変性アルコール

エタノールの簡易構造式ハーブ・成分解説/記事
エタノールの簡易構造式

■変性アルコール/政府所定変性アルコール

変性アルコールの原料

水性成分である変性アルコールは、石油由来であれば合成アルコール(エチレンの水和)。
植物由来であれば発酵アルコール(発酵法)となります。

もちろん酔うアルコールと同じなので、植物由来は穀類などのデンプンを発酵させて作ります。この飲料用のアルコールと分ける為(飲めないよう)に変性剤を入れたものが変性アルコールとなります。

変性剤とは

飲料向けではなく、工業向けに苦味や匂いをつけるための物質が変性剤となります。
ゲラニオール(バラの芳香/高揮発性)、エチルフェニルアルコール(化粧品は主にコレ/乾燥促進作用)、ブルシン、8-アセチル化ショ糖(苦味/高揮発性)などが添加されます。

国によって変性剤の処方が異なり、化粧品には政府所定の変性アルコールが使われる事が多いです。また、変性剤の添加物も国によって許可されているものが違うので、変性アルコール表記があっても、海外コスメと日本国内コスメでは異なる場合があります。

ちなみに、コスト(酒税)面から飲用できないように変性剤によって加工されたエタノールです。近年では原価差がなくなったので使われる事が少なくなってきています。
(化粧品スペシャリスト検定でもお世話になった、久光一誠先生の著書より)

解説
始めは、ガスのような危険を知らせる為に臭いを添加しているニュアンスでしたが、実情は違っていたようですね~

特徴

エタノールの簡易構造式

エタノールの簡易構造式

性状

・変性剤にもよりますが、無色透明の揮発性液体

効果・用途

■抗菌・防腐/清涼感/収れん/溶剤/香料 など

効果・用途としては エタノール と同じです。

・ヘアトニックや化粧水、香水、ネイルなどなど様々な製品に利用されています。

・主に収れんや抽出媒体としての機能を担いますが、配合量が多い場合は抗菌作用や揮発性による使用感の向上の為に使用されています。この揮発性は香りを立ちやすくする効果もあり。

« 成分解説一覧へ

口コミ

タイトルとURLをコピーしました