拡散、共有していただき有難うございます。

ゲンチアナエキス

ゲンチアナ根エキス/旧称:ゲンチアナエキス

ゲンチアナエキスとは

ゲンチアナエキスとは、リンドウ科のゲンチアナの根から抽出したエキスです。

ゲンチアナエキスとは、リンドウ科のゲンチアナの根から抽出したエキス

ゲンチアナエキスとは、リンドウ科のゲンチアナの根から抽出したエキス

photo by Biodiversity Heritage Library

以前は根茎も含まれていましたが、現在では「ゲンチアナ根茎/根エキス(561451)」が別途存在しています。

生薬としては根や根茎、まれに樹皮も含め利用され、肝機能面や食欲不振、炎症、月経不調など様々な効果があるとされています(研究もされています)が、こういった作用のあるハーブ類(同じくホルモンに作用するセントジョーンズワートとか...)と同じく薬との飲み合わせ、アレルギー、皮膚では炎症の可能性も示唆されています。

とりあえず口腔摂取する場合は御注意を。
よく似た白い花のヘレボルスは毒があるので、自家栽培などには特に注意が必要です。

■主成分

セコイリドイド配糖体(苦味成分)セチアリン アマロゲチン キサントイン誘導体 タンニン

■用途や効果

発毛促進(血行促進) 細胞賦活 消炎 保湿 収れん

淡褐色~褐色の液体で、特異なにおい有。

■使用部位

■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)

 エタノール PG BG ジエチレングリコールエチルエーテル これら単体または混合液

« 成分解説一覧へ

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)