水添パーム油

核油の原料アブラヤシの実 pic by kumarnm
核油の原料アブラヤシの実 pic by kumarnm
水添パーム油/アブラヤシの実 pic by kumarnm

水添パーム油/アブラヤシの実 pic by kumarnm

■水添パーム油/水素添加パーム油

水添パーム油の原料

パーム油の原料は”ヤシ(ココヤシ)”ではなく”アブラヤシ”の果実の果肉を圧搾して得られる油脂です。

wikiによると、その中でもギニアアブラヤシが一般的とか。
生産としてはマレーシアやインドネシアが中心です。

なお、核(種子)から得られる油は”パーム核油(水添パーム核油も)”となるため、まったく別ものです。

特徴

このパーム油を水添し、水素を結合させ、酸化安定性を高めた固形状のオイルが、水添パーム油です。

化粧品成分用語辞典2008によると、コシがあり、さっぱりした感触。

用途

■閉塞剤/非水系増粘剤/エモリエント剤 など

油系ベースのゲル化と安定化効果や、エモリエント効果があります。メイク製品に多く利用されています。
ワセリンの代替としても使われ、石けん・洗剤中心のパーム油とは違い、用途が広そうですね。

« 成分解説一覧へ

口コミ

タイトルとURLをコピーしました