アセチルヘキサペプチド-38

効果は皮膚のコンディショニングの他、脂肪を作り出す時に必要な「PGC-1α」を促す事で、バストに脂肪を付けると言われています。
プエラリアなどのエストロゲン(女性ホルモン)作用とは関係ない為、ホルモンバランスに影響がでません。

アセチルヘキサペプチド-38はアミノ酸を基礎にアルギニン、セリントレオニン、バリンから合成してつくられた物質で、スペインの化粧品原料メーカーが開発しました。

そしてアディフィリンはプチレングリコール、、アセチルヘキサペプチド-38によって構成されています。水溶性で透明な液体になっています。
詳細:アディフィリンとは

« 成分解説一覧へ

口コミ

タイトルとURLをコピーしました