ラウリン酸

ラウリン酸の簡易構造式ハーブ・成分解説/記事
ラウリン酸の簡易構造式

■ラウリン酸/ドデカン酸

ラウリン酸の原料

パームオイル pic by Ricorocks

ラウリン酸原料の1つ、パームオイル pic by Ricorocks

ラウリン酸の原料となるものは、ヤシ油やパーム油です。
これらをけん化(加水)分解したものに、混合脂肪酸を分留して得られる成分です。

特徴

ラウリン酸の簡易構造式

ラウリン酸の簡易構造式

性状

・白色結晶でロウ状の固体、または無色透明な液体。

・特有の匂いあり。

効果・用途

■高級脂肪酸/洗浄成分

・このラウリン酸を水酸化カリウムやトリエタノールアミンで中和して得られる石けんは、水溶け、泡立ちがよく、洗顔やシャンプーなどに多用されてます。

洗剤として利用する場合は、還元したラウリルアルコールが原料となります。

■高級脂肪酸とは

炭化水素+カルボキシル基。アルカリ成分と混ぜて使う場合が多い。石ケン合成に利用。

動植物から得られる油脂を分解や合成によって作られた油性成分。
他にもミリスチン、パルミチン、パーム脂肪など分子や大きさの由来となった動植物の名前によって名称が異なります。

■一般的に水酸化Na、水酸化Kなど、強アルカリ性の成分と一緒に配合されています。

これら高級脂肪酸とアルカリ性成分が中和反応を起こすと、高級脂肪酸アルカリ金属塩(要は石鹸)となり、洗浄成分として活躍します。

また、伸び、硬度のテクスチャー調整にも利用され、酸化チタンの表面処理剤(コーティング)にも使われています。

« 成分解説一覧へ

口コミ

タイトルとURLをコピーしました