拡散、共有していただき有難うございます。

アルデヒド脱水素酵素の概要と使用例

カテゴリ:成分

アルデヒド脱水素酵素とは

アルデヒド脱水素酵素はお酒に含まれるアセトアルデヒドを分解してくれる酵素です。この酵素には種類があり、どの種類のアルデヒド脱水素酵素を所有しているかによってお酒にどれだけ強いかが決まります。

一気飲みをして救急車で運ばれるケースが跡を断ちません。これは大学の飲み会などでその場の雰囲気で周りの人がけしかけた結果であり、場合によっては最悪の事態を招きます。これは気持ちの問題で乗り切れるものではなく、所有しているアルデヒド脱水素酵素がアセトアルデヒドの分解が難しい場合に起こります。酒豪と呼ばれる人はNN型で分解が早い酵素を所持しています。

お酒に強いことはすごいという風潮によってもてはやされる傾向にありますが、これは親からの遺伝でありその人の人格や体格は関係ありません。お酒に含まれるアルコールはアセトアルデヒドに変わり、それが酢酸に変わって最終的に二酸化炭素と水になり無害になります。つまり、アルコールは人体にとって有害なものであり、それを分解する過程でアルデヒド脱水素酵素が必要になります。

活性型である日本人は56%で低活性型である割合は38%で不活性型が6%です。つまり、日本人の6%は全くお酒を飲めない下戸です。日本人は元々2型のアルデヒド脱水素酵素が弱い傾向にあります。外人はお酒は飲めますが、外人と同じ量を日本人が飲んでしまうと中毒症状に陥ります。

この酵素は遺伝で伝わるので、日本人である時点である程度までのお酒の強さしか得られません。これは人体にアルコールが入れば入るほど強くなる訳ではなく、下戸であれば一生下戸のままです。体内に入った有毒物質を分解出来ないということであるので、人生を通してアルコールを摂取してはいけません。この酵素は日常生活において必須であり、社会人になれば頻繁に飲み会も開かれるのでそれを乗り切ることが必要です。初めてお酒を飲むときは、少しだけ飲んで、どれだけ自分に耐久性があるか確認することが大切です。

春ですね~ 石巻も日中は暖かい日が続き桜も開花致しました この時期は、お花見・歓迎会などでお酒を飲む機会が多いと思います✨ ・ お酒を分解してくれるのは、体内の酵素の働きによるものだということをご存知でしょうか❓ 本日は、お酒と酵素の関係についてお話したいと思います☝️ ・ ほろ酔い気分になるのは、時には気持ちが良いものです でも…いき過ぎると酔いが回り、気分が悪くなることもありますよね ・ お酒を飲むと、アルコールは胃と小腸上部で吸収され その後、肝臓に運ばれ2段階の働きにより処理されます。 ・ 肝臓にあるADH(アルコール脱水素分解酵素)という酵素がアルコールをアセトアルデヒドと水素に変えます。 この『アセトアルデヒド』というのが悪酔いさせる原因なのです‼️ ・ この悪酔い物質『アセトアルデヒド』をALDH(アルデヒド脱水素酵素)という酵素が働き無害な酢酸と水素に変えて、血液に放出します。 最終的に炭酸とガスと水になって体外へ排出されるのです。 ・ お酒が弱い人は、このアセトアルデヒドの分解機能が低いか欠けているということになり 逆にアセトアルデヒドの分解機能が高い人は、簡単には酔いません✨ この違いを生み出しているのが、ADHとALDHなのですね ・ ただし、お酒が強くなりたいからといって酵素を沢山補給すれば良いということではありません ですが、酵素が十分にあれば分解のサポートにはなるので、飲酒の辛い状態を防ぐには有効な手段と言えます ・ お酒が強いか弱いかは、体質や遺伝なども大きく関係しますが、酵素を摂ることは二日酔いの予防や嘔吐感の解消にも役立ちます 生野菜やフルーツを積極的に食べるようにすることも良いでしょう✨ ・ 楽しいお酒でストレスが発散できれば心はきっと満たされます 飲んでしまった後を後悔せず、早い段階で体内をリセットしましょう 食べ過ぎ・飲み過ぎに気付いた時は、運動などをしてしっかりと汗を掻くことも重要です‍♀️ 15分間寝ているだけで大量発汗の効果がある米糠酵素風呂もまた、そんな時に体調を整えるお手伝いを致します♨️✨ この効果を是非、マシャで体感してみて下さい✨ ・ 皆様のご来店・ご予約心よりお待ちしております ☎︎080-5569-2980 ・ #石巻酵素風呂 #kousospamasha #酵素風呂 #酵素浴 #温活 #温浴 #発汗 #デトックス #健康  #運動 #酵素  #アルデヒド脱水素酵素 #アルコール分解 #二日酔い #ストレス発散 #体内リセット #美金 #マシャ

