【男性使用】アクポレス クレイクレンズ(洗顔バーム)

アクポレス クレイクレンズと泡立てネットお試し
アクポレス クレイクレンズと泡立てネット

おやおや??容器が水色からオレンジに変ってる?!
と言う訳で、リニューアルした新アクポレスシリーズ第一弾はもちろん洗顔。

■アクポレス クレイクレンズのウリ

こちらの訴求ポイントは…

生石けんならではの速泡性と、クレイによる汚れ吸着力が特徴。
もっちりとした濃密な泡が、毛穴の奥の汚れまで洗い上げ、すっきりなめらかな肌に整えます。

毛穴汚れに着目した製品で、訴求成分はライスパワーエキス。

アクポレスシリーズの概要とまとめ

旧/アクポレス スターターキット

■新アクポレス スターターキット

・クレイクレンズ(洗顔バーム) ←現在のページ

リフレッシュスキントナー(薬用角質ケア化粧水 ふきとりタイプ)

アクネクリアジェリー(薬用ニキビ用ジェル)

モイスチュアエマルジョン(薬用保湿乳液)

30代敏感・混合肌が試す

それじゃ使ってみよう!

今回使用するのはトライアルキット内に入っている20gのミニサイズ。

正規品は、80g(約2ヵ月分)/3,500(税抜)

アクポレス クレイクレンズと泡立てネット

アクポレス クレイクレンズと泡立てネット

使用者プロフ(使用時)おっさん(管理人)/トータル実績数[postsNumber name=”おっさん”]件/30代/独身
肌質混合肌
備考鼻、おでこはベトベト、頬やあご、口周りはカッサカサ。
金属、一部香料、パパイン酵素(果物)のアレルギー持ちで敏感肌。

テクスチャー

アクポレス クレイクレンズのテクスチャー

クレイクレンズのテクスチャー

ネバネバねっとりの生石けん。固いですね~

オレンジ寄りの柑橘臭。今回は弱めですが柑橘系の香りはどれだけ強くても邪魔にならないな。

どうせ洗い流すのでさほど問題はありませんが、このバーム系はどうしても爪に入り込んでしまうので厄介だよね。

正規品はちゃんとスパチュラ付きなので安心。カルボマーは入っていないので、皮膚の塩分(汗)で粘度が落ちるためではなく、使いやすさを考慮してのためですね。

で、泡立てると

アクポレス クレイクレンズの泡立ち/ネット使用

クレイクレンズの泡立ち/ネット使用

弾力のある固めの泡で、きめ細かい。モコモコもなかなかへたらない濃厚さ。

これは大好きな感触で、使うだけで幸せになれ(笑)泡パックもアリかも。メンズ洗顔ではそもそもネットを使わないので泡立ちは超控えめですし、どれも濃厚さがなくて軽すぎるんですよね。

もっちり肌に密着するので、シェービングに使っても良さそうでしたが、安全カミソリがヒゲに引っ掛かって駄目でした。長めに放置してヒゲを柔らかくすれば、他の製品よりは使えなくもなさそうですが、公式でシェービングにも使えるなんて書いてないですし。

洗浄力としてはソコソコといった感じで、特に脂ギッシュな鼻、毛穴の汚れに関しては多めに擦らないと落ちた感じがしませんでので、もっと強力でもよかったと思います。その分刺激が少なく、肌に優しさを感じ、乾燥せずにしっとりとしていました。

なお、ネープ(首の後ろ)にて大きな吹出物を繰り返しており、もしかするとストレスが原因かもしれませんが、この部分は脂脂していないのでクレイクレンズが丁度良い感じです。

数値評価

・商品使用による副作用/白斑などの肌トラブルはありませんでした。

洗顔(バーム)
クレイクレンズ
洗浄力
[0]弱い⇔強い[10]
泡立ち
[0]少ない⇔モコモコ[10]
香り
[0]無臭⇔強い[10]
質感
[0]さっぱり⇔しっとり[10]
評価数値(0-10/弱強)57.517

成分から読み解く

ノンコメドジェニックテスト済/アレルギー、累積刺激テスト済

グリセリンソルビトールステアリン酸パルミチン酸、米抽出液(ライスパワーNo.1)、BGミリスチン酸ラウリン酸水酸化K水酸化Na、海シルト、ベントナイトカオリン、火山灰、ハチミツ、ベルガモット果実油、レモン果皮油、オレンジ果皮油、ショウガ根油、チャ葉エキスユキノシタエキスソウハクヒエキス、エーデルワイスエキス、ヒアルロン酸Naポリクオタニウム-7、PEG-65M、エタノールフェノキシエタノール
■洗浄成分

・洗浄成分は上部「○○酸」の高級脂肪酸と水酸化Na/Kの一般的なアニオン界面活性剤で、泡立ちも洗浄力もなかなかですが、グリセリンなどが多い(バームという性状もあるでしょうが)ので洗浄力ではなく保湿優先の様子。弱酸性の洗顔は洗浄力が弱くなりますが、こちらは違う模様。

