拡散、共有していただき有難うございます。

ワイエスラボ うるおい肌石鹸

クレンジングの後は洗顔。

■うるおい肌石鹸の特徴

シリーズ通して肌への優しさを追求していますが、この製品個別の特徴では

乾燥肌・敏感肌/肌のくすみ/大人ニキビ/アトピー向けで

加熱しないコールド製法採用。
じっくり熟成させて、よりマイルドな石鹸に。

手間暇かけた枠ねり石鹸は、すべての工程が手作業です。
天然素材を最大限に活かすため、一つ一つていねいに仕上げました。

枠練りなので、洗浄力よりも保湿や美容成分を優先しているハズ。その使用感はいかに?!

使って評価&成分解説

今回はトライアルセット内の10gを使用します。

正規品は、1,296円(税込)/80g(1ヵ月~2ヵ月)

テクスチャー

30代 混合肌が試す

こちらはリニューアル前で、2タイプに分かれていた頃の製品となります。

使用者プロフ(使用時) はるくんママ/トータル実績数68件/30代/主婦
肌質 混合肌
備考 良く使うコスメはファンケル
ワイエスラボ うるおい肌石鹸/乾燥しがちなお肌用

うるおい肌石鹸/乾燥しがちなお肌用

ワイエスラボ うるおい肌石鹸/乾燥しがちなお肌用の泡立ち

乾燥しがちなお肌用の泡立ち



こちらは、「普通・脂性肌用」と「乾燥しがちなお肌用」と入っていました。
両方とも、泡立てた感じはあまり変わらずでした。ちょっとだけ普通・脂性肌用の方が弾力を感じた気がします。でも、ホント特に大きく変わらないです。
洗った感じも変化を感じませんでした。
ワイエスラボ うるおい肌石鹸/普通・脂性肌用

普通・脂性肌用

ワイエスラボ うるおい肌石鹸/普通・脂性肌用の立ち

普通・脂性肌用の泡立ち


ただ、両方ともに洗い心地が優しい泡でフワフワしていて気持ち良い!今回のセットの中で洗顔石鹸が一番気に入りました☆洗い上がりもしっとりしています。
全く刺激も感じないし、物によっては洗顔石鹸は目にしみたり痒みが出たりしますが、今回は全く感じず!

でも、優しい洗い心地だからか鼻の脂っぽさがスッキリ落ちなかったのが残念でした。また、石鹸を触った感じちょっとベタベタした感じがありました。
これは、両方ともに乾燥肌の方に向いているんじゃないかな~と思います。

ワイエスラボ うるおい肌石鹸について

ワイエスラボ うるおい肌石鹸について

なんですが…なんとこの2つの石けん9月30日に販売終了だそうです。10月2日から、肌タイプを選ばずに使える「うるおい肌石鹸」が発売になるそうです!

そちらも使ってみたいですね!

■泡立てネット
ワイエスラボの泡立てネット

ワイエスラボの泡立てネット

洗顔は気泡材を使用していないため、どうしても泡立てネットが必要になりますが、こちらのネットも長さや重ね具合を試行錯誤して泡が細かく潰れないものを独自に作成。

それでもリング部分が取れやすかったりと改良点はまだまだあるそうで、リニューアルを繰り返しています。

40代 乾燥肌が試す

以下はリニューアル後の製品です。

使用者プロフ(使用時) もんち/トータル実績数 25 件/40代/主婦
肌質 乾燥肌
備考 良く使うコスメはオルビスシリーズ
ワイエスラボ うるおい肌石鹸

うるおい肌石鹸

こちらの石鹸はクレンジングオイルでメイクオフした後や朝の洗顔に使います。

テクスチャーはちょっと生成り色の固めの石鹸です。匂いはなく、子供が赤ちゃんの時に使用していたミヨシ石鹸に使用感が似ています。

泡立てネットを使って石鹸を泡立てると、簡単に大きな濃密泡が作れます。泡だてネットは改善されたらしいですが私にはネット自体がスゴク硬くて握力が必要で、2回使っただけでリングが取れてしまいました。

いつも使用している泡立てネットにして濃厚泡を作ると、逆さにしても落ちないしっかり泡が簡単に作れました。水に溶けやすく数回すすぐだけでOKなので洗顔が非常に楽です。

ワイエスラボ うるおい肌石鹸の泡粘度

ひっくり返して泡粘度チェック

ワイエスラボ うるおい肌石鹸の泡立ち

うるおい肌石鹸の泡立ち



ただちょっと気泡が多いタイプの泡なのでこってり泡が好きな人には物足りないかも。好みが分かれるところだとと思います。

無添加ということであまり期待していなかったのですが、結構サッパリとした使い心地でしっかり汚れを落としてくれます。洗い上がりは程よくしっとり、つっぱり感は少なかったです。

