拡散、共有していただき有難うございます。

デキストリン

デキストリンの原料

デキストリンの原料はデンプン(画像はコーンスターチ)

デキストリンの原料はデンプン(画像はコーンスターチ)

デキストリンの原料はデンプンです。これを希酸やアミラーゼ(酵素)で加水分解して得られる成分です。

難消化性デキストリンは食物繊維の代用としても有用。デキストリンから食物繊維を抽出したものです。

特徴

デキストリンの簡易構造式

デキストリンの簡易構造式

デキストリンは マルチトース になるまでの中間生成物となります。ブドウ糖当量の違いにより種々のグレードがある(出典:新化粧品ハンドブック)との事。

性状

・白色~黄色の無定形粉末

・熱湯には溶け、冷水には溶けにくく、アルコール(エタノール)やエーテルには溶けません。

効果・用途

■凝固剤/保湿剤/増粘剤

安定性や皮膜の強度、接着力に優れています。
食品にも添加されますが、コスメの場合は、保湿性のある増粘成分として配合され、コクのあるテクスチャーになります。ですので、ベタつくものとも組み合わせは悪くなります。他保湿成分と合わせて利用される事も。

« 成分解説一覧へ

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)