拡散、共有していただき有難うございます。

四柱推命や霊聴など、電話占いの種類 24/71種

電話占いの種類

解説
電話占いサービスでの占い方法71種類のうち、こちらでは24種類を紹介します。

お勧めサイトはランキングにてどうぞ。

なお、体験談は有料で募集したものとなっています。

続き≫思念伝達、易学、サイキックなど24種-想念伝達、コンサルテーションなど23種

アカシックレコード

 アカシックレコードと言うのは、宇宙が誕生して以降の動物や植物の進化に加え、人類が誕生して以降の進化や行動の記録等、この宇宙で起こった全ての記憶が納められた集合体の事を示す言葉です。しかもその記録は、人間一人一人の体験や感情に加え、その魂の現世だけでなく、前世等にも及んでおり、アクセスする事でその全てを読み解く事が出来ます。

しかもアカシックレコードは過去や現在だけでなく、未来の記憶や出来事も含んでいるというのが1番に大きな特徴です。というのも時間は1つという考え方を元にしているので、過去も現在も未来もその1つである時間に過ぎないため、含まれていると考えられます。

そんなアカシックレコードは本来、誰もがアクセス出来ると言われているものです。ですが現実的には、アクセスするには霊的なパワーが必要となるため、霊的なパワーを持つ人程、容易にアクセス可能だったりします。というのも実際、良く当たるとされる占い師の中には、本人が意識しない場合でも、無意識にこのアカシックレコードにアクセスしているケースが多く、その結果、占いが当たるという現象を起こしているのです。そして当然ですが中には、意識的なアクセスを可能にしている人もいます。

■アカシックレコードの体験談

体験談:男性私は、彼女と上手く行かなくなり、別れてしまった後に、どうしても忘れられず何とかやり直せないかと悩んでいました。

その際、ネットでアカシックレコードの占いを知り、興味を持ちました。というのも第一に、過去も未来も全てが含まれた記憶や記録の集合体があるという壮大な考えに、魅了されたからです。更に男の私にとって、通常の様に店舗を訪れて占って貰うというのは、敷居が高く感じられました。ですがアカシックレコードを用いたものは、電話でも可能だったので試してみようという気になったのです。

こうして取りあえずな感じで、電話を掛けましたが、まずは私の性格面や行動パターンというのをずばり指摘されて、私自身驚きました。それと同時に心の中にあったアカシックレコードに対する疑念が晴れて、素直にアドバイスに従うべきだという気持ちが強く生まれたのです。

そして肝心の占いの結果としては、今のままの私では彼女と復縁しても上手く行かないと指摘されました。具体的に、彼女を信じて束縛を止めない限りは二人が上手く行く未来はなく、復縁して上手く行きたいなら、そこを変えるべきとの指摘を貰いました。
はっきり指摘されて、私自身もようやく、自分の行動や言動が彼女を束縛していた事に気付いたのです。
その結果、その点を改める事で復縁に成功出来ただけでなく、彼女との関係もかなり良好になりました。

チャネリング

 チャネリングとは目に見えない高次元の存在と直感的、霊感的に会話を交わす、その手段、あるいはツールのことを言います。

理解のない人には何やら怪しいものだと感じられるかもしれません。
しかしながら、誰しもがこのチャネリング能力を持っているのです。たとえば人間には第六感というものがあります。漠然とした不安を感じた直後に、身に迫る危険があったなどという経験をした人は少なく無いでしょう。

その際、なにかしらの声が聞こえたという人も数多く存在します。これもチャネリングの一種であり、目に見えない何者かのパワーが、その人の身を守ろうと働きかけたのです。
この宇宙の声は余程の危機的状況でない限り、向こう側から話しかけてくることはありません。それを、意識を集中させ、熟練された呼吸法で精神を整えることで、こちらから向こう側の意識に交信を試みることができるのです。
これをチャネリングと良い、そこで聞くことのできる声やメッセージは、人の人生を豊かな方向に導くとも言われています。それが占いとしての効果も発揮しているのです。その存在が果たして神様なのか、または別の何かなのか、そういう論争もありますが、我々はもともと宇宙の欠片のひとつに過ぎませんので、あまり細かいことを気にする必要はありません。

■チャネリングの体験談

体験談:女性チャネリングの話を聞いたとき最初は正直、胡散臭いと感じていました。
しかしその当初、私は何をやっても上手く行かず、ついていないことばかり起きていたのです。どう考えても何か良からぬものがとり憑いているとしか思えずにいました。

そんなときに友人から目からうろこの言葉をもらったのです。
それは「なぜ良くないことが起きるときの目に見えないパワーは信じるのに、前向きなものに関しては胡散臭いと感じるのか」という私の矛盾点を指摘したものでした。

言われてみればそうです。
運が悪いときの圧迫感のある漠然とした何かは信じてやまないのに、運が良いときだけはたまたまだと簡単に処理をしてしまいます。そこで私も真相を知ろうと、チャネリングを学んでみました。
最初のうちは何事も起きませんでしたが、呼吸法などを整えることによって徐々に身体は軽くなりました。そしてついに、自分の必要とする言葉が浮かぶようになってきたのです。それは神様や霊の声というよりも、むしろ自分の中に秘めたる直感が冴え渡るといった具合で、意識がこの世ではない別次元のところから冷静に今の自分を分析してのアドバイスのようでした。練習を積むと他人の高い意識とも交信することが可能で、占いの一面も担っています。

陰陽五行

 占いでもよく用いられるものとして、陰陽五行というものがあります。
この陰陽五行とは、中国で紀元前400年頃に誕生した、大変起源の古いものとなります。

その意味としては、陰陽にあたる月と太陽、五行にあたる木、火、土、金、水の自然の現象をあらゆるものに当てはめ、分類していくというものです。陰と陽は対極に位置するのと同様に、五行にも相性があり、それぞれを生かす流れである相生と呼ばれるものと、逆に打ち消す流れである相剋というものが存在するとされています。

一例を挙げると、木を燃やせば火を生じる、というように次の属性を生み出す関係にあるのが相生ですし、逆に木は土の養分を吸い取るので相剋の関係にあるというわけです。相生の関係は木火土金水という順番になっており、相剋の関係は木土水火金という順番になっています。
ですので、人と人との相性であるならば、自分が陰陽五行でどの位置に属するかが分かり、相手の属性も分かればどういった相性となるかが分かりますし、また自分がどういった特性を持つかの分類もできるというわけです。

ちなみに五行については占いではそれぞれを星にあてはめ、木星、火星、土星、金星、水星とも表します。

■陰陽五行の体験談

体験談:女性陰陽五行を使っての占いは他のものと併用で行っている占術者の方も多く、私もそういった方の一人に占ってもらいました。

その方はサイコロ3個を使って行う方法でしたが、行う前に生年月日も聞かれました。おそらく生まれからどの陰陽五行に属するのかをも見ていたのだと思います。

当然ですが、まずは占って欲しい内容を聞かれました。良くある話ですが私の占ってほしい内容は恋愛相談でしたので、何に悩んでいるか、相手はどんな方かということを聞かれました。あまり細かく話すことでもありませんが、まあ有体に言えば片思いの悩みです。話を一通り静かに聞いていただいた後、その方とどうなりたいか、どんなことが特に悩みなのかをカウンセリングのように聞かれました。

後から振り返ってみれば、この時点で結構すっきりはしていたような気がします。安心して相談できる占術者の方は本当に印象が良いです。
その後サイコロを3個振っていただき、その出た目を元に今後についての見通しを教えていただきました。

時間はかかるが、目立ち過ぎずアピールを続けていけば実るだろうという内容でした。確かにちょっと気が急いている部分があるなとは自分でも思いましたので、参考になりました。

風水

風水はただの占いで、そこには何の根拠もないと勘違いしている人も少なくありません。

しかし、その歴史は大変長く、古来中国の皇帝や特権階級によって導き出された2000年以上もの知恵の詰まった、いわば学問と言っても過言ではないものなのです。

風水は物の成り立ちや、建物の空気の流れなどを東洋思想を用いて分析したものであり、その中には科学的立証もされている分野もあります。
例えば「気」という用語は風水から生まれたと言われています。「気」とは目に見えないエネルギーのことを指します。生物の身体のエネルギー源ははっきりしていますが、空気や大地のエネルギーと聞かれてもピンとは来ないでしょう。

しかし、間違いなく環境そのものにエネルギーの流れは動いています。近年ではマイナスイオンなどと言い、その成分も徐々にですが明らかになってきています。大自然の森の中に立ったときの爽快感と、得も言われぬパワーが宿るあの感じこそ、まさに気の流れが身体に影響していると言えるのです。

