拡散、共有していただき有難うございます。

ベヘニルアルコール

■ベヘニルアルコール/ドコサノール
油性成分」の「高級アルコール」類に該当する成分です。

ベヘニルアルコールの原料

ベヘニルアルコールの原料となるナタネ油

ベヘニルアルコールの原料となるナタネ油

photo by Jun

ベヘニルアルコールの原料は、ナタネ油の還元アルコールです。

特徴

ベヘニルアルコールの簡易構造式

ベヘニルアルコールの簡易構造式

■参考
セタノールの簡易構造式

セタノールの簡易構造式

ステアリルアルコールの簡易構造式

ステアリルアルコールの簡易構造式

性状

・白色のロウ状(薄片、粒、塊)

・融点70.5℃
参考/セタノール:49.3℃ ステアリルアルコール:58.0℃

セタノール や ステアリルアルコール に比べ炭素数が大きいため安全性が高く、乳化安定性にも優れる。これらの代替にすると、融点が高いのでワックスの減量が可能で、耐熱に優れた製品にもなります。

効果・用途

■乳化安定剤/粘度調整剤 など

クリームやリップなどに利用されています。

・安全性・(粘度の)温度耐性に優れるため、セタノールの代替として。

(ほとんどの高級アルコール類は常温ではロウ状で、伸びや硬さの調整や乳化を安定させる作用があります。)


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)