拡散、共有していただき有難うございます。
 

妊娠中に効果的なバストアップ/育乳・形の維持方法はありますか?

カテゴリ:Q&A

妊娠中に効果的なバストアップ方法は必要?

解説
妊娠中に効果的なバストアップ方法はありますか?
解説
妊娠中はバストアップする必要はありません。

 

妊娠中は、出産後赤ちゃんに母乳を与える準備をするため、何もしなくても女性ホルモン分泌の影響で自然とバストアップ出来ます。生理前にバストが張るような感覚ではなく、バストの脂肪細胞自体が膨らんでくるため、本当の意味でバストアップが実現します。
そのため、妊娠中は特にバストアップの方法を意識しなくても良いのです。

また、バストアップに効果があるとされるバストアップサプリは、女性ホルモンの分泌に影響を及ぼすため、妊娠している時は使ってはいけません。

バストアップサプリは、出産後のバストケアとして活用しましょう。もし、自分が興味のあるバストアップサプリが合うかどうか分からない場合は、事前に専門医に相談するとよいでしょう。
母乳の出が気になり、サプリを飲みたい場合、それが直接ホルモンと関係しない成分であっても、ちゃんと医師への相談を行って下さい。

妊娠している時にどうしてもバストアップをしたい場合は、胸回りのエクササイズやマッサージを軽く行う程度に留めておきましょう。これにより母乳の出も良くなる効果があります。

その他、バストアップよりも重要なのが、妊娠中のバストサイズです。
前述の通り、妊娠している時は自然とバストアップができるため、自分が妊娠前に着けていたブラジャーが合わなくなります。また、出産後は授乳があるため、ブラジャーをしなくなる女性も多いようです。しかし、授乳が終わるとバストは急激に元のサイズに戻っていくため、妊娠している時も授乳の時もブラジャーは必ず着用しましょう。

この授乳期が終わると、バストの垂れやしぼみが気になりだすかもしれません。この際に激しい運動を行ってしまうと、バストを支えるクーパー靭帯が損傷し、二度と戻らなくなります。

そうなる前に、そしてその時こそバストアップサプリの出番ですね。この女性ホルモンサプリの他に、バストの垂れにはエラスチン+コラーゲンが有効になります。

妊娠時に効果的な育乳・形の維持方法

解説
しかし、バストアップではなくバストケアは行っておきたいですね。
解説
それは母乳の事??
解説
そうですね、主に育乳と胸の形の維持に関してです。

女妊娠時の適切なバストケアの利点を知らない方や、知っていても面倒で行わない方。時に女性はバストケアの大切さを軽視してしまう事もあるでしょう。適切なバストケアをすれば母乳の生産を活性化するとともに、胸の形をそのまま維持してくれる

妊娠時、胸の重さは前よりおおよそ1.5倍になるといわれています。
しっかり母乳で育てるため(母乳以外の育児方法を否定する訳ではありません)には、あなたは衛生的に実行することを心がけ、また自分の健康にも気を配らなければなりません。もしそれが最初の妊娠なのであれば、あなたはより気をつけるべきなのです。

妊娠すると乳房がどう変わるか

・乳首の周りがひび割れたり、はれあがったりする可能性がある。
・妊娠時の過程で、乳首の色が濃くなり大きくなる傾向にあり、それは約一年間続く。

”うみ”が出ても慌てる必要はありません。健康的で衛生的を手にするために、適切なバストケアの手順を踏みましょう。

妊娠時の適切なバストケア

■衛生的な健康法

・乳首をよく洗うこと。妊娠5ヶ月目になると、粘性のある流体が胸を通り抜ける。それらは固まりとなって現れ、その周りは赤みが出る。これは乳首を綺麗な布などで擦って清潔にすることで、回避することができます。

・乾燥してひび割れてしまうので、石鹸を使わないことも気をつけなくてはいけません。ゴマや石油のゼリーもあなたの乳首をすべすべのままにする良い方法です。

・ お風呂に入っているとき、人差し指と親指で乳首を引っ張る。このとき、爪で引っ掻かないように注意する。このエクササイズは母乳エキスの抽出を促進する。

・オイルと水をつけた胸を時計回りから反時計回りに擦り合わせるマッサージもお風呂ですると効果的。これをすることで適切な血流の循環を促進します。

・胸に必要なサポートをするために、いつもブラをすること。また、圧迫しすぎないブラであることを気をつけなくてはなりません。ワイヤー入りは母乳の生産を邪魔することがあるので、ノンワイヤーのものを使う。

・34から36週目になると、胸のカップを開けることができるタイプのマタニティーブラをつけるのも良い対策です。これをつけることによって、ブラで支えられながら母乳を与えることができるので簡単に授乳できます。

■精神のケアと食事
健康法の日課とは別に、あなたは以下の事にも気を付けましょう。

・妊娠中と授乳中はリラックスする事が大切。精神的な不安とストレスは母乳の分泌に影響します。

・鉄分とタンパク質の豊富な栄養バランスの整っている食事を摂取しましょう。また、充分なビタミンや とカルシウムもとることを心がけてください。1日の水分の摂取量を高めるために野菜やフルーツを摂取することも賢明です。

・触ると痛んだり、と敏感な胸を経験したなら、ホルモンの影響です。妊娠時は母乳を生産する菅が発達し始め、母乳で満たすために広がる時期です。これが乳首を中心にあなたの胸を今までにないほど敏感にさせている原因。
これは妊娠時の女性の正常な変化になりますので、過度な心配は不要です。症状が酷いと感じる場合は掛かり付けの医師に相談しましょう。

⬛︎予防対策
苦痛をも回避するためにも予防対策も重要です。

・ 毎日綺麗な水で胸を洗う。

・ 頻繁に胸を検査をする。

・ 胸に苦痛や何か異変を感じたら、早急にあなたの健康を管理してくれる専門家に知らせる。

・ 乳首のひび割れに繋がるので、胸を湿気させない。

解説
妊娠時の適切なバストケアには、あなたの毎日のちょっとした時間を必要とします。
しかし、その努力が、母乳で赤ちゃんを苦痛なく育てることができ、幸せな赤ちゃんとの生活を営むことができるので、バストケアをして、出生後の赤ちゃんにお母さんのミルクとその特権を味わって貰いたいですね。
ジャンル コラム・情報
サブジャンル    

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)