また、風水の基本思想は陰陽に基づいたもので、あらゆるものを二元論的に説明していきます。価値観の違うものが良い方向性で組み合わさることによって、この世の成り立ちを解き明かす学問とも言えるのです。

解説
フェンシュイバグアは風水を元に作られていますが、アメリカで産まれ、セドナ式風水と呼ばれています。
これは風水を簡略化したもので、特異な知識なしでも行える占術になっています。
■風水の体験談

体験談:男性三年ほど前、単身赴任で見知らぬ土地に引っ越してきました。

今まで住んでいた都会に比べて自然も多い土地で、時間もゆっくり流れるような場所でした。にもかかわらず、自分の部屋でどうしてもぐっすりと眠ることができず、なぜか日に日に身体に疲れが溜まっていくようになっていました。
霊感のある方に部屋を見てもらったところ、とくに悪いものはついていないが、強いていうならば気の流れが行き詰まっているというアドバイスを受けました。
部屋の気の流れを良くするためには風水に習ったインテリアの配置をするといいと聞き、さっそく試してみたのです。

まず、リビングで一番大きなソファの配置を変更しました。ドアの入口から窓のまでを一直線に結ぶ空間は、邪気の通り道と言われているそうで、それまではその線上にソファを置いてあったのです。
ソファの配置を壁際に移動させました。これによって邪気が外へと流れ、さらに良い運気が逃げないのだそうです。
また、カーテンの色をグリーンにしました。これは陽の光による強すぎる気を柔らかく遮る効果があるそうです。風水は色彩心理学にも基づいてるようで大変驚きました。

占いでアドバイスを受けてもその場しのぎに過ぎませんが、風水は生活スタイルそのものに役立つので、常に安心が目の前にあり、今では快適に過ごせています。

タロット占い

いつの時代も人は自分の未来や運勢を知りたがるものです。何か災難があるのであればそれに備えておきたいし、良いことがあるのであればそれに合わせて今できる努力を精一杯やりたいと誓います。

そのような運勢や運命を自らの選択によって知ることが出来るタロットは、数ある占いの中でも大変ポピュラーで、その人気が衰えることはありません。

タロットのルーツは諸説あり、イタリアでカードゲームとして誕生したとか、古代エジプトから魔術師によって使われていたなどと、ミステリアスなエピソードも多数存在します。それが尚更人類に知られるべくして知られたカードという印象を与え、タロットをモチーフにした小説などが多くの人に愛されたことから世界中に広まりました。

タロットは魔術師や幻想というファンタジーな要素を含みながら、そこで導き出される答えは人間関係であったり、理にかなった心理状況の分析判断だったりします。また仕事や経済活動、技術や才能、健康までも幅広くカバーしていることから、知りたい答えが見つからないことがないというのが魅力のひとつでもあります。生きるヒントとしてメッセージを受け取ることは、人生を好転させるきっかけになるかもしれません。

タロットカードの種類や占いの種類

タロットカードの種類や占いの種類

タロット占いに使う小アルカナのそれぞれの意味

タロット占いに使う小アルカナのそれぞれの意味


■タロット占いの体験談

体験談:女性私は占いそのものに悲観的でした。タロットといっても、子供だましのカードゲームと大差はないだろうと思っていたのです。
しかし、タロットは他の占いと大きく違うところがありました。

通常は自分の状況や情報を鑑定士に話すことで統計学的に答えを導き出したり、鑑定士の判断でアドバイスなどを行います。いわばカウンセリングのようなもので、そこで得られるメッセージが本当に有意義な意味を持つのか、疑問でした。

しかし、タロットを使った鑑定士は私にこう言いました。

「このカードは人を幸せに導くためのツールに過ぎません。あなたを恐怖に陥れたり、逃れられない地獄に落とすためではありません。いかなるカードを引いても、あなたの選択によって導き出された運勢に対する最大限のアドバイスがすべてに用意されています」

私はなるほどと納得しました。
今まで自分の選択によって良くない結果が起きたとき、選択した過去を悔やむばかりでした。しかしタロットを行うことで、引いたカード、つまり自分の選択の結果から逃げずに、そこでどう人生を好転させていくか、考えることができるようになったのです。
長い歴史の人々の知恵が詰まった、人生の羅針盤とも言えると思います。

レイキヒーリング

 レイキヒーリングとは、その名前から占いの一種であるように思われがちですが、占いではありません。

人間がもともと持っている自然の気や自然のエネルギーといったもので、誰もが必ず身体から発しているものを、レイキと呼んでいます。そしてこのレイキを利用して、身体の不調などを改善するきっかけを与える施術のことを、レイキヒーリングと言います。

これは一見気功と同じように感じますが、気を利用するという部分では同じですが、実は両者には大きな違いがあります。
気功は、自分の中にある気を使って、患者の怪我や病気を治すことを目的として、気を相手の体内に送り込みますが、レイキヒーリングでは直接的な治療を目的としていません。

レイキヒーリングの考え方は、病気やケガをしているとき、または精神的に落ち込んでいるときなどには、これらを回復しようと体内の気をどんどん使用して、足りない状態になります。通常であれば自然界からこの気を取り込んでいるのですが、不調があるときには上手に取り込むことができていない状態にあります。
そこで施術者は、自分の気を送るのではなく、自分の身体を通して自然の中にある気を流し込み、取り入れやすい状態を作ってあげるのです。そのことによって自己免疫力などを活性化させるきっかけとなるのが、大きな特徴です。

このように、占いではなく、自分のもともとある力を取り戻すきっかけをもらうレイキヒーリングですが、日本が発祥にも関わらず、世界でも反響を呼んでいます。特にオーストラリアでは盛んに行われていて、資格制度まで存在します。

■レイキヒーリングの体験談

体験談:女性私はオーストラリアで一度レイキヒーリングを施術してもらいました。

施術者はイギリス人で、オーストラリアに移住した女性だったのですが、彼女が民泊をやっていて、泊めてもらっていたのです。
山の中腹くらいにある大きな家で、周りには自然が豊かで朝にさまざまな種類の鳥の鳴き声が聞こえるような、解放感溢れる場所でした。
そんな家のベランダ側に置かれたベッドに横たわり、ヒーリング音楽を聴きながら施術が始まりました。最初は仰向けになり、彼女が頭の方から徐々に手を浮かした状態で当てていくのですが、目をつぶり手は触れられていないにも関わらず、手をかざしている部分が温かく感じられるのです。頭から胸、お腹、足へと下がっていくにつれ、身体全体が温かくなっていきました。
そして更にうつ伏せになり、同じように身体に手をかざしていきます。

一時間くらいかけて施術が終わった時には、身体が少しだるいような感じがして、でもすっきりとしているのです。それまでに感じたことのない、不思議な体験をしました。

除霊・霊障・浄霊

 理由も解らずに、体調が悪くなったり、何をしてもうまく行かない時は占い師にみてもらうと良いでしょう。霊障が原因とも考えられます。

霊障とは、「障」の字が使われている様に、霊による何らかの「さしさわり」です。自分ではなかなか気が付かないでいても他人から見ると明らかに違いが出ていて、憑依によっては性格が変貌したりします。 日常生活の中で大きな不具合、支障をもたらします。

霊感が強い弱いに関わらず、憑依は起こり得ます。除霊・霊障・浄霊を正しく理解して、対処しなければいけません。

浄霊は霊を浄めてあげる事を言います。霊イコール悪とは言い切れないので、霊を落ち着かせる事で良い方向に向く事もあり得るのです。

一方、除霊は文字通り、霊を取り除くことを指します。浄霊をしても霊が落ち着かない場合の手段手段として除霊する事になります。

しかし、霊障を見極めて、浄霊や除霊をするのには甘く考えていると、かえって霊の反感を買う事になり、事態が悪化する事が懸念されます。霊的に能力を持った人に相談してみるか、思い当たらない場合には神社仏閣、教会などを訪ねてみるのが良いでしょう。
除霊・霊障・浄霊といった事象には偏見や、誤解を持たずに向き合えば、不安や恐怖から解放されるでしょう。

■除霊・霊障・浄霊の体験談

体験談:男性当時同棲していた彼女は35才のバツイチでした。
性格は性格はさっぱりしていて、言葉遣いも丁寧な優しい子です。お酒も弱く、コップ一杯のビールも飲めないくらいでした。

しかし、付き合い始めて、半年ほど経ったある日。帰宅すると、ウイスキー瓶を片手に酒を飲んで荒れている彼女がいました。言葉遣いも汚く、目付きも違います。あまりの変貌ぶりはホラー映画の様でした。
尋常では無いと直感した私は懇意にしていた霊感の強い占い師Aに相談し、家に来ていただきました。占い師Aは家に入り彼女を見るなり「憑依しているね」と私に耳打ちし浄霊を始めました。浄霊という言葉は聞いた事はありました。

彼女の手を握り名前を聞きます。
私の知らない名前を答えます。既に彼女は別人格になっています。
その後、憑依した訳を霊に対して尋ねると「この男に一旦憑依してこの家に来たが、彼女の方が思うままに支配出来そうだから乗り移った」と答えました。

Aは憑依した霊に、あなたは既に死んでいるので、自分の事を理解しないといけない、成仏出来ないのなら、手助けしてあげるから、わるさをしてはなりません」と諭したのだが、聞き入れません。
すると、Aは私に塩を用意させ、彼女に振りかけます。
苦しみ出した彼女の背で十字を切ると呪文を唱え強く肩を叩くと、彼女は脱力して倒れ込みました。除霊出来たようです。

以後、彼女に変わった症状は出ていません。オカルト体験は最初で最後。今後出ない事を祈ります...

