拡散、共有していただき有難うございます。

トレハロース

トレハロースの原料

トレハロースの原料は主に酵母から

トレハロースの原料は主に酵母から

トレハロースの原料は、パン・ビール酵母、トレハラマンナ(マンナン/マナ)、バッカク(麦角/菌の事)で、そこから抽出。

2,3,4,5-テトラアセチル-D-グルコースと3,4,6-トリアセチル-1,2-アンヒドロ-D-グルコースを脱アセチル化する。(出典:新化粧品ハンドブック)

特徴

トレハロースの簡易構造式

トレハロースの簡易構造式

簡易構造式だと分かりませんが、トレハロースは2分子のグルコースが結合した非還元性の二糖となっています。

性状

・白色の粉末

2水物(二水和物)の場合の融点は97℃。無水物の融点:203℃

・2水物は吸湿性が少ないですが、無水物は吸湿性が高い

・水に可溶

効果・用途

■甘味料(サプリ)/保水剤、保湿・湿潤剤(コスメ)

糖類の中でも保湿効果は高め。乾燥している環境にて皮膚を保護する作用、また、硫酸化した硫酸化トレハロース(化粧品分野では トレハロース硫酸Na などもあります)には角質層の水分保持能力を高める事や血行促進効果が連続塗布効果試験にて確認されています。


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)