拡散、共有していただき有難うございます。
 

Dr.ウィラード スキンジェル

スプレータイプの化粧水で浸透力を高めた後はジェル。

■スキンジェルの特徴は

水分と脂質バランスを理想的なコンディションに整えてトラブルレスな肌に。
Dr.ウィラード・ウォーターと一緒に使って潤いを閉じ込める保湿ジェル。

化粧水と同時に使わないといけないようですね。確かに化粧水ウィラード・ウォーターは天然水的なポジションで、保湿効果が高いかといえばそうでもなかったので、こちらでしっかりと保湿したいところ。
それでは続けて使ってみましょう。

使って評価&成分解説

Dr.ウィラード スキンジェル

Dr.ウィラード スキンジェル

今回はトライアルセット内の10g×2を使用します。

正規品は、7,560円(税込)/80g 1回パール粒大(約8mm)目安

テクスチャー

30代 乾燥・敏感肌男性が試す

使用者プロフ(使用時) おっさん(管理人)/トータル実績数38件/30代/独身
肌質 敏感・混合肌
備考 鼻、おでこはベトベト、頬やあご、口周りはカッサカサ。
金属、一部香料、パパイン酵素(果物)のアレルギー持ちでやや敏感肌。
Dr.ウィラード スキンジェルのテクスチャー

スキンジェルのテクスチャー

無色透明で香りも全くなし。ノリのような感じですが、手で伸ばすとスっと溶けて伸びは悪くないです。

ジェルに関しては思い入れが深く、ポロポロこぼれおちるジェルはソフトピーリングに使える等、色々と(下記で比較もしている)もんちさんにもレクチャーして頂き、化粧品の面白さを知った製品でした。

で、今回のものは凄いサッパリで厚塗りしても、パリパリになったりツッパたりもしません。
全然クセや肌に塗った違和感もなく、感触も化粧水を塗った後のような感じ。これは男性にもお勧めしたいですし、使った直後でも「これは刺激ないな」と直ぐ解りました。

ただ、化粧水と同じく保湿力はその分控えめなので、乾燥肌だけでなく普通肌レベルでもクリームなどは必須だと思います。もちろん今回のセットにもこの後使う保湿クリームは用意されています。

■肌刺激チェック
Dr.ウィラード/化粧水・ジェル・クリームの肌刺激チェック

Dr.ウィラード/化粧水・ジェル・クリームの肌刺激チェック

クリームは直ぐ浸透してしまったので全然見えませんが、数時間放置しても肌に炎症どの変化がないのは確認できますよね。
もちろん1回かつ自分の肌のみの場合ですので、参考までに。

解説
ここでしっかり保湿が来るかと思いきや、次のクリームだったみたいですね~

スキンジェル、スーパースキンジェルとモイスチュアサイエンスを比較してみた

使用者プロフ(使用時) もんち/トータル実績数 25 件/40代/主婦
肌質 乾燥肌
備考 良く使うコスメはオルビス、シーラボシリーズ。当サイトではCCクリーム猛者

Dr.ウィラードウォーターでスプレー後は、スキンジェルを使います。使用感の比較として今回、サンプルで頂いたスーパースキンジェルとモイスチュアサイエンスを合わせて紹介します。

Dr.ウィラードスキンジェル、スーパースキンジェルとモイスチュアサイエンスを比較

スキンジェル、スーパースキンジェルとモイスチュアサイエンスを比較

手の甲にスキンジェル、スーパースキンジェル、モイスチュアサイエンスの3種類を伸ばしてみました。

まず使用感としては、3種類とも全て無香料・刺激ナシで使いやすいです。

スキンジェルは、透明でまさしく水のジェル、瑞々しく肌を潤してくれます。

スーパースキンジェルは半透明のジェルでスクワランやビタミンCプラスEを配合した高保湿タイプのジェルで使った後に肌がもっちりとなります。使用感は、肌をみずみずしく潤して、保湿の蓋をする感じがDr.シーラボのアクアコラーゲンゲルに似ています。