・毛穴関連のクレイ成分は海シルト(海底の沈殿物)から火山灰あたりまでで、ベントナイトは今回の固めで弾力のある泡にも関係していそうです。

・こちらは定番で保湿効果も高いグリセリンや糖類のソルビトール、BGからとんでヒアルロン酸やポリクオタニウム類。このグリセリンと糖類が先頭に来ているのは枠練り石けんの特徴と同じなので、洗浄力が弱く肌に優しいのは仕様ですね。

■美容・機能性成分

・製品の訴求にも掲載されている「ライスパワーNo.1」。研究された作用は

保水力をサポートし、肌をすこやかに保ちます。

と、保湿や整肌に関わる成分で、一般的な製品では「コメ発酵液」と恐らく同じでひとくくりにされていますが、発酵の組合せを変えることで作用の違う各ナンバーのエキスを抽出しているようです。

・各植物エキスでは主にタンニンやフラボノイドを含んだ成分が多く、消炎、抗菌、収れん と、正にニキビケア向けの成分達でもあるのですが、抗酸化、美白作用を持つ植物も多く含まれているのが特徴です。
消炎の定番グリチルリチン酸は使われていません。

ちなみにハチミツは消炎や保湿作用がありますが、こちらはマヌカハニー使用ということで抗菌作用も備えています。アカシアを使おうが何だろうが成分的にはハチミツとだけ表記されるので、メーカーが訴求してくれないと判別できません。

・防腐剤はフェノキシエタノールのみ。他の抗菌作用のある成分でも防腐効果を高めていそうです。

・各果実精油は香料用途もあるでしょうが、保湿やエモリエント効果もあります。

・エタノールはエキスの抽出溶媒なので少量だけ配合。

基本的に安定化のみで配合されている成分はない感じ。素晴らしい。

他社、旧セット内との比較

■プリモディーネ/ボタニカルクレイソープと比べると…
ボタニカルクレイソープ/プリモディーネのネットを使用した時の泡立ち

ボタニカルクレイソープのネットを使用した時の泡立ち

偶然、前回もニキビ向けの海シルト入りのクレイ洗顔を試したのですが、そちらもニキビ向けかつボタニカル(植物エキス配合)の製品。

消炎向けの植物エキスが多く配合されたものでしたが、あちらも同じくニキビや美白、保湿作用といった美容石けんで、枠練り製法ではあるのですが一応固形ということもあり、洗浄力はかなり高いと感じました。

洗顔
ボタニカルクレイソープ
洗浄力
[0]弱い⇔強い[10]
泡立ち
[0]少ない⇔モコモコ[10]
香り
[0]無臭⇔強い[10]
質感
[0]さっぱり⇔しっとり[10]
評価数値(0-10/弱強)6.5616
解説
洗浄力の高いニキビ、敏感肌向けの石けんを探している方は、プリモディーネも是非試して(トライアルセットあり)みて下さい。
■同リシーズ/アクネソープと比べると…
アクポレス/アクネソープの泡立ちを顔で

アクポレス/アクネソープの泡立ちを顔で

旧トライアルキットに入っていたアクネソープは、医薬部外品で消炎向けの有効成分にグリチルリチン酸を配合した固形石鹸になっています。

固形だけあって、泡立ちはやや高めで、「鼻の油分もスッキリ落ちました」と旧レビューにあるように洗浄力もやや高め。クレイの配合はナシ。

そしてライスパワーエキスNo.1ではなく、「汚れを落としながら、うるおいを残す」No.3が使用されています。

ただ、他に突出するものがなく、植物エキスの配合はありません。
それと、キレート剤にエチドロン酸、粘度調整にイソプロパノールの安定化成分が配合。

今回のクレイクレンズ(洗顔バーム)はキレート剤や粘度調整剤を使用せず、抗菌や美白作用のある植物エキスが入り、より肌刺激を抑え、保湿と良質な泡優先な感じですね。どちらも一応ニキビ向けではあるものの、全く別の商品と言えるでしょう。

洗顔
アクネソープ
泡立ち
[0]少ない⇔モコモコ[10]
香り
[0]無臭⇔強い[10]
質感
[0]さっぱり⇔しっとり[10]
評価数値(0-10/弱強)606

(この頃、洗浄力の評価はしていませんでしたが、数値化すると「6」くらいでしょうか/医薬部外品なので成分の配合比率が分からないため、ボタニカルクレイソープのように枠練り石けんのような構成になっているかは分かりません。)

新トライアルキットへ

解説
洗顔は効果がはっきりしていて形状も色々あるので使っていて楽しいです。今回もあっという間に朝と夜で使い切ってしまいました。

女性の場合は泡立てネットが無尽蔵に貯まっていると思うので、トライアルでも有無を選択できると有り難いですな。

口コミ

タイトルとURLをコピーしました