ラウリルベタイン

旧称:ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン

ラウリン酸、ラウリル酸アルキエルエステル、アミノ酢酸ベタイン などから合成させる両性の界面活性剤の原料。

・水に溶けやすく、幅広いpHで安定することができ、低刺激、増粘効果、泡立ちを良くするなど様々な特徴を持っています。
毛髪に対しては柔軟・帯電(静電気)防止・湿潤効果があるためシャンプーやリンスなどに利用。

泡立ち面ではボディソープやハンドソープにも使われています。

« 成分解説一覧へ

口コミ

タイトルとURLをコピーしました