アニマルコミニュケーション

 アニマルコミニュケーションは、テレパシーを利用して動物や大切なペットと話をすることができます。

家族同等のペットがいても気持ちが全く読めないという飼い主さんも多いのではないでしょうか。
どうしてこんないたずらをするのか、今ペットは喜んでいるのか。
など知りたくても知ることのできなかったペットの心を読みとって会話をする方法が、アニマルコミニュケーションです。

アニマルコミニュケーションは、占いのひとつの方法としても話題を集めています。
現在、アニマルコミニュケーションを利用して鑑定している方は、ペットの写真や名前、性別、ペットに聞きたいことを伝えるだけでペットとコミュニケーションを取ることも可能です。

ペットの気持ちを読む事だけかと思われがちですが、実際にはペットの情報を通じて
飼い主の事を占うことも可能です。

基本性格をはじめ、これからの恋愛の行方、さらにこれからの未来についてなど自分自身の知りたいことを鑑定してもらう事も可能になります。

このアニマルコミニュケーションはペットは、生後半年以上たっており、飼い主と暮らして半年以上の期間が経っていることが重要と言われています。
また、生きている動物だけでなく、既に亡くなってしなっているペットと話ができるのもメリットと言えるでしょう。これは霊視にも通ずる手法です。

■アニマルコミニュケーションの体験談

体験談:女性先日、電話占い(ライブチャット機能)のアニマルコミニュケーションを利用して占ってもらいました。
それまで占いなんて全く信じていませんでした。
自分の人生は、誰かに判断してもらうものではない。自分で切り開くものだと思っていたからです。

しかし、大好きな彼に別れを告げられてしまい自分のこれからの人生なんてどうでもいいと思っていた時、私の心を癒してくれたのが飼っているパグでした。
大切なパグと話ができたらいいのに。こんな気持ちがありましたが、そんなことは夢でしかない。
そう思っていたところ、ペットと話ができるアニマルコミニュケーションを知りました。

アニマルコミニュケーションを利用すれば、ペットや動物と会話ができるとのこと。
失恋で心がズタズタになってしまっていた私は、すがる思いで試してみることにしました。
自分が飼っているペットの名前、生年月日など簡単な情報を占い師に伝えただけでしたが、鑑定結果は驚くべきものばかりでした。
今までの私の人生を言い当てただけでなく、これから先に未来まで予言してくれました。
何よりもいつも一緒に生活しているパグが、今どう自分のことを思ってくれているのか、今の私、これからの私に言いたいこと。そして心配して必死に寄り添っていてくれた事。

ペットの大切さを知ると共に、今後の方針も観えてきたので大変満足しています。
ちなみにパグちゃんは実家から連れてきた老犬ですが、やたら当時の彼氏を警戒していたのを覚えています。

インナーチャイルド

 インナーチャイルドとは、自分の中の幼い子供、つまり自分の中にある小さな子どもということです。

例えば何らかの過去の嫌な思い出、幼いころにあったつらい経験などを癒せないまま大人になるとそれが精神的な歪みのもととなり、人生での大きなトラブルを引き起こすもととなることもあります。

このため、占いではそのような自分の中の子供、つまりインナーチャイルドに原因があることを突き止め、同時に自分の中の過去の傷を癒やすということです。占いはヒーリングなどの効果も持っているため、自分の過去やつらい経験、小さい子どもを癒やすということもできるのです。

これはヒーリングなどで使われていますが、精神医学用語ではありません。ただ、精神的に辛い時などにヒーリングを受けると、心が癒やされるという効果があります。また、過去に精神的に辛く考えたりすることがあれば、その原因を突き止めることもできるでしょう。

ただし、このインナーチャイルドを癒やすためにはかなりいろいろな工夫が必要になり、技術力なども必要になります。
経験豊富なヒーラーや資格を持ったセラピストにカウンセリングなどで癒やしてもらうことで、心のなかについていた癖などが取れていくのです。

このため、電話占いでは、「聞き上手」の占い師や占術を有した方ではなく、資格を持ったカウンセラー(セラピスト)も在籍しているところがあります。

■自分で行う方法

基本的には第3者によって行うことですが、自分でもインナーチャイルドを癒す事が可能です。

気持ちの面からは、過去に受けた教育や日々聞かせられていた言葉を思い出してみましょう。
大人になった今であれば、その間違いや誤解に気付く事ができるかもしれません。

そして親や親の代わりに育ててくれた人々の愛に気づく事も大切です。
ここで注意が必要なのはネガティブな事(思い出、言葉)を追求せずに、良い事を思い出し、再確認する事が大切です。

行動面からの癒しは、自分自身を抱きしめる、泣く、笑う事があげられます。
泣いて涙を流すことで、ストレスの解消にもなります。

■インナーチャイルド占いの体験談

体験談:男性インナーチャイルドというと、正直胡散臭いものだと思っていました。私は過去に辛いことなど無かったからですね。

でも、ここ数年出会う異性でまともな人がおらず、どうしてこういう人ばかりに惹かれるのかの理由がわかりませんでした。そして出会いの運もないし、付き合ってもどうもうまくいかない、人によっては暴力をふるおうとしてきたりと、ろくなことがありません。

このため、どうしてこうなるのか占ってもらったところ、とあるヒーラーの方に「あなたの中のインナーチャイルドが怒っている」といっていました。
小さいころにあったいらだちが未だに関係しており、異性との関係でもうまくいかない、幸せになるのに適さない人を選ぶという傾向があるのだそうです。
占い師の人が言うには、そのインナーチャイルドを的確に癒すのと同時におまじないで新しい縁を連れてくるようにしないといけない、ということがありました。

このヒーリングは毎週行われて、私は時に過去のことを思い出したりしていました。

そしてある時ピンときたのが親のことです。親は仕事熱心でしたがどちらも家庭的ではなく、連休なども一人で過ごすことが多かったのです。
その分友人同士で過ごしたり親戚のところで過ごしていて、でも本当は寂しかった。そういう気持ちが今の異性選びに出ているのだそうです。

ペンデュラムダウジング

 ペンデュラムとは「振り子」のことです。この振り子の揺れ方によって「YES」「NO」の判断をする占い方を、ペンデュラムダウジングと言います。

ダウジングで占うときには抽象的な質問は向いていません。
例えば、恋愛について占うとき、「運命の人にはいつ出会えますか?」という質問では的を射た答えが出ません。

「明日の合コンに行ったら、ステキな人と出会えますか?」「あの人からの告白を受けるべきですか?」など、YES/NOで答えられる質問をするようにしましょう。

ペンデュラムダウジングは、「自分が一番知りたいことを探す占い方」だと言われます。
まず質問を探すことが正確な答えへの第一歩となります。そのため、自分が知りたいことが定まっていない場合には、的確な答えが出ません。なんとなく、の質問では、不明確な回答しか返ってこないのです。
なかなか要領を得る答えが返ってこないときには、質問が的確かどうかを考えてみてください。
「昨日連絡先を交換した人の中で、付き合うべき人はいましたか?」と聞いて上手くいかなければ、「昨日連絡先を交換したあの人と付き合うべきですか?」と対象を小さくしてみるのが最も効果的です。
一番知りたいことは何か、自分自身明確にしてみましょう。

解説
丁か半か とてもシンプルな答えなので、占い師側はとても楽かと思いきや、質問内容をしっかり誘導してあげないと、いつまでたっても答えが出ない事もあるそうで、技術と経験は必須なようです。
■ペンデュラムダウジングの体験談

