拡散、共有していただき有難うございます。
 

【男性使用】無印良品 化粧水・敏感肌用3種を比較

今回の製品は「さっぱり・しっとり・高保湿」の3種類に分かれ、内容量も「50mL・200mL・400mL」の3種類が販売中です。

当然400mlが一番高コスパですが、一番小さい50mlも250円(税込/高保湿タイプのみ290円)と、お試しにも利用できたり、コンパクトサイズで何かとメリットのある製品です。

30代混合・敏感肌が、さっぱり・しっとり・高保湿を比較

無印化粧水の敏感肌用さっぱり・しっとり・高保湿

無印化粧水の敏感肌用さっぱり・しっとり・高保湿

使用者プロフ(使用時) おっさん(管理人)/トータル実績数38件/30代/独身
肌質 敏感・混合肌
備考 鼻、おでこはベトベト、頬やあご、口周りはカッサカサ。
金属、一部香料、パパイン酵素(果物)のアレルギー持ちでやや敏感肌。

3つ持っても片手に収まるサイズで、パッケージもシンプル。無印らしいね。
ただ、半透明容器で残量が分かりやすいメリットがありますが、紫外線で劣化・変質してしまうかもしれないので、窓際などに置くのは避けましょう。

それぞれ50ml入りを購入。肌に合わない製品以外は全て使い切るのがポリシーなので、無理して大容量を購入せず少量があるのならソレを選びます。

結果的には30日で全て使い切ってしまいました。

シンプルな面から男性も買いやすいからだろうか。自分は何故か男性向けのコスメが流行る前から無印基礎化粧品=男性 という認識があったのですが、特に性別は限定されずに誰でも使えるシリーズです。

各テクスチャー

■さっぱりタイプ
無印良品 化粧水・敏感肌用・さっぱりタイプのテクスチャー

さっぱりタイプのテクスチャー

シャバシャバで水と同じ状態。香りは無臭で敏感な自分でも全く感じません。

このまま塗ると流石に液だれしちゃうかなーと思いましたが、なかなかの早さで揮発・浸透するので大丈夫でした。ボトルタイプですが、各種ヘッドが別売りされているので使いづらい方は買ってみてね。

解説
(エタノール不使用なので揮発というより、しっかり浸透してるってことかな?)

付けた直後はしっとりペタペタ。時間が経つとサラサラ感が強まりますが、保湿はしっかりと継続しています。これは自分に合っている感じ。ただ乾燥しやすい時期は流石にこれ1本では厳しいので、乳液やクリームも使いたいところ。

就寝前に使った時は翌朝もそれなりに保湿継続。脂多めの方はこれくらいでも良いかな??

もちろん肌への刺激はまったく感じず、ピリピリしたり10日継続してもニキビが出る事はありませんでした。

化粧水
さっぱりタイプ
伸び
[0]緩い⇔固い[10]
香り
[0]無臭⇔強い[10]
質感
[0]さっぱり⇔しっとり[10]
保湿力
[0]低い⇔高い[10]
評価数値(0-10/弱強) 0 0 4 4
■しっとりタイプ
無印良品 化粧水・敏感肌用・しっとりタイプのテクスチャー

しっとりタイプのテクスチャー

「さっぱり」よりも僅かに粘度はあるのかな??ほとんど違いはないようです。
同じくシャバシャバですが、肌に付けると「さっぱり」よりも液だれはしない感じで、相変わらず直ぐ浸透する。

使った日が違うので、肌の状態が違う事も考えられますが、ペタペタはせずに直ぐしっとり。こちらもサラサラ感があるので、凄くしっとりではありませんね。

ただ保湿効果は明らかに「さっぱり」より高いと感じます。

「さっぱり」と「しっとり」を両腕に塗って一日過ごしましたが、若干「しっとり」の方がしっとりで「さっぱり」はサラサラ。

化粧水
しっとりタイプ
伸び
[0]緩い⇔固い[10]
香り
[0]無臭⇔強い[10]
質感
[0]さっぱり⇔しっとり[10]
保湿力
[0]低い⇔高い[10]
評価数値(0-10/弱強) 0.5 0 5.5 5
■高保湿タイプ
無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプのテクスチャー

高保湿タイプのテクスチャー

うん。明らかに他より粘度が高いですね、とはいえ多少のトロみはありますが普通のローションと同レベルです。
気になる程ではありませんが、他よりも明らかに重く保湿力が高い。でも割とサッパリな肌感触です。

無印ではマスクシートも売ってますが、どうせならもっと美容成分が入っているローションで試したいかな。

化粧水
高保湿タイプ
伸び
[0]緩い⇔固い[10]
香り
[0]無臭⇔強い[10]
質感
[0]さっぱり⇔しっとり[10]
保湿力
[0]低い⇔高い[10]
評価数値(0-10/弱強) 2 0 5.5 6.5
■3つ並べて比較

手に川の字のように3種並べて付けて、馴染むまで放置...

