拡散、共有していただき有難うございます。

SPF

SPF

・Snu Protection Factor

・中程度の波長(長いとエネルギーが強い)であるUV-B波によるサンバーン(皮膚が赤くなる)を防御する効果を数値化したものです。

SPF10=日焼けが始まるまでの時間を10倍遅らせる効果。
20分で日焼けが起こる日差しの場合は

■20分 × (SPF)10 =200分

となり、3時間20分の間 日焼けが起きる時間を遅らせる(その時間は防御している)ことができます。つまり、いつも20分で肌が赤くなってしまう方は塗らなかった時の10倍の時間、肌が赤くなるのを防ぎます。(もちろん肌の状態など個人差あり)
SPF15の場合は300分/5時間。

« 成分解説一覧へ

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)