拡散、共有していただき有難うございます。

ダイズ油

ダイズ油の原料

ダイズ油の原料は、もちろんマメ科の大豆種子。そこから得られる油脂がダイズ油です。

特徴

ダイズ油

ダイズ油

photo by United Soybean Board

性状

・淡黄色の油状液体

■組成
オレイン酸23.5%
リノール酸53.5%
リノレン酸8.3%
パルミチン酸10.4%
ステアリン酸4%
%は約
(出典:新化粧品ハンドブック)
オレイン酸65~85%
リノール酸4~15%
パルミチン酸7~16%
ステアリン酸3.2%前後
(出典:新化粧品学)

ダイズ油は比較的、必須脂肪酸のリノール酸が多く含まれていますが、オリーブ果実油(旧称:オリーブ油)よりも酸化安定性が劣ります。その他にはリン脂質などが含まれています。

効果・用途

エモリエント剤/酸化防止剤/香料/界面活性剤原料 など

クリームやヘアオイル、日焼け止めなどに配合されています。

レシチンが浸透しやすく肌へなじみ、エモリエント効果も優れており、刺激の緩和によって皮膚の保護が可能。

同じく酸化防止のトコフェロールと合わせた原料が多く販売されています。


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)