無印化粧水の敏感肌用を3つ並べて比較

3つ並べて比較

どれも直ぐ乾き、見た目では変化がありませんが、感触は指でなぞると先述した通り多少違います。
とりあえず特別どれかが馴染みにくかったり、テカったりはありません。

他製品と評価・比較

  • 商品使用による副作用/白斑などの肌トラブルはありませんでした。
  • とりあえずメンズ向けのみ。女性用も使っているので、別途作成予定です。

    商品名オルビスミスター
    スキンジェルローション
    資生堂メン
    トータルリバイタライザー
    ファンケルメン
    オールインワン スキンコンディショナー I さっぱり
    資生堂ウーノ
    クリームパーフェクション
    資生堂メン
    ハイドレーティングローション
    無印・敏感肌用
    さっぱり/しっとり/高保湿
    伸び
    [0]緩い⇔固い[10]
    1.54.53210/0.5/2
    香り
    [0]無臭⇔強い[10]
    1
    (付着後は残らない)
    5.506.54.50/0/0
    質感
    [0]さっぱり⇔しっとり[10]
    364544/5.5/5.5
    保湿
    [0]控えめ⇔強い[10]
    46.55654/5/6.5
    価格1,728円(税込)7,560円(税込)2,700円(税込)1,058円(税込)3,240円(税込)250~
    1,190円(税込)
    容量約2ヶ月約2.5ヶ月約2ヶ月約2ヶ月約3ヶ月約15日~
    3ヶ月
    お試しなし1,944円(税込)なしなしなしあり
    肌質脂性肌・普通肌・混合肌
    その他サッパリ好きに
    混合肌乾燥肌・普通肌敏感肌脂性肌混合肌・普通肌混合肌普通肌・乾燥肌敏感肌・ニキビ肌を含め全般敏感肌・ニキビ肌を含め全般
    使用感◎/優秀
    つっぱりなし
    ○/良好
    つっぱりなし
    保湿が高い分、僅かに「付けてる感」あり
    ◎/優秀
    つっぱりなし
    ○/良好
    つっぱりなし
    僅かに「付けてる感」あり
    香りが気になる
    ◎/優秀
    つっぱりなし
    ○/良好
    つっぱりなし
    仕様・一応オールインワン アフターシェーブローション対応
    ・ポンプタイプ
    ・保湿クリーム 面倒であればコレ1本で対応
    ・ジャータイプ
    ・オールインワン
    ・ポンプタイプ
    ・オールインワン
    ・ジャータイプ
    ・化粧水
    ・ボトルタイプ
    ・化粧水
    ・ボトルタイプ
    備考消炎作用/収れん作用/他美容性成分:少

    ・直ぐ使うと揮発感あり。エタノール過敏の方は注意。
    消炎作用/エモリエント剤/他美容性成分:普

    ・まずは洗顔付きのお試しからどうぞ
    消炎作用/収れん作用/他美容性成分:多

    ・乾燥肌の方には「しっとりタイプ」が販売中
    ・美容性成分:無
    強いて言えば保湿剤のヒアルロン酸

    ・コスパを加味すれば保湿用としてアリ。匂いに弱い方は避けた方が無難。
    消炎作用/収れん作用/他美容性成分:普

    ・個人的には無臭であれば、特に優秀点。
    消炎作用/収れん作用/他美容性成分:少

    ・容量も保湿力も3タイプあり

    ・とりあえず保湿したい方向け

    ・50mlはお試しにも使えますが、良コスパは400ml。
    ・価格については公式サイトにて再度確認要
    ・使用感は混合肌管理人の体感です。香料過敏なので、微香であっても数値は高め(自分はそう感じる)になっています。
    ・バランス調整のため個別のレビューページと数値が異なる場合があります。その場合はこちらの比較表の方を参考にして下さい。

    各成分を読み解く

  • それぞれ無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー・アレルギーテスト済み
  • ■さっぱりタイプ

