オウレン根エキス

黄連の根がオウレンエキスの原料ハーブ・成分解説/記事
黄連の根がオウレンエキスの原料

オウレン根エキスとは

黄連の根がオウレン根エキスの原料

黄連の根がオウレン根エキスの原料

オウレン根エキスとはキンポウゲ科オウレンの根から抽出したエキスです。

古い書籍だと、根・茎とされているものがありますが、「オウレン根茎エキス」として根と茎を使用した定義の成分が存在しています。(ただ、効果や用途に関しては同じと認識しています)

また、その他同属植物の根を含むものは「オウレンエキス」として定義されています。

Coptis ”Japonica” Root Extractとされている通り、日本特有の生薬で、胃炎(健胃)や整腸の為に煎じて飲まれています。
根の部分では、抗菌や消炎などコスメの場合も活用されていますが、抗感染性(英文だったので、単に抗菌かもしれません)にも効果があるとされています。

■主成分

ベルベリン パルマチン などのアルカロイド フェルラ酸

■用途や効果

保湿 抗酸化作用(活性酸素抑制) 抗菌 消炎

褐色~黒褐色の軟エキス状で、わずかに特異なにおい有

■使用部位

■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)

 BG エタノール

« 成分解説一覧へ

口コミ

タイトルとURLをコピーしました