キシリトール

キリシトールの原料はサトウキビなどハーブ・成分解説/記事
キリシトールの原料はサトウキビなど

■キシリトール/キシリット

キシリトールの原料

キリシトールの原料はサトウキビなど

キリシトールの原料はサトウキビなど

キシリトールの原料はサトウキビなど。サトウキビの搾りかすなどから取れるキシランからキシロースを得て、還元されキシリトールとなります。

特徴

キシリトールの簡易構造式

キシリトールの簡易構造式

分類としては糖類、糖アルコール、多価アルコールに属しています。

性状

・白色の粉末・粒・結晶性粉末

・匂いなし。甘味料にも使われている通り甘みアリ。

・融点:93~95℃

・水には溶けますが、有機溶媒(エタノール・ベンゼン・アセトン・クロロホルムなど割と毒物)には溶けません。

解説
ソルビトール などと同じく、他の保湿剤と比べてベタつきがあると思います(調査中)

効果・用途

保湿剤/保香剤 ★サプリ:甘味料

コスメでは保湿剤や香りを保つ保香剤として、クリームやローションなど様々な製品に使われています。

毒性や刺激が無いとされていますが、食品添加物としては、お腹が一時的に緩くなる事があります。低カロリーで血糖値の上昇もおだやか。

« 成分解説一覧へ

口コミ

タイトルとURLをコピーしました