拡散、共有していただき有難うございます。

ウワウルシ葉エキス

■ウワウルシ葉エキス/旧称:ウワウルシエキス/ウワウルシ流エキス

ウワウルシ葉エキスとは

ウワウルシ葉エキスの原料は葉

ウワウルシ葉エキスの原料は葉

photo by David Eickhoff

ウワウルシ葉エキスの原料は、ツツジ科ウラシマツツジ属のウワウルシ(クマコケモモ)の葉(果実由来もあるようです)。

化粧品以外では、尿や膀胱、腎臓や尿道の感染症に使われていますが、化粧品でもこれらの殺菌や消炎作用は役立っています。

■主成分

アルブチン エラグ酸 タンニン

■用途や効果

美白(メラニン色素の合成を抑制) 殺菌 収れん 消炎 保湿

■使用部位

■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)

強いて言えば  ?

熱水を用いて日本薬局方流エキス剤の製造により浸出液を製し、タンニンの一部を除く。必要ならば減圧濃縮して適量の水を加える(出典:新化粧品ハンドブック)

« 成分解説一覧へ

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)