モイスチュアサイエンスは、白く固めのテクスチャーでこちらも保湿力高めのエイジングケア美容液です。1~2週間モイスチュアサイエンスを使って見て、肌変化にあまり変わりがなかったのが残念ですが、適当な硬さをしているので気になる目尻などリンクルケアにピンポイントで使うのに良かったです。

個人的にはウォーターと併用するならモイスチュアサイエンスよりちょっと軽めのスーパースキンジェルが重くなくて好みです。

項目/製品名伸び
[0]緩い⇔固い[10]
香り
[0]無臭⇔強い[10]
質感
[0]さっぱり⇔しっとり[10]
保湿
[0]低い⇔高い[10]
スキンジェル3033
スーパースキンジェル3056
モイスチュアサイエンス5067
上記はもんちさん個別の評価です。

数値評価

  • 複数使用者の場合は平均値を掲載。
  • 商品使用による副作用/白斑などの肌トラブルはありませんでした。
  • ジェル
    ウィラード スキンジェル
    伸び
    [0]緩い⇔固い[10]
    香り
    [0]無臭⇔強い[10]
    質感
    [0]さっぱり⇔しっとり[10]
    保湿力
    [0]低い⇔高い[10]
    評価数値(0-10/弱強) 3 0 3.5 3.5

    成分から読み解く

    BGグリセリンペンチレングリコールカルボマー、アルギン酸Na、水酸化K、ケイ酸Na、硫酸化ヒマシ油、塩化Ca、硫酸Mg

    少し成分の種類が増えてきましたが必要最低限の内容になっています。

    ・保湿剤は定番のBG、グリセリンやペンチレングリコール。

    ・ウィラード・ウォーターを構成する硫酸化ヒマシ油にはエモリエント効果もありそうです。

    ■美容・機能性成分

    ・美容成分は訴求されているウィラード・ウォーター。その内訳はビタミンEと相性が良く、浸透を高めるミセルウォーターと、抗酸化のフルボ酸やミネラルを含んだリグナイト由来の成分で構成されています。

    成分表記としては「水と硫酸化ヒマシ油、ケイ酸Na、塩化Ca、硫酸Mg」あたりで、硫酸化ヒマシ油はそれらを安定させるものだと観ています。

    水性なので当然ですが、ウィラード・ウォーターの含有量は82%と高配合。

    ・防腐剤は使われていませんが、BGとペンチレングリコールによって防腐(抗菌作用)をまかなっています。

    ・増粘剤にはカルボマーとアルギン酸ナトリウム。カルボマーは低刺激で、今回のスっと溶けるテクスチャーにも一役かっていそうですね。

    ・水酸化Kは増粘も兼ねているかもしれませんが、ケイ酸など酸性の鉱物が含まれているので、アルカリで中和するpH調整剤だと思われます。中和する分だけなので、製品自体には残っていません。

    なお、化粧水では消炎のグリチルリチン酸を配合した薬用バージョンがありますが、ジェルでは保湿力を高め、美容成分も追加した「スーパー」などが販売されています。

    基本ケア体験セットへ

    変わろう!今すぐセットへ

    (今すぐセットは通常のトライアルセットを使う前に、まずは2週間この2つで「肌を休ませる」という初めに肌をリセット/デトックスするといったニュアンスの仕様になっています。)

    解説
    化粧水とジェルはホントさっぱりなので、脂性肌だけど敏感肌なんて方に、この2つだけでも使ってみて欲しいです。反対に乾燥気味の方は別途保湿剤が必須となるでしょう。

    Dr.ウィラード スキンジェルの評価

    だめかも・・・ちょっと微妙普通いいね!凄くイイよ! (0 票, 平均評価: 0.00 / 5)
    Loading...

    口コミ投稿

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)