拡散、共有していただき有難うございます。

フィトステロール

ダイズステロール/フィトステロール/フィトステロールズ

フィトステロールの原料

ダイズ/フィトステロールの原料となる人参や大豆

ダイズ/フィトステロールの原料となる人参や大豆

野菜などの植物に含まれている事が多く、主に大豆や人参の植物油脂の脱酸工程で得られるガム質から精製されます。
解説
”ダイズ”の場合は大豆原料ですが、”フィト”の場合は フィト=植物 ですので、その他の人参なども含まれている模様。
ただ、どの表記でも問題ないので、由来が違うだけで中身は一緒。

フィトケミカル=ファイトケミカル とも呼ばれ、サプリメントでも健康成分として有名ですね。

特徴

この○○ステロールは、単一の化合物ではありません。
主成分はβ-シトステロール(融点:140℃)で、次いでスチグマステロール(融点:170℃)とカンペスステロール(融点:157℃)の2:1:1から成る混合物です。

性状

・白色結晶の粉末

・においはほぼなし。

・水には溶けず、エタノールに難溶、クロロホルム・エーテルにはよく溶けます。

各ステロール類の簡易構造式

各ステロール類の簡易構造式

コレステロールの簡易構造式

参考/コレステロールの簡易構造式

コレステロールと化学構造が似ている通り、性質も似ています。
コレステロールが動物性なので、植物性のダイズ/フィトステロールが代替として利用されるようになってきています。

効果・用途

エモリエント剤/乳化剤/乳化安定剤 など

コレステロール と同じく、皮膚吸収性の良さからエモリエント効果、皮膚保護(乾燥防止)他、洗浄成分の泡立ち安定や、その刺激の緩和、成分の沈殿防止、高粘度の特性を利用したヘアケアやメーク製品など用途は様々です。

« 成分解説一覧へ

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)