拡散、共有していただき有難うございます。

加水分解シルク

■加水分解シルク/旧称:加水分解シルク末

加水分解シルクの原料

加水分解シルクの原料は、カイコ蛾の作る繭

加水分解シルクの原料は、カイコ蛾の作る繭

原料は、シルク(末)と同じくカイコガの繭の繊維質を構成するたんぱく質のフィブロインです。
これを更に酸やアルカリ、たんぱく質分解酵素にて加水分解したものが、加水分解シルクとなります。

特徴

可溶性たんぱく質の水、またはエタノール溶液です。

性状

・白色~黄褐色の液体

シルク(末)と同じくわずかに特有のにおいがあります。

・絹繊維由来で水に溶けるポリペプチド含有。

・アミノ酸で構成されていますが、グリシンアラニンセリン が多く含まれており、コラーゲンやケラチンなどの加水分解物とは多少異なります。

それらと比較して吸湿性は劣りますが、皮膚、毛髪に対する吸着性・浸透性に優れています。

効果・用途

保湿剤/皮膜形成/美白 など

スキンケアの他、ヘアケアに使われる事も多くあります。

良好な保湿効果や、チロシナーゼの活性抑制作用を持つため、メラニン色素の生成を抑える美白効果もあります。また、外的ストレスから守る肌バリアの機能低下の防止、乾燥の予防など、シルク(末)とは違い機能性成分として活躍しています。

« 成分解説一覧へ

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)