拡散、共有していただき有難うございます。

コレステロール

■コレステロール/コレステリン

コレステロールの原料

コレステロールの簡易構造式

コレステロールの簡易構造式

コレステロールの原料は、ラノリン からのけん化分解、牛・豚の脳や、魚肝油、イカの内臓から作られています。

抽出はコレステロールをクロロホルム、無水エタノール、酢酸エチルで再結晶することで針状結晶として得られます。

もちろんコレステロールは、あの健康面でよく登場するコレステロールと同じ(実際はちょっと違うけど/コレステロール分子自体を指すものではない)で、哺乳類など動物の脳や神経、副腎線の他、卵黄にも多く含まれ、遊離、脂肪酸エステルとして存在している成分です。

ヒトの細胞膜で重要な役割を果たすコレステロールは、皮膚分泌液にも含まれており、スフィンゴ脂質 と同じく細胞間脂質を構成する成分でもあります。

特徴

性状

・白色光沢の粒、薄片状の結晶

・融点は146~150℃

・水には溶けず、温アルコール、四塩化炭素、エーテルおよび、ほとんどの油脂(オイル)類、脂肪酸に可溶。

効果・用途

油性成分/保湿剤/エモリエント剤/乳化安定剤/非水系増粘剤 など

水を抱え込む働きが大きく、浸透性も良く、刺激も少ない。
保湿・柔軟効果を持ち、肌荒れ用クリームなどに使われる原料です。ヘアケアの場合は、髪に潤いと弾力を与えます。

ベースとしても、リポゾームなどの生体親和性の高い構造を安定させます。

« 成分解説一覧へ

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)