    DPGグリセリンPEG-32、グリコシルトレハロース加水分解水添デンプン、スベリヒユエキス、ポリクオタニウム-51、グレープフルーツ種子エキス、PCA-Naクエン酸クエン酸NaアラントインBGフェノキシエタノール

    ■しっとりタイプ

    グリセリンDPGPEG-32、グリコシルトレハロース加水分解水添デンプン、スベリヒユエキス、ポリクオタニウム-51、グレープフルーツ種子エキス、PCA-Naクエン酸クエン酸NaアラントインBGフェノキシエタノール

    ■高保湿タイプ

    DPGグリセリンPEG-32、ジグリセリングリコシルトレハロース加水分解水添デンプンヒアルロン酸Naアラントイン、グレープフルーツ種子エキス、ポリクオタニウム-51、スベリヒユエキス、BGフェノキシエタノールPCA-Naクエン酸Naクエン酸

    無印の化粧水で使われている水は、浄水ではなく天然水で、殺菌やpH調整にて安定化した超軟水が使われています。

    ・保湿剤ではグリセリン類やDPG、PEG類、トレハロースとコンビのデンプン、特に保湿力の高いリピジュア(ポリクオタニウムの51)、肌にも存在するPCA-Na、植物では確かエモリエント効果もあるスベリヒユエキス。

    ・そして高保湿タイプだけにヒアルロン酸が配合されています。
    粘度の違いはヒアルロン酸の影響とみて間違いないかな。成分の違いはこれだけなので、価格の違う高保湿タイプはヒアルロン酸によって差が生まれていると考えると面白い。

    「さっぱり」と「しっとり」は全く同じ構成ですが、各保湿剤の配合比率を調整する事で保湿効果に変化を付けているようです。
    使用成分は変わらないので、さっぱり⇔しっとりの場合は、一方が肌に問題ないとすれば、もう一方も成分的には問題なく使え、保湿力と多少のテクスチャーが変わるという事ですね。

    高保湿タイプについてもヒアルロン酸のみなので、これだけ肌に問題が起こるということはないでしょう。

    解説
    昔勤めていた会社の化粧品の原価率と今回のを加味すると、ヒアルロン酸の原料としての価格がなんとなく分かる。
    解説
    各成分を自分で配合する自作コスメも浸透してきているので、なんとなく分かる方もいるのでは?!

    ・グレープフルーツは保湿以外にも収れん作用があり、毛穴を縮めて皮脂抑制。脂性肌にも良さそう。

    ・消炎作用のあるアラントインと、グレープフルーツには抗菌作用もあるので、ニキビ肌やアフターシェーブで使うのも良いと感じます。

    ・防腐剤はフェノキシエタノールで、DPGや先述したグレープフルーツでも防腐(抗菌)。

    ・BGは抗菌を兼ねた保湿剤として使われますが、今回は少量なので効果は無く、エキスの抽出溶媒の用途のようです。

    ・他クエン酸Naやクエン酸は安定化成分として。もしかして天然水の安定化に使われているのかな??

    まとめ

    どれも無臭でサッパリ寄り。使用感が素晴らしい。

    特に男性向けの製品ではありませんが、他の女性向け化粧水と比べると若干保湿力控えめで、あくまでこれまで自分が使った製品との体感比較ですが、高保湿タイプが一般的な化粧水の保湿力くらいかなぁ と感じました。

    その分、肌への違和感・刺激もなく、脂性肌の方や男性でも抵抗なく使えるシリーズだと思いますし、季節の乾燥具合により各タイプを使い分けるのもアリ。

    乾燥肌寄りで保湿を完結させたいのであれば、これで満足せずに油性の製品も合わせて使って下さい。
    また、機能性成分も入っていますが肌荒れ防止中心ですので、ビタミンC誘導体の美白やセラミドなどの肌バリア機能の修復など、美容成分に興味があれば他の保湿美容液を合わせるのもお勧めです。

    美白、セラミド美容液の検索結果

    各通販

    高保湿タイプは他よりも少しだけ高くなっています。
    比較用に楽天とアマゾンも掲載していますが、ロハコ以外のサイトでは公式よりも高いので、全くもってお勧めはできません。

    公式サイトbyロハコ / アマゾン/一覧 / 楽天/一覧 

    解説
    ロハコは価格差もなく、口コミも多く掲載されているのでお勧めです。

    口コミ投稿

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)