拡散、共有していただき有難うございます。

ヨーロッパシラカバ樹皮エキス

ヨーロッパシラカバ樹皮エキスとは

日本ではなくヨーロッパシラカバ

日本ではなくヨーロッパシラカバ

photo by onnola
ヨーロッパシラカバ樹皮エキスとは、ヨーロッパシラカバの樹皮から抽出されたエキスです。

バーチエキスとも呼ばれ、淡黄褐色~褐色の液体で、特異なにおい有。

国産(日本産変種/Betula platyphylla ”var. japonica”)限定の白樺の樹皮を使用したエキスは「シラカンバ樹皮エキス(559854)」と定義されています。

解説
シラカバの画像も国産ではなくベルリン(ヨーロッパ)のものを使用。「何が違うの?」と言われれば、それまでですが。

ヨーロッパでは伝統的に利尿や痛風、リウマチの治療に対して使われています。
この白樺に含まれるベツリン(ベツリン酸)は、癌やHIV治療に対しての効果が示唆され、現在でも研究されています。(まだ効果があると証明された訳ではありません。)
抗酸化、抗癌について/英語(厳密にはvar. japonica)

■主成分

内部樹皮:( - ) - カテキン、( - ) - カテキン7 − O −β− D−キシロピラノシド、ロドデンドリン(=ベツロシド)、アセロシドVII、アセロシドVIII、1,7−ビス[4−ヒドロキシフェニル] −3−ヘプテン−5−オン、2−ヒドロキシ−1,7−ビス[4−ヒドロキシフェニル] −3−ヘプテン−5−オン、アセロゲニンE、(3R)−3,5'−ジヒドロキシ−4'−メトキシ−3 '、 4” - オキソ−1,7−ジフェニル−1−ヘプテン、7α−ヒドロキシ−β−シトステロール、7β-ヒドロキシ-β-シトステロール。根の樹皮:ダマレンジオールII 3 − Op−クマレート、ダンマレンジオールII 3 − O−カフェ酸、オコチロールII 3 − O−カフェ酸、スティグマスト−4−エン−3−オン。スパイク:カリオ - フィレンオキシド、( - ) - ロドデンドロール(=ベツリゲノール)、12 − O−アセチルベタルフェニレントリオール。(出典:jstage.jst.go.jp)

解説
翻訳適当ですが、超詳細なデータがあったので出典。正確にはvar. japonicaのものです。
■用途や効果

エモリエント 収れん 血行促進 消炎 抗菌 抗酸化

抜け毛防止のヘアケア製品に使われる事もあります。

■使用部位

樹皮

■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)

精製水) エタノール 混合?(不完全データ)

« 成分解説一覧へ

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)