コカミドプロピルベタイン

化粧品の水と油を取り持つ界面活性剤の中でもアンホ(両性)※に該当します。

・ヤシ油脂肪酸にベタイン(クコやサトウ大根由来)を結合。

・高い生分解性があり、粘りの調整や泡のきめ細かさが生まれます。

・ココイルグルタミン酸Naと同じく低刺激、柔軟効果があり用途も同じく。

※アンホとは/陰・陽イオンを備え、特に刺激・毒性が低い。
・陰イオン性時は洗浄力、陽イオン性時は殺菌力でどちらも効果はマイルド。泡立ちや乳化安定の補助としても。

« 成分解説一覧へ

口コミ

タイトルとURLをコピーしました