10分以上放置するとやはり乾燥を感じましたが、洗った直後は程よいしっとり感がちょうど良かったです。小鼻の角栓まではオフできませんが、おでこやほおのざらつきななく、1週間使い続けるとキメが整い透明感が生まれました。
シミが小さくなったかはわかりませんが、くすみは一掃できパッと明るくなった印象です。

生理前でアゴに小さな赤ニキビができていたのですが、沁みることなくトライアルが終了する頃(1週間ほど)に綺麗に治りました。刺激がないところが肌トラブルの時や敏感肌の人にも安心して使える石鹸だと思います。

30代 乾燥・敏感肌男性が試す

使用者プロフ(使用時) おっさん(管理人)/トータル実績数38件/30代/独身
肌質 敏感・混合肌
備考 鼻、おでこはベトベト、頬やあご、口周りはカッサカサ。
金属、一部香料、パパイン酵素(果物)のアレルギー持ちでやや敏感肌。

新たに2018年に購入しました。
香りは特に感じない普通の石鹸ですね。



ワイエスラボ うるおい肌石鹸の使い方-株式会社ナキュア公式動画より

 
リニューアルに伴い動画も新しくなっていたので、こちらを参考に実践。

ネット必須。ああ そういえば無添加系なので起泡剤が入ってないんだね。

右がワイエスラボ、左が他社の泡立てネット

右がワイエスラボ、左が他社の泡立てネット

今まで貰った泡立てネットの中でも一番ゴツくて自分には使いやすい。2代目にしようと思います。
ワイエスラボ うるおい肌石鹸の泡立ち/ネット使用

うるおい肌石鹸の泡立ち/ネット使用

もんちさんの言う通り、確かにコッテリ系の泡ではないけど、比較の為に同時に使っているDr.ウィラードよりはしっかりした泡でそれよりは濃厚。丁度ふわふわとコッテリの中間くらいなか??メンズ系は軽くてあまり泡立たなかったりと無骨なんだけど、このくらいであれば十分と感じます。

ふむふむ モコモコにしたら1分くらい泡パックするのか...洗い流しも拭き取りも擦るのはNGなんだね。

うむうむ。洗い上がりはしっとりしてます。擦らなかった割には皮脂多めの小鼻周りもそれなりに落とされていますね。毛穴の奥までとなるとゴシゴシしないとダメかな。でも脂ギッシュな部分も2回洗顔が必要という程ではありませんでした。

製品自体の刺激は全然感じません。
クレンジングもそうだけど、やはり成分云々よりも摩擦させない事が重要で、自分はどんな製品だろうと拭き取り系はコットンやティッシュの摩擦で逝ってしまう(最近やっと気付いた)ので今後摩擦させないことが自スキンケアの重要な課題になりそうだ。

数値評価

  • 複数使用者の場合は平均値を掲載。
  • 商品使用による副作用/白斑などの肌トラブルはありませんでした。
  • 洗顔
    うるおい肌石鹸
    洗浄力
    [0]弱い⇔強い[10]
    泡立ち
    [0]少ない⇔モコモコ[10]
    香り
    [0]無臭⇔強い[10]
    質感
    [0]さっぱり⇔しっとり[10]
    評価数値(0-10/弱強) 5.5 7 0 6.5

    ※泡立ちはネット使用時

    成分から読み解く

    今回は弱アルカリ性の洗顔ですが、自然の洗浄剤に弱酸性は存在しません。強アルカリではないので肌の機能で弱酸性に戻りますし、ワイエスラボとしても次の化粧水にて弱酸性に という流れのようです。弱アルカリ性で優しく洗浄し、この後の弱酸性化粧水で整肌します。

    もちろん全身に使用する事ができます。

    ■洗浄成分

    ・各油と水酸化Naの反応によって界面活性剤が生まれます。パームヤシの通り石油系ではありません。

    しっとり感は枠練り製法のおかげかと思いますが、その反面、製品の水分が蒸発して変形してしまうこともあるので、管理には注意。

    ・保湿とエモリエントのスクワランのみ。スクワラン100%のクレンジングと同じくオリーブ由来の植物性スクラワンが使用されていると思います。ニキビ防止や肌バリア等、機能面もスクワランのみの作用ですね。

    ・防腐剤は入っていません。その他安定化成分もナシです。

    お試しセットへ

    解説
    ニキビや敏感肌の方は、製品に頼るだけでなく、擦らない”使い方”も重要になってきそうです。

    ワイエスラボ うるおい肌石鹸の評価

    だめかも・・・ちょっと微妙普通いいね!凄くイイよ! (0 票, 平均評価: 0.00 / 5)
    読み込み中...

    口コミ投稿

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)