拡散、共有していただき有難うございます。

オウゴンエキス

オウゴンエキスとは

オウゴン=コガネバナ

オウゴン=コガネバナ

シソ科コガネバナの全草から抽出した黄芩のエキスです。

コスメでも様々な作用のあるエキスですが、伝統的なハーブとしての歴史が深く、チンキ剤では抗菌、消炎や抗酸化作用があり、乾燥した根のハーブティでは、血中コレステロール値の低下やがん細胞の死滅((但しどちらも動物実験のみ)などが確認され、他にも肝炎や関節炎の治療についても研究されていますが、あくまで研究段階です。

これ以上はコスメと関係ないので、詳細はこちらのPMCを翻訳して御覧下さい。

■全草と根の違い

本品は、オウゴン Scutellaria baicalensis の全草のエキスである。

と、粧工連ではオウゴン根エキスと明確に区分けされているのですが、多数の文献ではオウゴンエキス=根とされているものばかりなので、下記用途等は同じ内容を掲載しています。

特にオウゴンは生薬の情報が多く、化粧品の肌に対する内容が少ないので、違いを明確にできませんでした。違いを確認できれば編集予定。

■主成分

バイカリン グルクロン酸 フラボノイド類 ステロイド類 など

■用途や効果

消炎 抗炎症 収れん 保湿 細胞賦活 抗アレルギー 抗菌 美白(チロシナーゼ阻害)

黄~黒褐色(根の場合)で、わずかに特異なにおい有。

このエキスのフラボノイドには紫外線吸収作用が確認され、フリーラジカル除去作用も有。

■使用部位

全草

■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)

 エタノール 無水エタノール BG 単体、またはこれら混合液

« 成分解説一覧へ

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)