拡散、共有していただき有難うございます。

ステアリルアルコール

■ステアリルアルコール/オクタデシルアルコール

ステアリルアルコールの原料

ステアリルアルコールの原料は、鯨ロウやマッコウ鯨油、パーム油や牛脂などで、セタノールと同時に得られる高級アルコールの1つです。

セタノールの原料は、鯨ロウ/マッコウ鯨油をけん化分解し、アルコールを分留する
ヤシ油や牛脂をけん化し、パルミチン酸 を還元した後、分留する方法、チーグラー法(低圧法)などがあります。(引用:当サイト/セタノールより)

特徴

ステアリルアルコールの簡易構造式

ステアリルアルコールの簡易構造式

セタノール(セチルアルコール)と同様の性質を持ちます。

セタノールの簡易構造式

参考/セタノールの簡易構造式

性状

・白色のロウ状

・沸点345℃/融点58.0℃
セタノール:沸点320℃/融点49.3℃)

・ヒドロキシ基(水酸基/-OH)を有し、ステアリルアルコール自体に乳化力はありませんが、乳化安定の補助にはなります。

・ベタつかない感触

効果・用途

■乳化・乳化安定剤/香料/起泡剤/粘度調整剤 など

油性成分」の「高級アルコール」類に該当する成分です。

・ほとんどのアルコール類は常温ではロウ状で、伸びや硬さの調整や乳化を安定させる作用がありクリームや乳液に使用されます。

ステアリルアルコールの場合は、乳化安定・粘度調整で優れた機能を持っているので、クリームや乳液、メーク、ヘアケア製品に。石けんでは泡の安定剤にも。なお、セタノールよりも固めにできる傾向がある※ようです。

解説
日本語wikiでは、「低い毒性を持つ」とありますが、「毒性が低い」という意味でもあります。
なんか誤解を招きそうなので補足。

(出典:新化粧品ハンドブック)

« 成分解説一覧へ

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)