拡散、共有していただき有難うございます。

スギナエキス

スギナエキスとは

スギナエキスの原料は全草

スギナエキスの原料は全草

スギナエキスの原料はスギナの全草。いたるところに自生していますが、胞子茎の「つくし」の方が分かりやすいでしょうか。淡黄緑~赤褐色の液体で、特異なにおい有。

ヨーロッパでは浮腫治療(むくみ)の利尿薬としても扱われています。
フラボノイド含有ということもあり、研究では消炎効果に対するものが目立ちますね。

■主成分

フラボノイド サポニン ビタミンC エキセトリン イソクエルセチン アミノ酸類 有機ケイ素

■用途や効果

消炎 収れん 止血 細胞賦活 保湿 抗アレルギー ヒスタミン遊離抑制

収れん作用からボディ向けにも配合されています。

■使用部位

全草

■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)

 エタノール PG BG 単体、または混合
もしくは 1%尿素含有エタノール溶液、1%尿素含有 BG溶液にて抽出

解説
久光先生の著書によると、有機ケイ素は真皮線維組織のそれと同じ働きも示唆され、研究されているとの事です。
この細胞賦活は、皮膚組織内のコラーゲン、エラスチンに働きかけるエイジングケア向けの効果。
« 成分解説一覧へ

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)