拡散、共有していただき有難うございます。

カンゾウフラボノイド

■カンゾウフラボノイド/油溶性甘草エキス

★カンゾウ/甘草については、複数の種類があり、区分けや抽出部分など曖昧な箇所が多いため、新しい情報(定義)を優先して掲載しております。

カンゾウフラボノイドとは

カンゾウフラボノイドの原料は甘草の根、根茎

カンゾウフラボノイドの原料は甘草の根、根茎

カンゾウフラボノイドとは甘草、同属植物の根、根茎から「無水エタノール」で抽出後に濃縮、「酢酸エチル」で抽出し、更に減圧乾燥して得られるエキスです。
この名前で成分表記されている場合は「医薬部外品」の製品とみて良いでしょう。

甘草は生薬としても代表的な植物ですし、甘味料としても扱われています。

■主成分

フラボノイド グラブリジン グラブレン

■用途や効果

美白 紫外線吸収 抗酸化 抗菌 消炎

フラボノイド類の作用により、メラニン生成の抑制や消炎(ホスホリパーゼA2の阻害)、抗脱毛症(テストステロン5αレダクターゼ阻害)、ヒアルロン酸活性化などなど。抗シワやニキビ予防にも使われます。

黄~赤褐色で特異なにおい有。

★フラボノイドに消炎作用はありますが、他の甘草由来の成分とは違い、グリチルリチン酸が主成分として表記されていません(消炎作用に触れられていない文献もあり)。どちらかというと美白向けの成分と判断しています。

■使用部位

根、根茎

■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)

「無水エタノール」「酢酸エチル」

« 成分解説一覧へ

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)