拡散、共有していただき有難うございます。

イチョウエキス

■イチョウエキス/新名称:イチョウ葉エキス

イチョウエキスとは

イチョウ葉エキスの原料

イチョウ葉エキスの原料

植物界の生きた化石。二億年以上前から存在していると言われ、古来から喘息や気管支炎に対して利用されていました。

コスメ原料としては”葉”を使うため、種子のギンナンは使われません。
日本にも存在しますが、雄と雌の木が存在し、雄の木は一生ギンナンを付けない事が知られていますね。

ギンナンはご存じの通り、毒素を含んでいます。
葉に関しては、抽出したフラボノイドは血管拡張の薬理作用が認められています。
アルツハイマー病の改善や予防に関して触れられている事がありますが、どこまで研究が進んでいるかは不明(化粧品と関係ないので掘り下げません)

■主成分

フラボノイド シキミ酸 ルチン アピジングルコシド アピジニン ラクトン テルペン カテキン複合体 デンプン ルテオニン クエルセチン(ブラボノイド)

■用途や効果

血行促進 保湿 皮膚柔軟化 育毛 消炎 抗酸化作用(シミ・ソバカス防止)

褐色の透明液体で、特異なにおい有

■使用部位

■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)

 エタノール PG BG 単体、またはこれらの混合液


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)