体験談:女性ペンデュラムダウジングは、かなり精度の高い占い方だと思います。実際にそれが当たるというのもありますが、YES/NOで答えが明確に出ることが気に入っています。

自分で思っている以上にはっきりと、これがいい、これはだめ、というのが現れます。振り子を自分で揺らしているのではないか、という懐疑的な思いはもちろん出てくるのですが、手を全く動かしていなくてもきちんと答えは出てきます。

実際のところ、ペンデュラムダウジングでは無意識のうちに手を動かしているのだそうです。
自分はすでに答えを知っているけれど、それを認めることができない、認めていいのだろうか? と迷っているときにこそ、この占法は力を発揮します。

最初は簡単な質問から始めました。「わたしの名前は○○ですか?」この時の動きで、YES/NOのサインを決めます。「今日はいい日になりますか?」「週末のデートに着て行く服はこれがいいですか?」とりとめのない質問でも、なかなかどうして、毎日やっていくうちに面白くなっていきます。

占いでなにかを決めるのはなんとなくばかばかしいように思えますが、実際のところ、決めているのは自分自身です。これによって決めるのではなく、自分の意思確認として使うのが一番いいと考えています。

インスピレーションカード

「インスピレーションタロット」とか「インスピレーションオラクルカード」という占術があります。これはいったい、どういうものなのでしょうか。

インスピレーションは、占いでは主に霊感のことを指します。タロットカードやエンジェルカードをはじめとするオラクルカードを使って、霊感によってそのカードから発せられるメッセージを直感的に総合的に読み取るのが、インスピレーションカードです。
そのため、一般的なタロットカードやオラクルカードと違い、決められたそれぞれのカードの意味をひとつひとつつなぎあわせて鑑定結果を出すわけではありませんので、占い師によって違った結果を伝えることがあります。

霊感の鑑定師は、カードがなくても占うことができる人がほとんどですが、自分の霊感を確かなものにするために、タロットやオラクルなどのカードを用いて、インスピレーションカードを占術としていることが多いのです。

直感的な能力を使って占う方法なので、自分でもあまり意識していなかったような心の奥底に眠っている思い、トラウマ、過去の出来事などをリーディングしてゆきます。

単なるタロットやオラクルカードだけではわからないような事柄に対しても、インスピレーションカードであれば、カウンセラーの霊感によって見えてくる場合も多くあります。

■インスピレーションカードの体験談

体験談:女性以前、インスピレーションタロットカードの鑑定を受けました。霊感の占い師ということでしたから、カードを使うということにはじめは驚きましたが、タロットカードを使ってインスピレーションによって鑑定結果を伝えるという説明を受けて、納得しました。

鑑定はなんとなく抽象的な結果であまり納得できないもので、「お金払って損したかなぁ」と思っていました。しかし鑑定から2週間後、インスピレーションカードで受けた結果と同じ出来事が目の前にやってきたのです。

私が鑑定してもらったのは、同じ職場に勤める男性への片思いについて。インスピレーションカードでは、「彼は自分の道を自分の力で這い上がっていくようになり、近い将来あなたとは少し距離ができる」と言われました。

彼は努力の人なので、仕事でも認められようと一所懸命頑張っているのは知っていました。ちょうど私が鑑定してもらった頃に、彼の上司が入院をしてしまい、それをきっかけにそのポジションを狙って彼は必死に会社や周囲にアピールをして認められ、まだ「代理」ではありますが昇格しました。今までは同じ立場の平社員として働いていた彼が、思いがけず昇格したことで、話しかけにくくなってしまい、飲みに行ったりする回数が減ったのです。

彼が昇格した時は、インスピレーションカードのすごさを知った瞬間でした。

エンジェルオラクルカード

 エンジェルオラクルカードとは、タロットカードに似た形の美しい天使の絵柄が描かれているカードであり、そのカードを引いた人にメッセージを伝える役割をします。

占いで使われるタロットカードとは意味が違うもので、天使からのメッセージというところが大きな特徴です。占いに使われるカードには、何枚かのネガティブな意味のものも含まれていますが、エンジェルオラクルカードはすべてが優しいメッセージで、その絵柄を見ているだけでも癒される、スピリチュアルな面で引く人をサポートしてくれるカードです。
その種類も多く、特に天使の存在を信じる人は何種類も持っているといわれています。

美しい天使の絵は女性好みでもあり、朝、エンジェルオラクルカードを引き、そのカードをお守りがわりに持って歩けば、天使に守られるとも言われています。第三者に天使のメッセージを伝えてもらう必要はなく、エンジェルオラクルカードの箱には、必ず一枚一枚のカードについて、天使からのメッセージとその意味が書かれている本がついています。そのメッセージを自分なりの解釈で受取ることができます。その時の気持ちにぴったりのカードが目の前にあらわれることが多い、不思議な力を持つカードです。

■エンジェルオラクルカードの体験談

体験談:女性私がエンジェルオラクルカードに出会ったのは、有名な大きな書店ででした。

その日は仕事のことでとても悩んでいて、友達と会い、相談にのってもらっていました。一通り話をした後、友達が「不思議なカードがあるんだよ」と言って、大きな書店の一角の精神世界の本が並ぶコーナーに連れて行ってくれました。
そこには見本として何種類かのとてもきれいな絵の箱が置かれていました。
友達が「好きなカードを引いてみて」と言って差し出したので、なんとなく気に入った箱を選んで、その中のカードから一枚を引きました。

今でもはっきり覚えていますが、オレンジ色のとても優しい女性の横顔でした。
そのカードからのメッセージは「あなたには今、癒しが必要」というメッセージでした。疲れ切っていた心にじんわりとしみてきて、涙が出そうになりました。

購入するときのポイントを友達に聞くと、自分が直感的にいいなと思った絵柄のカードを選べばよいとのことでした。私は大天使が描かれているエンジェルオラクルカードを選びました。占いとは違い、毎日このカードを引いていることで天使を日に日に身近な存在に感じるようになり、守られているような感じ、孤独感が薄れていく感じがしました。

オーラ診断

 人はそれぞれ違うオーラを持っています。「この人は、何か独特なものを持っている」と感じるのは、無意識に相手のオーラを感じているからです。

オーラは色で識別されますが、1色ではなく、複数の色が混ざっているのが特徴です。メインになるのが4色あり、そこに赤、橙、黄、緑、青、藍、紫、白の8色が基本の色となっています。この8色が混じり合って、さらなる色を醸し出します。

普段の生活の中でも、説明できないけれど、なぜか相性が合わないと感じる人がいるものです。それは、オーラが大きく関係しています。相手のオーラと自分のオーラがうまく混ざり合わないと、犬猿の仲になってしまうのです。

また、このオーラ診断を利用して、気になる彼との相性占いをすることが可能です。どうして彼とうまくいかないのか?彼のオーラが好むものは?自分のオーラが発する魅力は?そういうことを詳しく探り、恋を成就するための方法を探るのがオーラ診断です。

さらに、オーラは磨くことができるのも忘れてはなりません。今現在、うまくいっていない場合でも、ちょっとした工夫と努力でオーランの持つ本来の力を強化させることも可能。それを知るためにも、オーラ診断は役に立つ占いです。

■オーラ診断の体験談

体験談:女性私は、これまでに様々な占いを経験しています。星占いを始め、姓名判断や数秘術、手相、タロットなど経験しましたが、私の知りたい結果にたどり着くことはありませんでした。

そういう時に紹介されたのが、オーラ診断です。
オーラという言葉は、「あの人って、オーラがあるよね」などという表現で何となく知っていました。でも、自分自身にオーラがあるはずもなく。友人に勧められるまま、遊び半分で試してみたのです。
その結果、この世に存在するすべての人に、何かしらのオーラがあると知りました。さらに、オーラの種類によって、楽観的か悲観的か、モテモテかそうでないかも分かるとか。
一番重要な、彼とうまくいくオーラかどうか?ということも、オーラ診断で分かるということでした。
確かに、色の組み合わせでステキだと感じることもあれば、合わないと感じる色味もあります。そういうことを知ることで、アプローチの仕方や自分の今後の努力の方向性が分かると感じました。

実際、オーラ診断の結果をもとに、それまでとは異なる自分磨きに力を入れることにしたのです。そうすると、それまでまったく興味を抱いてくれなかった彼が、話しかけてくれるようになりました。

