拡散、共有していただき有難うございます。

ミツロウ

ミツロウの原料

ミツロウの原料はミツバチの分泌物

ミツロウの原料はミツバチの分泌物

ミツロウの原料の原料となるものは、トウヨウミツバチやヨーロッパミツバチが、巣を作るために出す腹部の分泌腺のロウ。

これは直接ミツバチから抽出するのではなく、巣を熱湯にいれてロウを分離させた後、異物を取り除きます。
更に漂白したものは「サラシミツロウ」(白色)と呼ばれます。

特徴

ミツロウ

ミツロウ

photo by Stewe

性状

・黄色~黄褐色で多少のにおいアリ。色は花粉由来とされています。
原料としては上記画像の固体の他に、米粒のようなチップ状も。

・粘りがあり、乳化しやすい性状。

・冷えているとモロく、光沢は少ない。

・水や鉱物油には溶けませんが、クロロホルムや植物油などには溶けます。

■成分
ミツロウの種類高酸価低酸価
ロウエステル67~72%68~75%
遊離脂肪酸13~16%5~9%
遊離アルコール1~2%1~2%
炭化水素10~14%16~21%
その他-トリグリセリド4%(C14,C16,C18)
%は約
(出典:新化粧品ハンドブック)
ヨーロッパミツバチは酸価(油脂の指標となるもの)が高く、パーム油など未精製の油脂と類似する高酸価ミツロウとなり、エステルの主成分はパルミチン酸ミリシル。

一方、トウヨウミツバチは酸価が低く、低酸価ミツロウ。
エステルの主成分は、16-ヒドロキシパルミチン酸セリル、パルミチン酸セリル。

効果

・古来から用途は様々ありますが、化粧品としては高い保湿力を備えています。特に機密性が高いので皮膚保護に役立ちます。

用途

■サプリ:光沢剤/錠剤結合

■コスメ:乳化剤/結合非水系増粘/香料/保水 など

■サプリメント

・固める為の他、サプリをコーティングすることで保湿や劣化を防ぐ効果もある模様。類似素材は光沢剤

■コスメ

・成型のしやすや、融点を高めて柔らかい感触を与える為、リップなどに利用。

・ホウ砂と併用し乳化剤に。

・油性成分の一つで炭化水素には溶けない。ロウ(高級脂肪酸+高級アルコールが結合した構造を持つ天然の油性成分。かたさ調整、ツヤ出しに)

解説
ミツロウはスティックタイプのメーク製品に多く使われていますね。
« 成分解説一覧へ

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)