拡散、共有していただき有難うございます。

DPG

■DPG/旧称:ジプロピレングリコール/水性成分

DPGの原料

DPGはプロピレングリコール。それを脱水縮合(新しい化合物になる)により合成されたものです。

解説
石油から合成される多価アルコールの1つ。PG製造時の副産物でもあります。

特徴

DPGの簡易構造式

DPGの簡易構造式

PGの簡易構造式

参考/PGの簡易構造式

性状

・無色透明の液体で粘性あり

・PGとは違い、わずかに特有のにおいアリ。(文献によっては同じく無臭)

・融点:-40℃/沸点:231.8℃

、アルコール、油脂などと混和

効果・用途

■保湿・保水剤/静菌作用 など

保湿力は穏やかで、水と同じく成分をよく溶かし、伸びをよくし、ベタつかずサラっとしたテクスチャー。グリセリンと似た用途ですが、PGと同じく静菌効果も持ち合わせます。

PGと比べ肌への刺激が低いのも特徴です。

解説
他の保湿剤と合わせて利用される事が多く、化粧品成分ガイド第6版によると、保湿効果や感触の相乗効果の研究も行われているそうな。
« 成分解説一覧へ

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)