オーラ診断で、スランプ状態から脱することができた気がします。

オラクルカード

 オラクルカードとは、占い用のカードのことです。「オラクル」というのは、「神託」、つまり「神様のお告げ」を意味しています。

カードには、一枚一枚に象徴的な絵柄とメッセージが書かれています。
絵が描かれていることから、タロットカードと比較されることがありますが、オラクルカードからはよりシンプルな、直接的なメッセージを受け取ることができます。そのため、解釈することが必要ありません。ただただ、カードに書かれたメッセージを享受するだけでよいのです。

オラクルカードには、ネガティブな想像を掻き立てるような絵柄がないことが多いこともポイントです。カード自体が前向きに、もしくは心を落ち着かせるようなメッセージを発信してくれています。悩みを優しく抱き留めてくれたり、進むべき道を明るい光で照らしてくれるような、そんな言葉をかけてくれるため、安心して占うことができるのです。

占うときには、規定通りに並べたカードからの結果の他に、飛び出したカードや、何度も出てくるカードから、メッセージを受け取ることもあります。
そんなときには、それが自分に必要な言葉なのだと受け止めてみましょう。書かれている言葉は一様ですが、きっと、はっとするメッセージを受け取ることができるでしょう。

■オラクルカードの体験談

体験談:女性わたしが選んだのは「シャドウ&ライト」というデッキです。
多くのオラクルカードは、天使や妖精、人魚など、キラキラと光り輝く登場人物で構成されていますが、なんとなくそれらが自分には合わない、明るすぎるもののように感じていました。

シャドウ&ライトのデッキは、心の影の部分に焦点を当てたカードで、影があるからこそ光があるよ、というメッセージをくれるものでした。
このオラクルカードで占いをすると、心の「影」を一旦認めてくれた上で、そのあと「光」はこちら側にあるよ、と教えてくれたのです。

具体的なことは書けませんが、「今は解放されたいと思いながらもしがみついているでしょう?
 でも、そういうのが嫌で変わってきたんだよね?
 休息が欲しかったから思い切ってやったのだし、それはちゃんとあるから、だからそれを得ていいんだよ。
この先も、そのままで大丈夫、それがあなたに必要なことなんだよ」
という言葉をかけてもらいました。甘い言葉ばかりをかけられても反発したくなるし、厳しいことばかりでは自己嫌悪に陥ってしまうような面倒くさい性格ですが、このオラクルカードで占ってもらうことで素直に自分の中のわだかまりを消化することができたように感じます。

スピリチュアルリーディング

 スピリチュアルリーディングとは通常の占いとはまったく異なるものです。
占いが姓名、生年月日、血液型など、個人情報を元に、その人の性格、過去、未来などを読むものであるのに対し、スピリチュアルリーディングは、ある特殊な能力を持つ、ヒーラーもしくはスピリチュアルカウンセラーにより行われるものです。

その人のオーラや、気、または一般人には目に見えないものがヒーラーには見えていてそれを言語化することによりセッション(施術)が行われます。具体的な悩みを相談するというよりは、その人の過去世などに触れてその内面を癒します。

そもそも「スピリチュアル」という言葉は魂、霊魂、精神など、人間の心の深い部分を指す言葉です。ヒーラーと呼ばれる施術者は、相談者の体に触れたりしなくても、たとえ対面していなくても遠隔ヒーリングという形で相談者の心を癒すことができます。
ここが一般のカウンセリングなどとは全く違うところです。
概ね60分程度のリーディングを行い、ヒーラーによっては、それを記録したり、録音することを希望すると快く応じてくれます。宗教的な要素はあまりなく、ヒーラー本人の能力の高さがスピリチュアルリーディングの精度の高さになります。

■スピリチュアルリーディングの体験談

体験談:女性私がスピリチュアルリーディングを受けたきっかけは、家庭内のゴタゴタをなんとかしたいという気持ちからでした。

友達のお姉さんがスピリチュアルリーディングを受けて、とても気持ちが楽になり、何度か同じヒーラーさんにお世話になっているというのを以前聞いていたので、すぐその人にお願いしようと思いました。

友達のお姉さんはご主人が突然亡くなったことで、心の整理ができず、占いではどうにも解決できない、なんとかご主人が自分に何か伝えたかったことを知りたいという切実な思いからだったと聞きました。
その時に、目に見えない世界が見えて、それを伝える能力がある人がいるのかということにびっくりしました。
私はやはり、いろいろな解決法を試みたにも関わらず、家庭内に次から次に起こる問題に頭を悩ませていましたので、実際にヒーラーさんに会っただけでほっとしたのを覚えています。

こちらを包み込むような温かい雰囲気の方でしたので、安心して自分のことを話すことができました。こちらが何も個人情報を話さなくても、目の前のヒーラーさんがまるで言葉がどこからか降ってくるかのように淀みなくメッセージを伝えてくれ、亡くなった父のメッセージも伝えてくれました。
これは占いにはない、スピリチュアルリーディングでなくては不可能なことだと思いました。

ソウルメイト占い

人間は必ず誕生と死を迎えます。
そしてあの世に行った後、再びこの地上に生を受けます。すなわち、人間は転生輪廻を繰り返す存在者なのです。

その際、生まれ変わり、死に変わり、必ず人生のパートナーを得ることができます。
専門的に言えば魂の伴侶と言い、現代的なスピリチュアルな用語では、ソウルメイトと呼びます。

男女は魂の片割れを探し、見つけ、結ばれます。
また、このソウルメイトは、どれだけ転生を繰り返しても、必ず同じ人に出会い、恋に落ち、恋愛を経て生涯を共に歩むことができます。

ところが、このソウルメイトは、目印がないので一体誰がそうなのか分からない時が多いです。
一番確かなのは、占い師の先生のところに行って実際に占ってもらうことです。
また、ご自分で判断のヒントとしては、以下のようなものがあります。

1.一緒にいると落ち着く、または優しい心になれる。
2.長所だけでなく、短所も分かり合っている。
3.人生の価値観が同じである。
4.お互い夢を持っている。
5.話し合い、相談を良くしている。
6.一緒にいることで生活がスムーズになった。
7.会話では、愚痴や不満よりうれしい話や未来の夢を語っている。
8.そして今まさに人生の分岐点、またはターニング・ポイントに立っている。

上記のような項目にほとんどすべて当てはまっているのが、ソウルメイトです。
これらの相手を見つけ出すのが「ソウルメイト占い」といったものになります。本当の相手、運命の相手はいったいどこにいて、どこで出会えるのか。そしてどんな方なのか。
結婚運診断の面も持ち、霊視の面も持ち合わせた占いなのです。

■ソウルメイト占いの体験談

体験談:女性出会って当初は運命の出会いを感じ、両思い。トントン拍子で付き合いまで進みました。

しかし、結局半年で当初の熱い感じが減り、喧嘩が絶えなくなり、別れも考えだしました。
この人は本当にソウルメイトか、と悩みだし、銀座の占い師の先生に診てもらいました。
先生が言うには、確かに本物だが、あまりお互い我を主張しすぎないように、とアドバイスをいただきました。それからしばらくしてから、私がよけない事を言わないように「言わぬが花」という先生の言葉を実践していきました。

結局、私達の関係は丸く収まり円満です。
あまり運命を感じ過ぎる出会い方は、付き合ってから関係修復の努力をせずに破たんしてしまう事が多いそうです。
その相手がソウルメイトかは分かりませんが、占い師の云う「運命の相手」であったとしても、お互い思いやる努力をしなければ簡単に終わってしまうそうです。
人と人との関係は相性が良い程、継続する努力が必要なのかもしれません。

ヒーリング

 ヒーリングとは、霊視能力などがある方が行うことが出来るものであり、例えば念の能力なようなもので、相手、対象者に向かってこのようなヒーリング、つまり癒しの波動を送るというものです。

対象者については、目の前にいる対面している相手。
その他、インターネットでやり取りをしている特定の相手に向かって、念の能力、または霊視能力などを使って、相手を特定し、波動を送るというものです。なので電話占いのサービスとしても成立できます。

こちらのヒーリングについては、占いなどで使われることなどもあり、良くない結果が出た方に対して、有料または無料のサービスとして、行うこともあるもので、対象者がこちらのヒーリングを受けた場合には、心と体がとてもぽかぽかとする、とても気持ちが良くなるほど心が安堵する、このような状態になります。
同時にとても効果が効きやすい人であれば、大変眠くなる感じを味わうこともあります。

または写真を使って、霊視能力と同時に、特定の相手に対して、このような念能力などから、写真から対象者を見つけ、波動を送る、このような方法を使っている占い師さんもおられます。

