拡散、共有していただき有難うございます。
 

検定取得と出典/翻訳文章に関してに

日本化粧品検定1級認定書
日本化粧品検定1級認定書

参考/出典元

各製品の公式サイト様

・基本的には同種レビューサイト様からの引用はしておりません。
皆様素晴らしい記事を書かれており、当方のモチベーションが落ちてしまうので、正直類似サイト様を調査することもありません。

各書籍

2016年12月現在の参考書籍

2016年12月現在の参考書籍

全て読んでいますが、現在反映させているのは一部の書籍のみとなっています。
また、2016年以前の記事に関しては出典元を掲載していない記事も御座いますので随時修正しております。

・医者も知らないホルモン・バランス/中央アート出版/ジョン・R・リー 著/今村光一 原訳
・キレイの秘訣は女性ホルモン/小学館/丸田佳奈 著
・酵素ファスティングバイブル/キラジェンヌ株式会社/酵素ファスティング研究委員会 著
・美乳レッスン/soft bank creative/吉丸美枝子 著
・女性ホルモンの力でキレイをつくる本/朝日新聞出版/関口由紀 監修
・ナチュラルメディシン・データベース/一般社団法人日本健康食品・サプリメント情報センター
・サプリメント事典2008版/日経BP出版センター/日経ヘルス 編
・サプリメント事典 第3版/平凡社/蒲原聖可 著
・サプリメント健康事典/集英社/一般社団法人 日本サプリメント協会/NPO日本抗加齢協会 監修
・からだのしくみ大全/永岡書店/伊藤善也 監修
・女性ホルモンの増やし方/宝島社/松村圭子 監修
・女性ホルモン塾/小学館/吉川千明 対馬ルリ子 著
・もう更年期はつくらない!/現代書林/石原りえ子 著
・キレイになる!フェロモンレシピ/soft bank creative/関口絢子 著

■2017年以降の記事(主にコスメ)

・化粧品成分ガイド 第6版/フレグランスジャーナル社/宇山侊男 岡部美代治 久光一誠 著
・化粧品成分検定 公式テキスト/実業之日本社/一般社団法人 化粧品成分検定協会 編
・日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト/主婦の友社
・日本化粧品検定 1級対策テキスト/主婦の友社
・化粧品成分用語辞典2008/中央書院
・新化粧品学 第2版/南山堂/光井武夫 著 ...etc

論文

国会図書館

国会図書館 2016/12/9撮影

国会図書館

国会図書館 2016/12/9撮影


その他、論文や上記以外の文献に関しては、国会図書館にて調査/出典しております。
なお2018年以降よく拝見する非売品の書籍(国会図書館などでしか閲覧できないもの)は、「新化粧品ハンドブック/日光ケミカルズ(株)」となっています。

翻訳

・翻訳者によって表現する言葉が変わる事もありますが、より精度の高い翻訳を行うように心がけております。
翻訳後の文章に関して、見出しごとの並び替えは当管理人(edited by ○○)にて行っていますが、文章の改変は行っておらず、注釈や個人的な情報の追加は吹き出しのコメントにて行っております。

・各内容に関しては、誤表記の可能性も御座いますので、問題点、気になる点がありましたら、お問合わせや、各記事のコメント欄から御指摘頂けると有り難いです。

尚、翻訳に関しては、2016年9月から飛躍的にgoogle翻訳の機能が向上し、2016年12月現在では、80%~100%の再現率を叩き出すようになりました。よって出典元として掲載する可能性はありますが、加筆しないニュースなどの記事は2016年12月一杯を持って終了する予定です。(自動翻訳が出来ない難しい文章や、直近3日以内の最新のニュースのみ継続する事に致しました。)翻訳者のsirokuma君の引退により、今後翻訳記事の掲載予定はありません

・極力出典元を掲載していますが、英文サイトが多い点は御了承下さい。
また、出典元の情報、リンクしている出典サイトにつきましても、可能な限り信憑性を高める為に掲載しておりますので、出典・参考文献/サイト様へ責任転換する為のものでは御座いません。

外注記事

DeNAで問題になった、大手キュレーションサイトのような安価記事に関しては、私も以前(2014年~2015年)は利用しておりましたが、現在は全く利用しておらず、該当する記事に関しても削除や内容の変更を行いました。

他、モニターさんによる記事は、直接管理人と契約し、コミュニケーションをとりつつ柔軟な記事を書いて頂いているつもりです。基本的には体感を重視しているので、当方が記事内容を操作する事はありません。

資格・検定

管理人は日本化粧品検定1級とCiLA化粧品成分検定1級を取得しています
これにより、検定範囲内の内容や、研究され、一般的に認知されている事柄に関しては出典元を割愛させて頂きます。

■日本化粧品検定1級
日本化粧品検定1級認定書

日本化粧品検定1級認定書

検定内容に関しては

化粧品の専門家を目指す
化粧品の成分や製品の種類・働きを中心に化粧品の歴史や法律まで、幅広い知識を習得します。

化粧品の使い方や成分など美容全般の内容になっています。

  • 日本化粧品検定1級・2級
  • 日本化粧品検定について | 女性に人気の美容資格【日本化粧品検定】

    ■CiLA化粧品成分検定1級
    CiLA化粧品成分検定1級合格通知

    CiLA化粧品成分検定1級合格通知

    検定レベルに関しては

    全成分表示を読み解き、目的にあった化粧品を選ぶことができる。また、第三者にアドバイスができる。

    内容に関しては

    ・化粧品の処方時に役立つ基礎知識を元に様々なパターンの全成分表を読み解くことができる。
    ・処方の背景、なぜその成分が配合されているかを大体理解できる。
    ・全成分表示の中で各成分が持つ役割を大体想像できるようになり、同じ役割を持つ別の成分と置き換えることができる。

    となっています。

  • 化粧品成分スペシャリスト(化粧品成分検定1級・2級)
  • 検定試験について | CILA 化粧品成分検定協会

    こういった資格はピンキリでして、ただ資格を取得するだけでなく、私の知識として書けなければ全く意味がないので、別途試験を行う必要があるもの、個人で学習する必要があるものを選んでいます。
    費用を払って受講するだけで取れてしまう資格を取得しても知識が身についたとは言い難いと感じています。

    ■サプリメントに関して

    この検定には女性ホルモンやサプリメント成分に関わる内容も含まれていますが、個人的には足りないと感じており、別途難度の高い専門の資格や検定を取得しない限り、健康食品に関わる記事の更新は停止(都度削除もしています)しております。

    ・2018年に、健康食品に該当する9割5分/500ページを削除しました。

    以上

    宜しくお願い致します。

    管理人:石川直