拡散、共有していただき有難うございます。

アミノ基転移酵素の重要な役割

カテゴリ:成分

アミノ基転移酵素とは

アミノ基転移酵素は、アミノ酸と特定の酸の反応を仲介する働きのあるものです。

このアミノ基転移酵素の反応は、アミノ酸からアミノ基を除去するもや、アミノ酸を保持するもの、他のアミノ酸へと変換するものなどがあります。
アミノ基転移酵素酵素は、体内で様々なアミノ酸の生産に重要であり、このアミノ酸の血中の濃度を測定することで、病気の診断をすることもできます。
特に、肝臓はアミノ酸の合成が繰り返し行われる臓器で、身体の活動に不可欠なエネルギーを貯える働きもあることから、アミノ基転移酵素の働きにおいても重要な臓器です。この臓器ではアミノ酸を変換するために様々な作業が行われており、血清中の濃度が正常であれば、この変換作用は効率良く行われる事になります。
しかし、肝臓の機能に何らかの障害がでて、肝細胞の働きに不具合をもたらす事で、酵素が血流中に流出してしまうことになります。これらの濃度の濃度の上昇は、肝臓の障害に大きく係わり、肝機能の不具合を明確にすることから、この濃度は肝臓の障害を確認する為に頻繁に用いられているのです。

タンパク質の構成は、幾つかに分類され、体内で合成できないアミノ酸の種類は、体外から補う必要のあるアミノ酸となります。このような身体に必須のアミノ酸は、異常な活動を起こすアミノ酸や、重要な生理的な活動を担うものも存在します。そのため、アミノ酸の合成は、身体各部で需要が高く、身体機能の維持する上では不可欠な要素となっているのです。
このアミノ酸はタンパク質を作っている成分で、生命活動の維持には欠かせないものです。そのため、身体の各細胞はアミノ酸が作り出すタンパク質から構成される事になります。 アミノ酸は細胞の生成だけではなく、遺伝子情報を含む細胞も生成することから、身体の機能の維持だけではなく、成長にも係わるもので、このアミノ基転移酵素が基本となり各種のアミノ酸が作られることになるのです。

アミノ基転移酵素の役割

身体を構成しているアミノ酸は約数十種類となりますが、この種類のアミノ酸の中でも体内で合成できるのも幾つかあります。しかし、幾つかの種類のアミノ酸は体内では合成できないので、食事など外部から補給しなければならないのです。

この体内で合成できないアミノ酸は重要なもので、アミノ基転移酵素の作用においても重要な役割を担うものとなります。タンパク質は、数千個単位のアミノ酸が複合的に連なって構成され、アミノ酸の構成によってタンパク質の種類や働きが変化します。
アミノ基転移酵素に重要な臓器には肝臓がありますが、この臓器に対する不具合は、アミノ基転移酵素の値の上昇を引き起こすことになります。アミノ基転移酵素はアミノ酸と特定の酸の反応を仲介する働きのあるもので、このアミノ基転移酵素は肝臓の中にだけあるものではありませんが、身体の異常に加え、その詳細な病状を検証する為に有効な手段となるのです。高いアミノ基転移酵素の濃度は、肝臓の機能の異常を示唆することから、ウイルス性の肝炎の診断に用いられ、薬物や毒素による肝臓の障害の診断にも用いられます。この数値は身体機能の不具合が起こる過程で上昇し、特にアルコール性の肝臓の不具合では顕著になるために、県債において用いられる事になるのです。
アミノ基転移酵素は、細胞内で生成されるもので、肝臓に加え、心臓や骨格筋にも多く存在します。

特に、このアミノ基転移酵素は、体内でのアミノ酸の代謝やエネルギー代謝で重要な働きをしており、何らかの異常で臓器や組織に不具合が発生すると、血液中の構成要素に異変を来たすものとなるのです。この血液の異常は急激に悪化すると、肝細胞の破壊にも繋がっている可能性があるために、注意が必要になります。また、肝臓に加え、アミノ酸の生成に重要な役割を担うことから、その他の臓器にもこのアミノ基転移酵素は存在し、身体機能を維持する上で重要な役割を担っています。

ジャンル コラム・情報  ハーブ・成分解説/記事
サブジャンル

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)