どちらにしろ、かなりの霊視能力などの超能力に近い形の能力がなければ出来ない方法であり、とても難しいものです。ただ、とても効果がある方法として知られています。

■ヒーリング(占い)の体験談

体験談:女性前世占いをしてもらったことがあった時に、とても恐ろしい結果が出ました。

これは、私自身、とても驚いている結果なのですが、あまりに残酷な前世、悲しい前世があったため、現世でもそれがトラウマになっており、酷い恐怖心が出ていることが分かりました。

誰に聞いても、分からない、ある特定のものを見ると、恐怖心で過呼吸になるほど、酷いトラウマがあったため、前世占いをご依頼させていただいたのですが、その際に、結果があまりに悲しいものであったため、サービスとして、ヒーリングを無償で行ってくださいました。

そのときには、ヒーリングをしていただいた後から、とても涙が零れ、心が癒される感じがとてもしました。それと同時に、過去の情景などが見えると同時に、酷く悲しい辛さ、痛みが和らいでいく感じを体験しました。

あのような部分については、正直なところ、あまり信じていなかった分野なのですが、本当に、とめどなく涙が出てしまい、心と体が癒され、とても優しい気持ちになれたこと、また同時に、過去の辛さが和らいでいくことを感じました。

普段は安眠が出来ない体質なのですが、その日はとても安眠をすることが出来ました。

とても不思議な体験をしました。

ルーン占い

 ルーン占いとは、ルーン文字が刻まれた石や小枝、カードを使って今知りたいことの答えを探っていく方法です。
紀元1~2世紀の古い時代から存在していた占術で、北ヨーロッパのゲルマン民族が使っていたものだと言われていて「ささやく」という意味のある占術です。

カテゴリー的には朴術(ぼくじゅつ)に該当し、タロットカードと似た雰囲気の占術だといえる。
その方法も複数あり、タロットカードのように出たものを読み取っていく「スプレッド」という方法があります。タロットカードであればシャッフルをしてカードを選び、読み取っていくのですが、ルーンの場合はバックに刻まれたものを入れ、そこから一つずつ取り出し並べていくとい手法を摂ります。そして、出てきたものから答えを読み取っていくという占い方をするのです。

タロットと似たこの方法とは別に、「キャスト」という方法あります。
これは、ルーンを出してただ置くのではなく、軽く投げてみるのです。その結果、どこに落ちたのか、そして向きはどうなっているのか、裏返ったりしているのかというようなことを観察し、答えを探し出していく方法となります。これは、他の占術とは違う特殊なものだといえるでしょう。

■ルーン占いの体験談

体験談:女性私がこのルーン占いを体験したのは、恋愛がうまくいかず、どうしたらいいのかわからなかったときです。たまたま知り合いの占い師さんがこのルーンを使っての鑑定をしていたため、鑑定をしてもらうことが出来ました。

彼の顔を思い浮かべつつ、ふくろからルーンを取り出し、そこから今の恋の状態やこの先どうなっていくか、その対処法など事細かに知ることもできたことは今でも鮮明に思えています。なによりも、相手の行動がその通りに言ったのには驚きました。

また、この時使ったのは水晶でした。そのためか、触れているだけで気持ちが楽になって行く不思議な感覚もありました。
さらに占い師さんがいうには、これはお守りにもなるということを教えてもらいました。恋愛成就に有効なものを小さい袋に入れて持ち歩き、助言された通り彼にアピールをしていったことによって、最終的に彼と付き合うこともできました。

タロットカードこそ今主流であったりわかりやすく作られていますが、このルーンがあらわす「ささやき」も耳を傾けることで道が見えてくる気がしました。パッと見ただけではわかりにくい24の文字たちなのですが、それは私に勇気と強い意志、そして明るい未来を照らしてくれたように思えました。

家相占い

家相とは手相とか人相、骨相などと同じように占い、統計学の一種で、住む家の相をみることを言います。あるいは風水などとセットで家相を見るなどと言います。

具体的には方角がメインになり、東西南北を12にわけそれぞれの方角にあるべきもの、またはあってはならないものをしめし、その家に住む方の不幸を避け幸運を呼び込むお手伝いをするものです。家の建っている場所も家相のうちにはいるかもしれません。

三角の土地は良くないとかネズミ小路は避けるべきだとか、迷信めいたものだけではなく、現実的に理由のあるものも多いです。
また、長方形、正方形の家でなく、どこかの方角に欠けがあったりする家もあると思いますがそれもまた、家相ではよかったり、そうでなかったりしますので、調べる際には意識したほうがいいかもしれません。

方角では北東を鬼門、南西を裏鬼門と呼び、あってはならないものや置くと良い物などが制限されやすいです。まったく気にしなくても生きていけますが現実になにかあったりするのは嫌だと占いのように、専門の方に見てもらうこともあるようです。

できれば幸せに暮らしたいのはみなさん同じだと思うので、本やネットでも調べられますから参考になさると良いと思います。

■家相占いの体験談

体験談:男性以前の実家は5LDKの2階建てで家族6人で住んでいました。

1階に私たち4人家族2階は祖父母の使う部屋があり、2階とも北にトイレがあり、風呂場も北、北東に台所が1階2階共にあり、南西の家の外にごみが溜まり易い受けがある水道がありました。

北東は鬼門、南西は裏鬼門といい、あってはならないものが制限されやすい方角ですが、まさにその方角に水場がありました。さらに斜めの土地に盛り土をして建てた家だったのですが、他所に住みながらまだ若かった父が建てた家だったので、甘くみられたのか地鎮祭をきちんをせずに放置してしまったようです。
祖母が認知症とパーキンソン病にかかり、父は転勤が多く他人のしりぬぐいで降格されたり、母は弟を生む時両方助からないことも覚悟してくださいと言われるほどの難産で、なんとか助かったあとの輸血した血が悪く、病気を繰り返し、私もおかしなものを家の中で見る事が多く、占いに連れていかれたりしました。

家相をみてもらったところ、さらに鬼門に漬物樽があり、その樽にカビが生える頃にはご主人の命が危ないと言われました。家相でしてはいけないことを全てしていた家だったのです。出来る限りの事は全てしましたが、全ては改善されず、結局同じ町内に風水も家相も完璧に専門家に見てもらった家を建てた経験があります。

四柱推命

 中国で陰陽五行説をもとに作られ発展したのが四柱推命です。
日本には江戸時代に入ってきました。
生年月日と生まれた時間でその人の宿命を占うことができます。

四柱推命で占うことができるのは、その人の生まれ持った素質や能力・才能だけでなく、それぞれの人が経験や努力をすることによって変わっていく後天的な運命を精密に鑑定することができるため【占いの帝王】または【中国占術の王】と呼ばれています。

「その人が生まれながらにして持っているもの」を宿命とし、「自分の力で変えてゆけるもの」を運命としますが、その両方を鑑定することができるのが四柱推命で、東洋占星術の中では抜群の的中率を誇っています。

■四柱推命で占える事

■天性の資質、才能や生まれ持っての性格、体質

■自分に合った職業、追求できる分野

■人生の方向性(価値観)

■人との相性

■運気の良い/悪い時期

■物事に対する吉凶

■運気を上げる方法

一応、占える分野が上記のように特定されてはいますが、要は基本的な占いの相談ないようであれば、全て答えられるようになっていますね。

鑑定方法や計算は非常に奥が深く、ひとつの星だけで判断するのではなく、2つ以上の星の組み合わせによって、運気の流れや天職、出会いなどを算出するため、世の中に同じ宿命や運命をたどる人はほどんどいないとしています。それでありながら、吉と凶がはっきりしており、答えはいたって明解でもあります。

命式

この四柱推命は、十支、十二支の組み合わせから始まり、五行(木・火・土・金・)、陰陽(明・天・兄・暗・女など)、季節(四季に加えて土用)、期間を使用し、個人の宿命図になる「命式」を求める為に生まれた日時も必要になりますが、これにはサマータイムの計算も必要になる程、複雑で、逆に言うと精度の高い占術です。

性格診断だけでも「日干・命式の五行のバランス・用神・忌神」4つの方法があり、この4つを全て使った方法が一般的ですが、日干(かんし)を使った五行のバランスからみる長所や短所が分かりやすい(個人的には ですが)
これにより、長所、短所、基本的な性格、恋愛傾向(セックスの傾向も含む)、仕事運を占う事ができます。

格局

前述した「■人生の方向性(価値観)」や生まれ持っての才能や運気、適職、を占う場合は、「格局(かっきょく)」を使用します。
格局とは命式も元に、「十二支個々に2、3個に秘められた十支」=「蔵干(ぞうかん)」と
日干と十支の関係を表す「通変星(つうへんせい)」から割り出したものを「格局」と言います。

