンスーパーとフリーエンスを比較

オルビス全身用サンスクリーンシリーズ

オルビス全身用サンスクリーンシリーズ

・前ページ≫オルビスサンスクリーンスーパーとフリーエンスを使って比較

テクスチャーと、サンスクリーンシリーズを比較しながら成分解説

こちらでは、サンスクリーンスーパーとフリーエンスの成分解説を中心に行っています。

どちらもアレルギーテスト済みの製品です。

サンスクリーンスーパー

サンスクリーンスーパーのテクスチャー

サンスクリーンスーパーのテクスチャー

SPF:50+ PA:++++

メトキシケイヒ酸エチルヘキシルジフェニルシロキシフェニルトリメチコングリセリンBGトリエチルヘキサノイントリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ポリシリコーン-15、ペンチレングリコール、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、トリメチルシロキシケイ酸シリル化シリカ、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、ジメチコン加水分解ヒアルロン酸ローズマリーエキスオウバクエキス、アクリレーツコポリマー、キサンタンガム、アクリル酸Naグラフトデンプン、フェノキシエタノールメチルパラベンエチルパラベン

■日焼け止め成分

・日焼け防止には、紫外線吸収剤のメトキシケイヒ酸と「ビスエチルヘキシル~」が使われ、酸化鉄などの散乱剤は不使用。ノンケミカルではありませんが、白浮の心配もありません。

・汗を弾く撥水を担うのは、日焼け止め定番のシリコーン類(○○コン)で、フリーエンスの方と比較して特にウオータープルーフ効果が高い模様。

・他、○○ノイン、○○グリセリルなどの油性モリエント成分達と、先述したシリコーン類は、サラっとした感触のものが多く使われ、フリーエンスよりもベタつかなかったのも納得ですね。

■シールドエマルジョン製法

汗や海水に触れることで粉体同士がぎゅっと凝集し、膜の強度がアップ。UVカット効果の低下を防ぎます

スーパーの訴求部分であるシールドエマルジョン製法を担うのが、シリル化シリカです。公式サイトでは日本アエロジル株式会社製とありますが、その中にも2種類あり、恐らく疎水性の方が使用されているのではないかと思います。

粉末のシリカですので、他の(○○ノイン、○○グリセリル、シリコーン??)油性成分との組み合わせで効果を発揮すると予想。

解説
原料メーカーの名前を出すなんて珍しいかも。

・保湿剤はグリセリン、BGやペンチレングリコールとヒアルロン酸です。

・他にも植物エキスが配合され、ローズマリーとオウバクには、消炎・抗菌・収れん・抗酸化作用などがあります。日焼による肌荒れ防止の対策の面が強そう。

これらの代わりに、ニキビ向けでお馴染みのグリチリチン酸が配合されている事がありますが、多機能な植物成分を選択したようですね。

・防腐剤はフェノキシエタノールとパラベン2種の定番トリオで、他抗菌も兼ねたペンチレンや各植物エキスも防腐効果を上げていそうです。

・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルは褐色になるのを防ぐ成分です。

・無香料ですが、実際はココナッツのような微香性。ケイヒ酸特有の匂いでしょうかね。オウバクエキスにも特有の匂いアリ。

他は乳化など安定化成分となっています。

サンスクリーンフリーエンス

オルビスサンスクリーンフリーエンスのテクスチャー

オルビスサンスクリーンフリーエンスのテクスチャー

SPF:30 PA:+++

ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンBGグリセリンシクロペンタシロキサン酸化チタンPCA-Na、ポリグルタミン酸Na、乳酸Na、ヘチマエキス、トコフェロールジメチコン含水シリカ、ハイドロゲンジメチコン、水酸化Alポリアクリル酸Naベヘニルアルコールキサンタンガムペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、トリステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイル乳酸Na、クエン酸、ココグリセリル硫酸Na、メチルパラベンプロピルパラベン

■日焼け止め成分

・こちらはスーパーと打って変わってノンケミカル。よって紫外線防止は酸化チタンと。それをコーティングする酸化アルミニウム(もしかするとシリカ)。

スーパーとは違い、白浮や光沢は少なからずありま(した)す。

・無油分。※

・こちらでも日焼止め成分の中核になるシリコーンは当然使用されていますが、ラサラサになる油性成分が入っていないので、実際つかってみると、撥水性やサラサラ感はスーパーの方が上回っています。

紫外線吸収剤不使用というよりも、幼児連用テストが行われているのが素晴らしい。

解説
※シリコーン類は厳密には油性成分でないとしても、ベヘニルアルコールやグリセリル類は使用されています。
油分と油性成分はまた違うという事なのか。エステル油(スーパーでいうとトリエチルヘキサノイン)やミネラルオイルなどの炭化水素の事を指しているのかもしれない。

・保湿剤はスーパーと同じくグリセリンやBGに加えて、肌にも含まれるNMFと同じPCA-Naや乳酸Naなど、肌バリア修復に関わる成分も配合。

・スーパーと違う植物エキスが配合されていますが、こちらのヘチマも消炎作用があり、保湿効果もあります。実際使用では、フリーエンスの方が保湿効果が高かったと感じました。

・防腐剤はメチルとプロピルパラベン。

他は増粘、乳化、酸化防止などの安定化成分です。

オルビス公式/UVケア一覧へ

解説
今回は、レジャーにも使える強力なスーパーと、使用頻度の多い日常使いの為に安全性を重視したフリーエンスでした。

実際の使用感はこちらのレビューにて確認してくださいませ。


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)