kousospamashaさん(@kousospa.masha)がシェアした投稿 -

アルデヒド脱水素酵素の役割

アルデヒド脱水素酵素はアセトアルデヒドを分解する酵素です。
この酵素が不足しているとお酒を飲んだ時にアセトアルデヒドを分解出来ずに酔ってしまいます。

アルデヒド脱水素酵素はALDHと呼ばれており、これには1型と2型が存在します。低濃度のアセトアルデヒドを分解する際には2型が働いて分解してくれます。高濃度のアセトアルデヒドの分解には1型が働きます。日本人はこの2型のアルデヒド脱水素酵素が不足しています。
つまり、日本人は欧米人に比べるとお酒に弱いということです。ドイツに行くと朝からビールを飲んでいるように、外人は皆お酒に強いように見えます。これはほろ酔いなどの軽い症状をアルデヒド脱水素酵素が分解してくれる為に酔わないということです。そしてこの酵素は遺伝で伝わります。親が酒に強ければ子も酒に強いのが常識です。この酵素は三種類あり、その内のどれを受け継ぐかは決まっています。

一人につき一つの種類までしか保有していないので、必然的に親子は同じ酵素を所持しています。酵素の種類にはNN型、ND型、DD型そんざいします。NN型はいくら飲んでも分解が早いので悪酔いしません。一般的に酒豪と呼ばれる人の多くはこの酵素を持っています。酒豪の子は酒豪であり同じ酵素を引き継いでいます。ND型はそこそこお酒が飲めるタイプです。

一般的な分解率であり、飲み会や付き合いで飲む程度であれば問題ありません。調子に乗って飲み過ぎると分解が追いつかなくなります。分解は遅いのでアルコール度数の高い酒を飲む際には、長時間かけてゆっくり飲まなければなりません。そしてDD型は全くお酒を受け付けないタイプです。アルデヒド脱水素酵素の分解がほとんど見込めないので、お酒を一滴でも飲んでしまうと全て吐いてしまいます。いわゆる下戸と呼ばれる人であり、無理に酒を飲んでしまうと中毒症状に陥ります。お酒に強いかどうかというのは気持ちの問題ではなく、酵素が大きく関係しているので無理をして飲むことは非常に危険です。

解説
巷ではアルデヒド脱水素酵素の事をアルコール脱水素酵素と呼んでいるかと思いきや別途「アルコール脱水素酵素」というものも存在しているようですね。
解説
サプリメントで主に配合されているのが「アルデヒド脱水素酵素含有酢酸菌抽出物」で酢酸菌酵素と略され、参考にキューピーさんでは
”酢酸菌に含まれる酢酸菌酵素は、「にごり酢」に存在します。「にごり酢」とは、古来より伝わるろ過する前の状態のお酢のこと。このにごり酢を、1,000倍に凝縮し、酢酸菌酵素を抽出しました。よいとき2粒には酢酸菌1億個分の酢酸菌酵素を配合しています。”
との事。
ジャンル コラム・情報  ハーブ・成分解説/記事
サブジャンル  

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)