この格局は「普通格局」の10種+「特別格局」と言われる極身強(ごくみきょう)の2種+極身弱(ごくみじゃく)の4種に分けられ、この計16種の中から「人生の方向性(価値観)」を導き出します。

なみに、「普通格局」に該当する方は9割以上を占め、「特別格局」に該当する方は残りの僅かな方が該当する正に特別な格局です。

解説
いよいよ意味が分からなくなってきた...
解説
フォローのしようがありません。
格局を求めるには命式を更に展開させる必要があります。
しかも「特別格局」の中に「化気格(かきかく)」という物が加わる事もあり、17種で鑑定する事もあるそうです。
運気と吉凶

人生の吉凶を占うには、「大運(だいうん)」と「流年(りゅうねん)」を使用します。

これは過去だけではなく、現在、未来の吉凶を占う事ができ、大運が大まかな流れ、毎年ごとの詳細を流年が担います。

大運を導き出す方法は、命式(その中の干支)と性別から陽男(ようなん)と陰女(いんにょ)の「順行(じゅんこう)」と、陰男(いんなん)、陽女(ようにょ)の「逆行(ぎゃっこう)」の2種に分別します。

この2種を干支暦を使い、誕生日から節入り日までの日数を割り出し、その日数を3で割って初運の年齢を算出します。(3以下は1歳)

そしてそこから(ここからかなりザックリです)、命式、順行または逆行を組み合わせて「大運干支」を確認し、蔵干と蔵干の通変星を確認。そして更に、天干の通変星も確認することで、大運(大運表)が完成します。

流年も大運と同じような手順で導き出す事ができます。

この吉凶は、大吉(用神)>吉(喜神)>和(閑神)>凶(仇神)>大凶(忌神) で表されます。ちなみに、大吉と大凶の組み合わせだからといって中間の「和」になる訳ではなく、組み合わせにより内容が異なります。

その組み合わせにより、上記の吉凶から更に、
大吉>中吉>小吉>吉>末吉>和>凶>小凶>半凶>末吉>大凶
と細かく分けられます。

解説
...
解説
これ、手順書を観ながら行っても素人では無理でした(悲
こういった占術を易しく噛み砕き、キャラクターと合わせたものが、数年毎に流行する「○○占い」という訳なんですね。
相性

四柱推命で相性占いを行う場合は、善し悪しではなく、「性格や運勢の弱点を補う為に相性が良い。」という具体性かつ双方の必要性を考慮します。
相性が良い場合も、安定すればする程マンネリを生み出すので、単純に良相性であったとしても安心はできません。これは恋人関係だけではなく、友人や職場関係にも該当します。

相性占いでは、命式の干支から分けられる陰と陽によって相性を判断します。
基本的に同属同士は相性が悪く、火、水や陰、陽など相反するものが相性が良いとされています。
だだ、前述した通り、良いから今後も大丈夫 ということでもなく、同属同士でもライバル関係として、お互いに向上しあえる関係を築くことも可能です。

ですので四柱推命の相性占いは、相性という括りだけではなく、各組み合わせに対し、どう付き合って行くか、相性は悪いが良い関係を保つ為にはどうするべきか など対人関係を円滑にする方法を伝授できる占術なのです。

レベルの高い東洋占術系の占い師であれば、風水や姓名判断、面相、手相を組み合わせて鑑定を行いますので、その的中率はより一層高くなります。

努力の方向性が見えなくなったとき、転職すべきか悩んだときなど、はっきりとした方向性や時期がわかる四柱推命は、自分の能力や本質を知り、よりよい人生を歩んでゆくためのひとつの指針となる占術なのです。

解説
どの占術にも言えますが、特に四柱推命の情報量はこのページで書き切れるものではありません。
ネットの情報だけでこの四柱推命の概要を知る程度なら可能ですが、技術として身につけるのは不可能と言えるでしょう。このページはその情報を1/200くらいに縮小したものです。

習得は難しいながらも、占い師であれば誰もが通る道。それ程、有名かつ的中率の高い占術です。

解説
四柱推命を使った鑑定はどこの電話占いサイトでも利用が可能です。
■四柱推命の体験談

体験談:男性40代後半になって、長年勤めた会社から早期退職を求められました。もし、早期退職をしないのであれば、給与を下げるとまで言われ、非常に苦しみ悩みました。
自分には妻も子供もいます。家族を養って行かなくてはなりません。どうすればいいのか、真剣に悩んだのです。
そんな時、知人の勧めで占いを受けることになりました。その占い師の占術は、四柱推命でした。
自分の生年月日と生まれた時間を聞かれ、答えると難しそうな漢字で、運命の表といわれる「命式」を作ってくれました。その「命式」というものを基に、自分の人生の流れを解説してもらいました。

鑑定の結果は「2年間踏ん張って我慢しなさい」というものでした。会社ではいろいろ嫌な思いもしていますし、退職金を良くしてくれるのであれば、違う人生を歩んでもいいのではないかと思っていたので、正反対の結果に非常に驚きました。
妻に説得されたこともあって、四柱推命の鑑定結果の通り、2年間踏ん張り続けました。2年と少し経ったとき、辞令が出ました。なんと、昇格したのです。しかもその会社では花形と呼ばれるメイン部門の部長となりました。

あの時「2年間我慢する」という結果がなければ、この昇格は手に入らなかったと思うと、鳥肌が立つ気持ちです。四柱推命のすごさを実感いたしました。

姓名判断

姓名判断とは名前の画数から運命、人生、今後の運気を占うものです。

こうした姓名判断は、先人から受け継いだ膨大な経験を基にした統計哲学とも言い、占いとは一線を画す程有名な方法で、子どもの名前、芸名、企業名、商品名など「名前」であれば、その善し悪しを判断できるポピュラーな方法で、オカルト的な要素も感じられません。

姓名判断では、姓名を5つの格に分けて調べ、総合的な占いを診断いたします。
5つの格とは、天格、人格、地格、外格、そして総格です。
天格とは先祖から受け継いだ運で、変えられません。人格とは主運ともいい、その人の内面をあらわし、主として中年時の運勢に影響を与え、結婚や家庭、仕事運を示してくれます。

具体的に言うと、人格が吉数であれば、物事に前向きに対処し、活発です。積極的に活動できますし、更には自信家な面があります。

地格とはその人の性格をあらわします。子供時代の運勢を表し、その人の成長ぶりに強い影響を与えるため、「性格」、「才能」、「金運」、「適職」に関係があります。

吉数であれば、他人から良い目で見られて、人間関係も良く、社交性に富んでいます。

外格とは、対人関係・社会的環境一般の運勢を表します。すなわち家族や職場などの外からの要素を言い、人によっては、人生は人間関係が1番重要な要素だという人もいます。吉数であればよき友人・よき配偶者・よき上司・よき先輩等に恵まれます。

総格とは、人生行路を歩いていく中で色濃くでてきます。これは晩年期に大きく影響を及ぼします。

■姓名判断の体験談

体験談:男性姓名判断といえば、子どもの名付けに利用して、云わば子どもの将来の為のゲンかつぎのようなものとして考えていました。

芸能人のコンビ名を変える時にも有名な先生に依頼して名付けてもらう事もあるようですが、私の初の姓名判断は商品名でした。

しかもこれは個人ではなく会社として。以前から姓名判断以外で社長がお世話になっている占い師の先生がおり、社長命令で「ちょっと行ってきてくれ」との事。本当は社長と同伴予定でしたが、都合が悪くなってしまい私一人で行く事になりました。

商品会議で2つの商品名で行き詰まり、「どちらも良い」「一般の方に決めてもらおうか」など意見を交わしましたが、新たなジャンルの商品の為、少しでも外部に情報が漏れては困る ということで、最後は社長に一任されていた商品。

社長と行く予定だったので、一般の占い館的な所ではないとは思っていましたが、まさかの大豪邸。

そして入るとTVで見た事のある占い師が....
社長に報告する義務があるので、全てをメモに取りましたが、鑑定は20分も掛かりませんでした。
本来は、「ここの文字をカタカナに..」「最後に”。”を付けましょうか」など指示が入る事があるそうですが、1つの商品名が改変せずとも、とても良い運気だったそうで、そのままの商品名に決まりました。

結局、占い師に選んでもらった商品名で発売。売れ行きは悪くありません。
個人的には、もう一方の商品名で発売していたらどうなったのだろうかと気になる所です。
鑑定料について触れる機会がありませんでしたが、恐らく数千円という規模ではなさそうですね。その代わり有名人の顧客が多いそうなので、守秘義務は完ぺきなのだろうと思います。

遠方で来れない方や、急な相談の為に、電話での相談(電話占い的な)も行っていますが、これに関してはお得意様のみで料金は一切取らないそうで、人相を必要としない姓名判断といえども対面占いがメイン。結果に響く事はないけれど、人となりも重要な情報に成り得るようですね。

ちなみに、ネットによくある無料のアプリに関しては「姓名判断の基礎的な部分は仕組まれているだろうが、それ以上の事は...」と言葉を濁していました。

夢診断

夢診断とは科学的に解明された心理学を取り入れながらも、古来から伝わる「夢判断」による「心理分析」と「予知夢による占い」を行います。

私たちが見る夢には意味があります。その意味を解明することでその人の抱えている悩み、本人をも気付いていない人間関係の問題などをあぶり出し、解決へと導くことができる、いわゆる「心理分析(カウンセリング)」です。

夢診断にはもう一つ、夢の意味を解明する事の他に、重要な事柄があります。それは未来を予知することです。
夢は近い将来に起こる出来事を教えてくれます。これが夢占いです。

その夢は「予知夢」と言われ、普通の夢とは違い、人に強い印象をあたえます。夢が幾日も忘れられないものなら「予知夢」と思っていいでしょう。
夢は心の奥深く、無意識、深層心理から沸き上がって来て様々な意味を示唆してくれますが、その内容は、喜び、怒り、悲しみなど感情を伴うものから、色々な動物、風景をただ眺めるもの等、多岐にわたります。

なぜこんな夢を見たのかと不思議に思うことがあったはずです。
夢は神秘です。フロイト、カール・ユングなどの心理学者の研究で解明が進んだとは言え、心や夢は証明出来るものではなく、「何故かわからないが間違いなくある」としか言えないものです。夢診断はその不思議を解明してくれます。

■夢診断の体験談

体験談:女性恋愛は、時に命を懸けた、深刻なもので、当然、見る夢に反映します。
ある40歳代の女性はご主人の精神疾患から離婚を余儀なくされ、孤閨の寂しさからある同年代の男性と恋に陥ってしまいました。

その男性はプレイボーイで、Aさんはその複雑な女性関係の内のひとりでした。
Aさんは悩みを占い師に打ち明け、「夢診断」でその悩みに答えて貰うことになりましたが、Aさんの語る夢のほとんどがその男性との離別の前兆を暗示させるもので、恋人と楽しく語らうなどの睦まじいころの夢でした。
Aさんはうつ病に陥り、自殺未遂にまでおいこまれましたが、占い師のアドバイスによって現在立ち直っています。

 次は私の体験ですが、ある貸しマンションを急に引き払うことになり、敷金の返還で不動産業者とトラブルになりました。業者は敷金を変換しないばかりか畳や壁の補修のためと称して追い銭を要求してきたのです。裁判にまで持ち込みましたが長期戦となる見通しでした。

その頃私はある夢をみました。非常に不思議な夢で、「橋の下を小舟で通りかかると橋げたに巨大な昆虫のナナフシが取り付いていました。そのナナフシは1mほどもありボーッとした光を放っていました。私は早速夢診断を依頼しましたところ「近いうち金銭に恵まれる」という診断でしたが、果たして予期せぬことにそのマンションの所有者
から敷金全額が振り込まれました。

霊聴

 霊聴とは、普通の聴覚では聞こえない、いわゆる特殊な言葉を聞くことができる能力を意味します。
たとえば、本来ならば絶対に耳にすることのない、すでに亡くなっている人の声や音、あるいは現存する人の心の声が聞こえる、そういう能力を指しています。霊視とは同じジャンルに分類できますが、視覚的に見えるのではなく、音だけが聞こえるのが特徴です。

また、相手の姿形は見えないけれど、霊聴により、お告げを得て行動を起すというのは、太古の昔から存在する現象です。非常に有名なのが、ジャンヌダルクです。彼女は、少女時代にフランスを救うことが使命という霊聴を聞き、イギリス軍と戦うために立ち上がったことで知られています。
さらに、哲学者であるソクラテスも、天の声を聴いたという事実を書物に記しています。

これらの特殊な能力を持つ占い師は、この世に、そう多くは存在しません。声を聴くには非常に強いエネルギーを必要とすること、さらに霊視はできるけれど言葉が聞こえないという人もいます。

そういう意味で霊聴ができる占い師というのは、とてもレアで、価値があるものだと考えられています。愛する人の想いを知り、伝えることのできる、貴重な方法でもあるのです。

■霊聴の体験談

体験談:女性私は、スピリチュアルな世界に興味があり、実際、テレパシーはあると信じています。言葉にしなくても通じ合ったり、偶然運命の人と出くわすなどは、霊の力に他ならないと思っていたのです。

そんな折、霊聴ができるという、とても珍しい占い師が存在するという話を耳にしました。過去には、霊視ができる人に占ってもらったことがありますが、その際には、相手の表情から読み取るだけ。
つまり、占い師の主観が入るような印象を強く受けて、あまり信用ができなかったのです。たとえば、悲しい表情に見えるけれど、本当は喜びを内に隠しているのでは?と勘繰ったりして。

でも、霊聴なら、言葉を聞くので疑いようがありません。そこで、思い切ってお願いすることにしました。

すると、私の片思いしている人は、想像しているのとはまったく違う状態にあると分かりました。霊視では、「あなたにアプローチされて困っている」と言われたけれど、霊聴では「どうしよう、嬉しい!どんなデートに誘おうかな」という言葉だったのです。

見た目と言葉では、はっきり言って全然違います。霊視だけでは、きっと私はこの恋を諦めていたでしょう。でも、きちんと相手の心の声を読み取ってもらえ、それに従い行動し、今現在、幸せな恋愛を楽しんでいます。

エジプシャンタロット

 「エジプシャンタロット」という単語、聞きなれない方も多いのではないでしょうか。しかし「タロットカード」といえば、占いに使う道具として、誰もが知っていますね。

タロットカードの絵柄には様々なものがあります。
「マルセイユタロット」と呼ばれるような伝統的な絵柄から、「ゾンビタロット」「ハウスワイフタロット」というようなユニークなものまで、色とりどりです。
最近では、有名なイラストレーターが独自の解釈で、アートワーク作品として作られたタロットカードもあり、「何か1つ選びたい」と思っても、なかなか決められないほどの種類の多さではないでしょうか。

そんな中、「エジプシャンタロット」は、古代エジプトの神話や、壁画に描かれていたような神秘的な絵柄がモチーフになっており、植物や動物、星や太陽、人々の生活、祈り、など、現代の生活で忘れがちな『命・生きる尊さ』を思い出させてくれる力強いカードです。

タロット占いは、相談者の問いに対して、カードを使って答えを導き出すものです。
カードの意味もさることながら、そこに描かれた絵柄から、得られるインスピレーションも、大切になります。

「古代エジプト」。その、遥か昔、人間が神に祈りながら、生きた時代の空気を運ぶ「エジプシャンタロット」は、相談者の悩みに、より鋭いインスピレーションを与えるのではないでしょうか。

■エジプシャンタロットの体験談

体験談:女性3年ほど前(投稿2016年)、主人との離婚を考え、悩んでいました。
もう、10年も定職に就かず、私が食べされている状態でしたので、別れた方がいいのでは、と、悩んでいました。しかし、好きで一緒になった人です。どうすべきか、答えを出せずにおりました。そんな時、恋に悩む友人と2人、渋谷の占いへ、軽い気持ちで伺ったのです。

そこで出会ったのが、エジプシャンタロットでした。
私が選んだ数枚のカードは、正に私の胸の内を表すものでした。
特に驚いたのは、「私の気持ち」を表すカードで、不安げに何かを見つめる女性のカードです。「別れた後のご主人がどうなるのか」を心配しているのではないか、と占い師は言い当て、私は当惑してしまいました。

そして、これから起こる未来に「大きな変化」が訪れる事、それはポジティブな変化であり、素直に受け入れた方がよい結果になる事をアドバイス頂きました。私の心は大きく動き、とても前向きなった事を今でも覚えています。
エジプシャンタロットは見る人の気持ちによって、印象が変わります。

明るいカードに感じたり、暗いカードに感じたり、と、正に自分の胸の内を映す、不思議なカードです。
数あるタロットカードの中で、自分の内側と向き合い、インスピレーションを受け取れるカード、それがエジプシャンタロットではないでしょうか。